2017年11月13日 更新

どこが変わったのか?トヨタ プリウスが2017年11月1日にマイナーチェンジ!

2017年11月1日にプリウスが、マイナーチェンジしました。プリウス誕生から20年とのことで記念モデル・新色等の特別仕様等もラインアップされました。マイナーチェンジを解説するとともに、プリウスの進化を追っていきます!

どこが変わったのか?トヨタ プリウスが2017年11月1日にマイナーチェンジ!

マイナーチェンジでどのように変わったのでしょうか?

ツートンカラーの新設定

ルーフカラーにアティチュードブラックマイカを使用して、ボディカラーをホワイトパールクリスタルシャイン、スティールブロンドメタリック、ダークブルーマイカメタリックというS “Safety Plus・Two Tone”という限定モデルの設定が行われました。

価格は、FF車2,733,480円、4WD車2,927,880円となっております。
 (17834)

S “Safety Plus・Two Tone”には、ディーラーオプションでドライブサポートイルミネーションの設定が出来るようです(31,320円税込)。

※車両情報に連動し、サポート情報をメーターフード上部のLEDで知らせる機能です。急な加減速時やシフト操作時など色と点滅でさまざまな情報をドライバーに伝えてエコドライブや安全運転になるように推進する機能です。
 (17898)

20周年記念 特別仕様の追加設定!

Aプレミアム ツーリングセレクション 20thアニバーサリーリミテッドという特別仕様の設定が、行われました。モデル色として、ルーフにアティチュードブラックマイカを使用、ボディ色にホワイトパールクリスタルシャイン、またはエモーショナルレッドのツートンカラーを設定

特別仕様内容
215/45R17タイヤ&17×7J アルミホイール
LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンドアミラー
ブラック塗装(ルーフ)
Bi-Beam LEDヘッドランプ
本革巻き3本スポークステアリングホイール
ステアリングスイッチ
インストルメントパネル(ホワイト)
シフトパネル(ピアノブラック加飾)
エレクトロシフトマチック(専用レッド加飾)
サイドレジスター(高輝度シルバーベゼル&専用レッド加飾)
ドアトリムアッパー(ホワイト)
静電式ヒーターコントロールパネル
11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム
プレミアムナッパ本革シート表皮(ホワイト)
フロントコンソールトレイ(ピアノブラック加飾・自己治癒®クリヤー塗装)
専用スマートキー
専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)

価格は、FF車3,850,000円、4WD車4,044,400円となっています。
パッケージとしては、オプション設定を個々に付けていくよりは割安な設定になっていると考えます。
 (17833)

安全装備も充実

グレードA以上には、safty sense Pが標準装備されております。このパッケージの中には、プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付き)・レーンディパーチャーアラート・オートマチックハイビーム・レーダークルーズコントロールがセットになっております。

さらにインテリジェントクリアランスソナー・シンプルインテリジェントパーキングアシスト・ドライブスタートコントロール・ブラインドスポットモニター等も設定可能となっております。

 (17893)

ITS Connectも設定されました。

ITS Connectとは!
クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して取得し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するトヨタの新開発の予防安全技術です。

参考URL
http://toyota.jp/prius/safety/active/

今回は年次改良レベルのマイナーチェンジなので大きなエクステリアやインテリアの変更はありませんでした。
現行型以外の前モデルでも特別仕様をラインアップしているプリウス。

今回のマイナーチェンジは現行型が丸2年経ったタイミングでしたが、さらにプリウス販売から20年のタイミングとなっています。故に安全装備の追加や特別仕様のラインアップ、そしてツートンの設定が積極的に行われたものと考えます。

ハイブリッドのさきがけともいえるプリウスですが、自社を含めハイブリッドの車種が増えてきました。それゆえにプリウス以外の車種の選択肢もユーザー側で選択できるようにもなっています。プリウスがハイブリッドの先駆者として拡販するための試みも今後も行われると筆者は考えます。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me