2018年4月19日 更新

新モデル ベンツAクラスの発売日は2018年春?! 価格やスペック予想!AIシステム搭載のハッチバックは如何に!

2018年春のジュネーブモーターショーでお披露目されることになりそうな新モデルAクラス。今回はエクステリアデザインが変更となるだけでなく、インテリア部分でもAIシステムを搭載しているとのことです!

新モデル ベンツAクラスの発売日は2018年春?! 価格やスペック予想!AIシステム搭載のハッチバックは如何に!

メルセデスベンツAクラスってどんな車?

1997年に初登場のベンツAクラス。ベンツのエントリーモデルとして登場したAクラスは、3代目の現行車も含めてハッチバックを基本としております。

今回2018年春に、新モデルとしてAクラスが登場しそうです。この新モデルを先取りで解説して行きたいと思います。

新型Aクラスのエクステリアデザインは!

フロント

 (21631)

フロント部分では、やはり大きく変更されているのがヘッドライト周りと思います。新モデルでは、ヘッドライト形状が切れ長で細めのキリッとしたラインになっております。

フロントバンパーの形状もフェイスに合わせてスッキリとしており、また低重心にも見えるようにワイド感が強調されていますね。

グリル中央のベンツマークは、大きく「ベンツ」と主張している点は一緒になっていることがうかがえます。

写真上、新モデル。写真下、現行モデル。
 (21714)

サイド・リア

http://www.autoexpress.co.uk/ (21632)

via http://www.autoexpress.co.uk/
サイド部分は、現行モデルのほうがプレスラインがクッキリとデザインされており、立体的な感じがしますが、新モデルでは、落ち着いた感じのプレスラインとなっているようです。

リア部分は、やはりフロントと併せてテールランプが、切れ長の細めのデザインになっています。現行モデルの厚みのあるテールランプからシャープな感じに大胆に変更!

リアバンパーのデザインも変更となり、全体的にスッキリとした印象が伺えます。
ルーフ部分は、今までブラック部分がハーフとなっていましたが、新モデルでは、ルーフ全域がブラックとなっているように見えます。

写真上が、新モデル。写真下が、現行モデル。
 (21715)

新型Aクラスのスパイショットも!

http://www.autoexpress.co.uk/ (21633)

via http://www.autoexpress.co.uk/
非常に多くなってきたSPYショットの中で、デザインのわかりやすいものを掲載してみました。現行モデルよりも低重心に見える気が致します。また、ヘッドランプやテールランプの切れ長な感じが良く解るのがポイントですね!

※余談、ハッチバックの後ろに写りこんでいるのが、新開発Aクラスセダンのようにも見えません!?
http://www.autoexpress.co.uk/ (21634)

via http://www.autoexpress.co.uk/

インテリア

http://www.autoexpress.co.uk/ (21635)

via http://www.autoexpress.co.uk/
今回の大きなインテリア及び装備の進化は?
①人工知能AIの搭載
②7インチ×2(標準)、7インチ+10インチまたは、10インチ+10インチのダブル画面を搭載可能

①人工知能AI
AIがドライバーの習慣や言語を認識し学習し、運転、ナビゲーション、エンターテイメント、および接続機能を簡単にナビゲートしてくれるとのことです。

②左側モニターは、速度やその他の情報もクッキリ見やすく、楽々操作となっているとのことです。ナビのみを全画面にしてもドライバーへの必要情報は、提供され続けるとのことです。

右側モニターは、タッチパネルとなっているようです。音声認識も可能としており、スマホや他のディバイスでも認識できるように設定されているとのことです。また、このシステム自体がメルセデスベンツで新採用となっています。
http://www.autoexpress.co.uk/ (21636)

via http://www.autoexpress.co.uk/
下の画像は、現行モデルのインテリアです。新モデルと比較してみるとスッキリとしている感じは有りますが、クラシカルにも見えてしまいますね!!!
 (21721)

キーフレーズを発声してエンジン始動、そしてエアコンの調整、電話等が可能となっているとのことです。また、照明の色の変更も可能(画像はブルー)となっており、こちらも音声で変更が可能のようです。
http://www.autoexpress.co.uk/ (21637)

via http://www.autoexpress.co.uk/
シートポジションを、メモリーしたり、マニュアルで操作することが1番扱いやすいドア部分にあるのがメルセデスベンツの特徴でもあります。

シートヒータースイッチがあるのはやはり寒い地方でのユーザーが、ヨーロッパで多いということでしょう!
http://www.autoexpress.co.uk/ (21638)

via http://www.autoexpress.co.uk/

パワートレーン

プラットフォームは、新開発のMFA IIというものを採用しているとのことです。FFベースのプラットフォームに搭載されるエンジンは、どうなるのか予想してみます!
①1600㏄直列4気筒エンジン
②2000㏄直列4気筒ターボエンジン
③2000㏄前後のディーゼルエンジン
※ハイブリッドの設定も後々出るかもしれません。

まとめ

価格は、現行モデルA180で298万円からとなっています。出来うるならばこの価格くらいでと筆者は願いますが、今回のAIシステムの導入や新プラットフォームの開発等で、315万位がスタート価格になってくるのかなと感じます。

2018年のジュネーブモーターショーでお披露目となりそうですので、新モデルのAクラスを楽しみにしたいと思います!

29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me