2018年9月23日 更新

日産、天体望遠鏡を搭載するモバイル天文ラボ、「ナバラ・ダークスカイ・コンセプト」を発表

日産は9月19日、ドイツのハノーバーで開催中の「2018ハノーバーモーターショー」において、欧州宇宙機関(ESA)と共同開発され、天体望遠鏡を搭載するモバイル天文ラボ、「日産ナバラ・ダークスカイ・コンセプト」を発表しました。

日産、天体望遠鏡を搭載するモバイル天文ラボ、「ナバラ・ダークスカイ・コンセプト」を発表

欧州宇宙機関とのコラボ

 (44075)

 (44058)

欧州宇宙機関(ESA)と共同開発されたこのコンセプトカーは、世界初となる展望台で使われる天体望遠鏡をオフロード・トレーラーに搭載し、モバイル天文ラボとしての機能を持ち合わせています。

また、ピックアップトラックとして安全かつ利便性に優れたトーイング機能を実現するために、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の最先端技術のひとつ、自動運転技術 「プロパイロット」が、「日産ナバラ ダークスカイ コンセプト」に搭載されています。

ニーズがどんなに複雑であっても

 (44074)

 (44061)

アシュワニ・グプタ、小型商用車事業担当アライアンスSVPは、「日産ナバラ ダークスカイ コンセプトは、ユーザーが どこにでも行けることを可能にし、日産がユーザーにとって真のパートナーになることを象徴しています。ニッサン・インテリジェント・モビリティの技術、そして自動運転技術プロパイロットでのトーイングを通じて、ニーズがどんなに複雑であっても、それらに最適なソリューションをつくり出し、応えていくことができます。」と述べています。

450Nmのトルクでナバラが引っ張る

 (44073)

 (44064)

トレーラーモジュールには、ESAと緊密に連携して特別な冷蔵雰囲気も組み込まれており、望遠鏡が安定した状態に保たれ、任意の場所に移動するのに最適な温度で校正されます。

目的地に到着することが困難な場合は、トレーラーモジュールの機械化された屋根を開き、望遠鏡を夜の空に集中させることができます。そして、40センチメートル(1次)の鏡を使って、遠くの銀河、星雲、超新星への、土星の輪を越える詳細な視野を与える能力を持っています。

日産ナバラダークスカイコンセプトは頑強に設計されています。頑丈なラダーフレームシャーシと組み合わせた安全な牽引ヒッチ。そして、2.3リットル、190psツインターボディーゼルエンジン。450Nmのトルクで遠隔地の荒れた地形でも、望遠鏡モジュールを問題なく移動させることが可能です。

EV技術も応用し世界中にデータを中継

 (44072)

 (44067)

さらに、ナバラとトレーラーの両方には、携帯型のEVバッテリーパックが搭載されており、アライアンスの開発した電気自動車用バッテリー技術を使用しています。また、ドッキングされると、バッテリパックは常に充電モードになり、必要なときに使用できる状態になります。

そして、Wi-Fi、ラップトップステーション、UHF伝送などがあり、世界のどこにいても瞬時にデータを中継できます。また、車両とトレーラーの各コーナーにある8つの複合レーダーユニットは、ダッシュボード上のニッサン・コネクト・インフォテインメント・タッチスクリーンを通して更新されます。

そして、ハノーバー・モーターショーの後、日産は望遠鏡を寄付し、探検と冒険の精神を伝えて未来の世代を教育することになります。
全長:9,680 mm
ナバラ長さ:5,400 mm
Navaraの高さ:1,920 mm
ナバラホイールベース:3,198mm
ナバラホイール:20インチ
トレーラーの長さ:4,060 mm
トレーラーの高さ:2,060 mm
トレーラーホイール:16インチ

まとめ

 (44076)

どんな環境下でも天体観測が出来る「モバイル天文ラボ」。そして、「ダークスカイ・コンセプト」という名称もイケテる。Wi-FiやラップトップステーションそしてUHF伝送することで、世界中に中継するなんて日産もやることがデカイ。

もっともこれらは、共同開発した欧州宇宙機関(ESA)の開発で、日産はそれを引っ張るナバラのけん引力と ニッサン・インテリジェント・モビリティの技術の提供だ。それでも、「やっちゃえ日産」の心意気に拍手だ。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン