2018年5月26日 更新

ホンダS660にファン待望のスポーツモデル「モデューロX」登場!

ホンダは24日、これまでステップワゴンやフリードなどに設定されてきた、上質でしなやかな走りを実現するコンプリートカー、「モデューロX」シリーズの最新モデル「S660モデューロX」を7月6日(金)に発売することを発表しました。メーカー希望小売価格は2.850.120円(6速MT/CVT)となっています。

ホンダS660にファン待望のスポーツモデル「モデューロX」登場!

熟練のエンジニアが開発したピュアスポーツモデル

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31521)

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31522)

「S660モデューロX」 は、専用開発のサスペンションや空力特性を活かしたパーツなど、モデューロブランドが培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現するチューニングを施したコンプリートモデルとなり、カジュアルに本格的なスポーツ走行を楽しめる「S660」を、熟練のエンジニアが開発し、より高品位なピュアスポーツへと昇華させています。

さらに、「モデューロX」らしい存在感のある専用エクステリアや質感を追求した専用インテリアを装備し、所有する喜びを向上させました。

ボディカラーもモデューロX専用色

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31511)

また、「S660 モデューロX」の発売に加え、ベースモデルの「S660」に新色ボディーカラーのフレンチブルー・パールとブリティッシュグリーン・パール、ナイトホークブラック・パールを追加するとともに、S660専用の「ギャザズ・スカイサウンド・インターナビ」が装着可能な「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定し、5月25日(金)に発売することとなります。

それでは「S660モデューロX」 がどんな仕様なのか見てみましょう。

S660モデューロX の主な特長

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31523)

モデューロXならではのスポーティーな専用デザイン

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31513)

フロントには、「モデューロX」ならではの空力デザインに基づいた、グリル一体型専用デザインを採用。インテリアはレザーシートをはじめ、全体をボルドーレッドによりコーディネートし、ベースモデルにはない上質さを追求しています。

モデューロXならではのこだわりの走り

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31519)

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31520)

専用フロントバンパーは、正面から入る風を狙った位置に導くエアガイドフィンの採用など、操縦安定性を高めるため、空力性能を徹底的に追求。また、空力特性に合わせて理想のバランスを実現するため、リアアクティブスポイラーにガーニーフラップを新採用しています。さらに、幅広い走行シーンで高い接地性を発揮する専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)で、市街地など乗用域でのしなやかな乗り心地と、限界域でのコントロール性の両立を実現しています。

S660 Modulo Xの主要装備

エクステリア

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31515)

・グリル一体型専用フロントバンパー
・専用LEDフォグライト
・専用カラードドアミラー
・ボルドーレッド・ロールトップ
・専用アクティブスポイラー
・リアロアバンパー
・専用リアエンブレム
・15インチ アルミホイール(フロント)
・16インチ アルミホイール(リア)
・アルミホイール用ホイールナット
・専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)
・ディスクローター ドリルドタイプ
・スポーツブレーキパッド

インテリア

Honda | 「S660 Modulo X」を発売 (31516)

・専用スポーツレザーシート
・専用本革巻ステアリングホイール
・専用Modulo Xロゴ入りメーター
・専用Modulo Xロゴ入りアルミ製コンソールプレート
・シフトノブ(チタン製)×シフトブーツ(6MT)
・専用セレクトノブ(CVT)
・専用サイドブレーキカバー
・専用インパネソフトパッド
・専用フロアカーペットマット

まとめ

 (31517)

最近、メーカー系といわれる、スポーツカスタムモデルが大流行りとなっています。トヨタのG’s、日産のNISMO,そしてホンダのモデューロです。すでにステップワゴンやフリードなどのミニバンにも設定される「モデューロX」ですが、やはりスポーツモデルですから、「S660」が最適なのはいうまでもありません。2,850,120円という車両価格は、ベースモデル「α」の2,185,920円と比べるとかなり高額になりますが、それだけの価値を見出せるファンには、手ごろな価格と言えるでしょう。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン