2018年4月18日 更新

【比較】トヨタC-HR vs ホンダヴェゼル vs マツダ新型CX-5 オススメの一台は?

トヨタの新型SUV「C-HR」が発売となり、さらにマツダのCX-5が2月2日にフルモデルチェンジを行い、国内のSUV事情も賑わいを見せています。 国内SUVでは販売実績No.1のホンダヴェゼルが王者として君臨していますが、その勢力図も変わるかもしれません。 C-HR、ヴェゼル、新型CX-5の3つのSUVは価格帯は似てきますが、それぞれキャラクターがだいぶ異なります。 貴方に合ったオススメの一台をご提案します!

【比較】トヨタC-HR vs ホンダヴェゼル vs マツダ新型CX-5 オススメの一台は?
 (2745)

トヨタC-HRはどんな車?

トヨタC-HRは、2016年12月にデビューした、トヨタの世界戦略SUV。
サイズは全長4,350mm×全幅1,795mm×全高1,555mmと全体的にコンパクトといえるサイズ感になっています。

パワートレインは、1.2Lターボと1.8Lハイブリッドの2種類。

トヨタC-HRの価格は

C-HR 1.2Lターボ
S-T 2,516,400円
G-T 2,775,600円

C-HR 1.8Lハイブリッド
S 2,646,000円
G 2,905,200円

となっています。

一番の特徴はそのスタイリング。
独創的なエクステリアはひと目見てC-HRと視認でき、好き嫌いは別れますが好きな人には唯一無二の存在となるでしょう。

そして、トヨタにしては珍しくボディ剛性や走りの質感に注力した車になっており、良い意味でトヨタらしからぬドイツ車的な硬質感のある乗り味も魅力。
それでいて、ハイブリッドモデルでは30.2km/Lという好燃費を両立させています。

一方で後席の居住性は割り切った感があり、広さは必要十分ですが、後席窓ガラスが小さく閉塞感があります。
また後席は質感的にも割り切っており、ハードプラだけのドアトリムや肘置きすら無いなど、ライバルに対して大きく劣ります。

以上を踏まえると、独身者や子供の小さな家庭にはおすすめできますが、多人数乗車が日常的なファミリーにはおすすめできません。
 (2685)

ホンダヴェゼルはどんな車?

ホンダヴェゼルは、2013年末にデビューし、それ以来3年連続でSUV売上No.1という実績を誇る人気車種です。
発売後3年を経過するのに、その人気は衰えることはありません。

ホンダヴェゼルのサイズは、全長4,295mm×全幅1,770mm×全高1,605mmと、C-HRとほぼ同じくらいのサイズ感です。

一番の違いは、全高が1.6mを超えており、高さ制限1.55mの立体駐車場はNGとなる点。
その分、室内高にはゆとりがあるので、立体駐車場を使わない人には問題ありません。

ヴェゼルのパワートレインは、1.5L NAと、1.5Lハイブリッドの2種類。

価格は

1.5L NA 1,920,000〜2,390,000円
1.5L ハイブリッド 2,270,000〜2,886,000円

となっています。

ヴェゼルの一番の特徴は、そのユーティリティの高さ。
フィット譲りのセンタータンクレイアウトが可能にする、後席を床面まで低く収納できるシートアレンジによって、荷室はライバルに対して圧倒的な広さを誇ります。
また、後席足元空間もC-HRよりは広く、座面を跳ね上げることもできるので高さのあるものを収納することも可能です。

エクステリアや室内の質感も高く、その点ではC-HR以上。
CX-5はさらに質感が高いですが、室内照明がLEDである点や豊富な収納類など、一部ではヴェゼルのほうが優れています。

デビュー当時は硬すぎた足回りも年次改良を繰り返し最適化され、現状では問題ないレベルに仕上がっています。
 (2688)

マツダCX-5はどんな車?

2012年にデビューした初代CX-5が、2017年2月にフルモデルチェンジ。
2世代目となった新型CX-5は、キープコンセプトながら国産車のレベルをはるかに上回る内外装の質感の高さでデビューしました。
もともと、走りの質には定評があったマツダですが、課題だった内装の質感を大幅刷新。
もはやライバル不在かと思わせるほどの高いクオリティを実現しました。

新型CX-5のサイズは全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mmと、先の2台よりは一回り大きなサイズとなります。
本来なら、CX-5の弟分であるCX-3のほうがヴェゼルやC-HRのライバルとなるはずですが、CX-3には電動パーキングブレーキが無い、デミオと同等の内装など商品力が足りない上にやや割高となるため選考対象から外れることが多いです。
「それならばCX-5を買ったほうが良い」というオーナーさんが多いので、ここではあえて実質的に比較対象となる新型CX-5を選びました。

CX-5にはパワートレインが3種類あり、2.0L ガソリンNA、2.5L ガソリンNA、2.2Lディーゼルターボがあります。

一番安価となる2.0Lガソリンモデルが
2,462,400~2,689,200円

2.5Lガソリンモデルが
2,689,200〜3,213,000円

2.2Lディーゼルモデルが
2,775,600〜3,526,200円

となっています。

価格的には3台の中では一番高価になりますが、エントリーグレードの2.0Lガソリンモデルでは250万円以下からと、それほど大きな差ではありません。
また、マツダの場合はナビがSDカードでインストールするマツダコネクトナビなので、5万円以下でインストールできる分、コミコミ価格が安くなるメリットもあります。

CX-5は、中型のSUVとして、上記2台よりは明らかにゆとりがある反面、取り回しは少し不利になります。
しかし、室内のゆとりはワンランク上。荷室も広いです。
また、パワーテールゲートやヘッドアップディスプレイ、後席シートヒーターなど装備面でも上記2台を凌ぐものが用意されているのも魅力です。
また走りの質感を引き上げるマツダの新技術、G-ベクタリングコントロールも搭載されており、雪道では2WDでも優れた走行性能を有します。
さらにAWDも用意されているので、ウインタースポーツをされる方や降雪地帯に住まれる方には心強い一台です。
 (2697)

貴方にオススメの一台は?

3台の説明が済んだところで、本題です。
オススメの一台は?ということですが、これはオーナー様それぞれのライフスタイルや予算によって異なります。

子供が2人以上いるファミリーや、20代独身の方では、オススメできる車が違うからです。
また、住んでいる地域や、走りの質感の好みなどによってもオススメの一台は変わります。

そこで、「○○な人にオススメなのは?」と、それぞれのシチュエーションに沿ったオススメの一台を紹介していきたいと思います。

乗り出し価格を300万円以内に抑えたい方にオススメなのは?

ホンダヴェゼル

 (2703)

乗り出し価格300万円以内に抑えたいのならば、オススメ第1位はホンダヴェゼル!

ヴェゼルには人気のハイブリッドも227万円からラインナップされていますし、ガソリンモデルならば200万円を切る車両本体価格から揃っています。

安全装備のHonda SENSINGを付けても、FF車ならばハイブリッドでも300万円以内に収まるグレードも多々あります。
また、ヴェゼルは人気モデルながらデビューして3年を経過しているので値引きも拡大しています。
20万円程度は値引きも引き出せると思いますので、それならば上位グレードでもコミコミ300万円以内に収まる可能性もあります。


オススメ2位は、マツダCX-5。
CX-5はメインの価格帯が200万円後半となるためほとんどのグレードでコミコミ価格は300万円を超えます。
その中では2.0Lガソリンモデルの20s PROACTIVEでオプションを欲張らなければギリギリ300万円以内に収まるでしょう。
値引きは現状かなり渋く、10万円引き出せれば御の字です。


オススメ3位はC-HR。
C-HRは、下位グレードのSではギリギリ300万円に収まる場合もありますが、SにはLEDヘッドライトが装着不可で今時ハロゲンランプ限定なのでおすすめできません。
上位グレードGでも標準ではハロゲンで、LEDヘッドライトにするには15万円のオプション価格が必要となります。
また、ナビも高額になるため、コミコミ価格は350万円に迫ります。

スキーやスノボをやる方・降雪地域に住む方にオススメなのは?

マツダCX-5

 (2706)

AWDの性能とG-ベクタリングコントロール搭載の安定性を考慮し、こちらの第1位はマツダCX-5です!

とにかく、今回のCX-5の雪上性能の評価は高いです。
G-ベクタリングコントロールのお陰で、FFでも安定して雪上走行が可能だそうで、ウインタースポーツをやる方には心強い一台になるでしょう。

i-ACTIVE AWと呼ばれるスタンバイ式の4WDは、ごくわずかなタイヤの動きや路面状況などをリアルタイムにモニターし、前後輪のトルク配分を自動制御。
前後輪のエンジントルク配分を2WD(FF)相当から直結4WD状態まで積極的にコントロールするため、雪だけでなく雨のときにも効果を十分に発揮します。

マツダ新型CX-5を雪上で試す!

次点でホンダヴェゼル。

ヴェゼルの4WDシステムもスタンバイ式のものですが、ハイブリッドでもガソリンモデルでも4WDが選べるのは、ユーザーに取ってメリットがあります。


一方、3位となるトヨタC-HRには、ハイブリッドには4WDそのものの用意がありません。
C-HRで4WDとなると、1.2Lターボモデルしかありません。
また、1.2LターボモデルにはFFはなく、4WD限定のラインナップとなります(2017年現在)

キビキビした走りと燃費の経済性を両立したい方へのオススメは?

トヨタC-HR

 (2712)

走りと燃費を両立する第1位は、トヨタC-HR!

C-HRのハイブリッドモデルの燃費30.2km/Lはヴェゼルハイブリッドの27.0km/Lを大幅に上回り、それでいてハンドリングやモーターのトルクもヴェゼル以上。
騒音振動面でもヴェゼルを引き離し、高剛性のボディはドイツ車さながらの硬質感ある走りを実現しています。
絶対的な加速感はそれほどでもありませんが、キビキビとしたモーターのトルクと軽快なハンドリングは魅力です。


2位はCX-5。
キビキビとは違いますが、定評のあるハンドリングにG-ベクタリングコントロールも加わったCX-5はツーリングには最適。
ディーゼルモデルならば低回転からトルクがモリモリ立ち上がり、高速でも高いギアを保ったままグイグイ走れるので燃費も向上します。
取り回しには少し気を遣うサイズですが、国産ミドルサイズSUVの中では好燃費とハンドリングを両立したモデルと言えます。


3位はホンダヴェゼル。
ハイブリッドモデルでは燃費も良いですが、ややノイジーなエンジンとロードノイズは他の2台に劣ります。
また、デビュー当時からは改善されたとは言え、リアサスがトーションビームなのでやや突っ張った感じがあり、後席の乗り心地は劣ります。

装備面でコスパが高いオススメは?

マツダCX-5

 (2717)

装備面でコスパが高いオススメの第1位は、マツダCX-5!

どのグレードでもLEDヘッドライト、電動パーキングブレーキなどが標準装備。
さらに、中間グレードのPROACTIVEには、19インチタイヤ&アルミホイール、ガラス投影のヘッドアップディスプレイ、アダプティブLEDヘッドライト、全車速対応のレーダークルーズコントロール、交通標識認識システム、ステアリング制御付きの車線逸脱警報まで備わります。

さらに上位グレードのL packageには本革シート+前席パワーシート、電動テールゲート、ステアリングヒーター、リアシートヒーターまでが標準装備になります。

それでいて、CX-5 XD L packageでもC-HRハイブリッドの上位グレードGと同じくらいのコミコミ価格で収まります。
装備の内容から考えて、コスパが高いと言えます。


2位はホンダヴェゼル。
ヴェゼルもベースグレードこそハロゲンですが、中間グレードのX以上ではLEDヘッドライトやシートヒーターが標準装備になります。
価格もC-HRよりも安く、オプションにも自由度があるので選びやすいのが魅力。


3位のトヨタC-HRは、ベースグレードのSにはLEDヘッドライトの設定がなくハロゲンが強制です。
上位グレードGでもハロゲンが標準で、LEDにするには15万円もの高額なオプションを付けなければならず、コスパが良いとは言えません。
本革シートにしてもパワーシートにならないなど、装備面でも不満は残ります。

ファミリーユースでオススメは?

マツダCX-5

 (2720)

やはりここでも大きいことはすべてを兼ね備えるという意味で、マツダのCX-5が1位です。
ファミリーユースとなると、後席にも頻繁に人を乗せることとなり、たっぷりとしたシートと座り心地・乗り心地を考慮するとCX-5一択となります。
後席シートヒーターを備えているのはCX-5だけとなりますし、後席を明るくするサンルーフの設定があるのもCX-5だけとなります。
全長全幅が一番大きいCX-5なので、取り回しは大変ですがその分室内は広く実用性が高いです。
また、ラゲッジも広大で、ラゲッジ側からも後席が畳めたり実用性の部分でも満足度が高いです。


2位はホンダヴェゼル。
ヴェゼルはコンパクトなサイズながら、後席足元も広く、シートアレンジも多彩なのでミニバン的な使い方もできます。
後席のシートバックは短めなので大人の長時間移動には向きませんが、子供なら問題はありません。
ラゲッジも広いので4人で旅行に行くにも荷物を積むのにゆとりがあります。


3位はトヨタC-HR。
前席では不満なく快適ですが、後席はかなり割り切った作りになっていて収納を始め快適性がライバルに対して劣ります。
ただ、広さはそれほど窮屈ではなく、狭い後席窓さえ気にならなければシートの乗り心地や居心地はそれほど悪くありません。
ラゲッジ容量も3台の中では一番少ないです。

デートカーとしてのオススメは?

トヨタC-HR

 (2724)

デートカーとしてオススメしたいのは、トヨタC-HR!
後席を割り切って、スタイリングや走りに注力しているだけに、その若々しいエクステリアは魅力的!
クーペスタイルのアグレッシブなエクステリアデザインは、個性的で現代のデートカーと呼ぶにふさわしいSUVだと思います。
ミニバン的な生活臭さもなく、それでいてムーディで質感の高い前席は、2人乗りとして考えれば最適。
若い人が乗っても、大人が乗っても、所帯じみた生活感を感じさせないオシャレな一台です。


2位はマツダCX-5。
ファミリーユースにも最適ですが、質の高い内外装はワンランク上の上質感があります。
ホテルのエントランスに停めても様になる美しさも兼ね備えた一台です。
白いシートなどはライバルにもない色気と質感の高さで、デートを一段と大人な雰囲気に演出してくれそう。
高い静粛性も、車内の会話の妨げになりません。


3位はホンダヴェゼル。
ヴェゼルもクーペ風に見せるスタイリングなのですが、売れすぎているせいで巷に溢れすぎているのが難点。
デートという特別な時間を過ごすには、街で見かけすぎてありがたみがないのは残念です。
また、内装の質感も高いのですが、エンジン音とロードノイズが他の2台に比べて車内に入ってくるので静粛性にはやや難ありとなります。

結論:正解はないが、あえて一台を選ぶなら…

ここまで今話題のSUV3台を比較しながら見てみましたが、いかがでしたか?
貴方のライフスタイルや予算によって、最適な一台は変わりますが、最終的には「自分の心がワクワクする好きな車を選べば良い」と思います。
理屈ではなく、心で決めたほうがきっと満足度は高いはずです。
すべての人の欲求を満たす完璧な車は存在しません。
だからこそ、自分が好きな車を選べばよいのです。

ネットの名言で「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめろ」と言う言葉があります。
その言葉の通り、少し背伸びをしても自分が好きな車を買ったほうが人生が上向きになります。
身の丈に合う車を買うのではなく、好きな車・高い車を買ってそれに見合う身の丈にする努力をすれば、さらに人生が上向きます。

車選びに正解はありません。
当記事を参考にしていただければ幸いですが、最終的にはご自身の好きな車を選んでくださいね。



さて、「車選びに正解はない」と言いましたが、もし筆者がこの中から一台を選ぶとしたら…というのを発表したいと思います。
もし私が1台車を買うとしたら…

マツダ CX-5 25s L packageでしょうか。

すべてを一台でこなすとなると、後席の広さと座り心地も保ちたい。
乗り心地や静粛性、ドライバビリティも重要視したい。
電動テールゲートやヘッドアップディスプレイなどの豪華装備や内外装の質感も担保したい。
ディーゼルも良いが、ちょい乗りも多いのでメリットを享受しにくい。
全車速対応のレーダークルーズコントロールやアダプティブLEDヘッドライトなど先進装備が魅力。

などが理由として挙げられます。
あくまでこれは筆者の主観に基づいた選択ですので、参考程度に考えていただければと思います。

以上、「【トヨタC-HR vs ホンダヴェゼル vs マツダ新型CX-5】 オススメの一台は?」でした!
 (2730)

43 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部