2018年1月10日 更新

チューニングメーカーの東京オートサロン2018が熱い!BLITZ・RS☆Rのブースは?

東京オートサロン2018のブース展開について、自社のホームページでも大々的に紹介している大手チューニングメーカーも多数!今回は、BLITZとRS☆Rに注目していきます!

チューニングメーカーの東京オートサロン2018が熱い!BLITZ・RS☆Rのブースは?

チューニングメーカーの東京オートサロン2018は???

東京オートサロン2018の公式ホームページでも公開され始めたチューニングメーカーの出展。各社のホームページを見てもメーカーHPでは、カーメーカーに勝るとも劣らないほど今回のオートサロン出展に関して積極的に記載されてます。

今回は、チューニングメーカーの中で、BLITZとRS☆Rに焦点をあててみたいと思います!

①BLITZ

 (21490)

BLITZブースでは、車両の展示が行われます。
①リーフ、電気自動車のBLITZ仕様で未来を創造
②LEXUS LCは、ブランドプロモーションカー
③ニューシビック(ハッチバック)を速攻チューニング
④スイフト!4本出しマフラーは必見
⑤ミニ初のプラグインハイブリッドのBLITZ提案

総合チューニングメーカーであるBLITZでは、新しい車両へのチューニングパーツも早期着手していることが伺えます。BLITZ自身でもニューモデルにBLITZのパーツを早急開発というのを目指しているようです。
トップ | BLITZ (21477)

総合チューニングメーカーとして、パーツの展示も多数行われる予定です!

①サスペンション関連
②ターボ関連
③追加メーター類
④マフラー
⑤エアクリーナー
⑥ブレーキパーツ

このほかにも、多数のパーツが展示されることでしょう。
また、新しく適合車種(ニューモデル含む)の紹介等も行われるようです。

ホームページにも記載されていますが、来場者への特典が公表されています。
さらにアルトワークス/ターボRSやS660のチューニングECUをブースにて書換販売することも決まり、目の前で実演するパフォーマンスは必見です。

参考ホームページ
https://www.blitz.co.jp/
トップ | BLITZ (21478)

②RS☆R

 (21491)

昨年の東京オートサロン2017が、RS☆Rとしての初出展だったようです。

新商品の早期販売が、非常に大切であるとRS☆Rのブログからも伝わってきます。
今回注目なのは下記の動画にもあるように Best☆i Activeの発売開始。それはレクサスやトヨタの上位グレードに装備されているAVSにそのままポン付けできる車高調!

それ以外にも新商品や新ラインアップを多数展示すると思われます。

サスペンションパーツを中心に足回りのパーツを豊富に取り扱うRS☆R!

RS☆Rのブログサイトでは、既に東京オートサロン2018への情報提供がvol11ほどまで来ています。やはりサスペンションパーツを中心に新開発の商品や未適合であったニューモデル等の開発等が、多数発表されるようです。

RS☆Rでは、ダウンサスや車高調が得意分野であると筆者は感じます。
こういったパーツを中心にブース展開されるであろうと考えます。

東京オートサロン2018では、ドリフト界・D1界で有名なドライバーのトークショーが、ブースコーナーで連日開催される予定です。ドライバーの生の声を聞けるチャンスですので、興味ある人は要チェックですよ!

参考RS☆Rブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/255681/blog/40852907/

新型スイフト(ZC33S) 用車高調 Best☆i C&K

 (21483)

まとめ

筆者は、東京オートサロン2018の記事を書いていくうちに、自動車メーカー以外のブースにも非常に興味を持ちました。チューニングメーカーもかなり「チカラ」を入れて同サロンに臨んできていることをヒシヒシと感じます。

コンプリートされた自動車のブース見学も楽しいと思います。
そしてチューニングメーカーのブースを見ることで、自分で所有している車のカスタム・チューニングの参考になるかもしれません!

間もなく東京オートサロン2018が開催になります!色々な車やパーツが一挙に展示されることでしょうから、開催中にユーザー様の欲しい車やアイテムが見つかると良いな~と思います。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me