2018年12月10日 更新

国内で絶版モデルの日産ムラーノ。海外では継続販売で2019モデルを発表!

日本国内では、絶版車となってしまった日産ムラーノ。海外では、100カ国以上で販売されているモデルとなっています。このモデルが、2019年バージョンを発表しました。日本再販売を期待しつつ紹介いたします。

国内で絶版モデルの日産ムラーノ。海外では継続販売で2019モデルを発表!

日産ムラーノエクステリアデザイン等

フロントビュー

https://www.netcarshow.com/ (51732)

via https://www.netcarshow.com/
新型のムラーノのフロントビューでは、ヘッドライトデザインを変更し、LEDモジュールにアップデートされています。さらに日産のアーキテクチャーであるVモーショングリルは、シャープに意匠変更。

フロントのフォグランプもLEDになって、デザイン等も変更され搭載されています。このライト類のアップデートにあわせて、バンパーデザインも刷新され、より押し出しの強い印象になっていますね。

バンパー下部のしなやかな曲線を描くメッキラインは、現行型の2分割ラインから1本ラインになり、車両の一体感を高めています。

上が新モデル、下が現行モデル画像。
 (51747)

サイドビュー

https://www.netcarshow.com/ (51733)

via https://www.netcarshow.com/
マイナーチェンジとなる2019年モデルでは、サイドビューからは、大きな変更点はないように筆者は思います。ホールデザインが、刷新されていますね。

新モデルのエクステリアカラーは、3色が追加されています。サンセットドリフトクロマフレア、モカアーモンドパール、ディープブルーパール。

上が新モデル、下が現行モデル画像。
 (51748)

リアビュー

https://www.netcarshow.com/ (51734)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでの1番大きな変更点は、テールライトデザイン。LEDモジュールによって基本的なディテールを変えずに発光デザインが変更されています。

ムラーノの特徴である美しい曲線美は、現行型同様継承され、特にサイドからテールランプまで伸びているメッキモールディングは、美しいデザインを強調しています。

上が新モデル、下が現行モデル画像。
 (51749)

新しく開発されたホイールは、18インチと20インチバージョンの合金アルミホイール。グレード別に設定されています。
https://www.netcarshow.com/ (51735)

via https://www.netcarshow.com/

日産ムラーノ内装デザイン等

https://www.netcarshow.com/ (51736)

via https://www.netcarshow.com/
内装での大きな変更点は、シートデザインと素材。それは、ダイヤモンドキルティングインサートを採用し、シート用のマイクロ配管トリムをモチーフにした新しいセミアニリンレザー仕様のシート。さらにプラチナグレード用には、ドアアームレスト、センターコンソールを標準装備しています。

グレードによって、ダーク・ウッド・トーン、ライト・ウッド・トーン、メタリックの3種類のインテリアトリムフィニッシャーが、新たに採用されています。

ダッシュデザインやメーターデザイン等は、大きな変更は行われず、スイッチ類の位置変更等の小規模な改善となっています。追加機能として、リアドアアラートとインテリジェントなドライバー警告機能が、全車標準装備。

上が新モデル、下が現行モデル画像。
 (51750)

https://www.netcarshow.com/ (51737)

via https://www.netcarshow.com/
非常の高級感のあるシート素材にシートデザインをフロント・リアともに採用しています。新モデルは、現行型でも搭載されているリアエアコンシステムも継承されています。
https://www.netcarshow.com/ (51738)

via https://www.netcarshow.com/

日産ムラーノのパワートレイン等

現在、米国仕様モデルでは、3500ccのV型6気筒エンジンを採用しています。260psの最高出力に、ミッションは、Xtronic CVTを搭載することで滑らかな走行を可能にしています。マイナーチェンジモデルとなっていますので、パワートレインの大きな変更は行われていません。

日産のセーフティ装備
セーフティシールド360は、歩行者検知、盲点警告、後部交通警報、車線逸脱警告、ハイビームアシストおよびリア自動ブレーキを備えた自動緊急ブレーキの6つの構成となっています。ムラーノでは、グレード別で標準装備となっています。

日産ムラーノってどんなクルマ?

初代

 (51739)

日産としては、北米専用モデルとして開発されたムラーノ。その後、日本国内でも販売して欲しいという声や当時の国内モーターショーで反響が大きかったことから、日本でも販売がスタートしたモデルです。

初代は、日本国内では2004年から販売開始されました。日本国内では、直列4気筒2500ccモデルが販売され、海外市場とパワートレインを変更し展開されていました(後に日本でも3500㏄モデルの販売が行われています) 。

2008年から販売開始された2代目は、初代の世界販売が成功になったことから、日産としては改めて世界戦略車として設計されました。初代で100カ国以上の国々で販売されたムラーノは、2代目では170カ国以上の国に販売され、名実ともに世界戦略車となっています。

2代目では、各国の嗜好にあわせて2500cc・3500ccガソリンエンジンに2500ccディーゼルエンジンをラインアップし、4WDモデルを基本構成としてクロスカントリービークルという位置づけとなっていました。

この2代目モデルで、日本国内の販売は、2015年に終了しております。国内では、世界の販売台数とは裏腹に販売台数の伸び悩みが、一因とされています。

世界戦略車として継続販売され、3代目となる現行型は、2013年に世界各国で販売されており、今でも100カ国以上で販売されております。

2代目

 (51758)

まとめ

現在日本では、絶版車となってしまった日産ムラーノ。世界では、100カ国以上で販売されている世界戦略車。現行型は、31,000ドル、日本円で280万円ほどからのスタート価格。今後の情勢によって日本でも再販してくれたらうれしいモデルでもあります。

32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me