2018年4月20日 更新

新型BMW M3がいよいよデビュー!? フルモデルチェンジで何が変わる?

高性能スポーツセダンとして注目を浴びる新型BMW M3が近々フルモデルチェンジされることが濃厚となっています。 大きな変革が行われると噂が流れるこの自動車についてまとめました。

新型BMW M3がいよいよデビュー!? フルモデルチェンジで何が変わる?
アポロニュースサービス (28911)

via アポロニュースサービス

現行のBMW M3とはどんな自動車?

 (26654)

BMW M3は、BMW Mがチューニングした自動車で、ツーリングカーレースのベース車として生産し続けてけられており、現行車で5代目となります。

搭載されるエンジンはS55B30Aとなっており3L直6ツインターボです。
最高出力は431ps(317kW)/7300rpm、最大トルクは56.1kg・m(550N・m)/1850~5500rpmを発生させます。
高回転かつハイパワーなエンジンは0から100㎞/hを、たった4.3秒で到達。
スクロール方式ツインターボ、ダイレクト・インジェクション・システムに加え、Mの巧みなチューニングによって、鋭いアクセルレスポンスとハイパワーを実現しました。
モータースポーツからフィードバックされた冷却コンセプト、軽い鍛造クランクシャフトなども採用。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、7速M DCT Drivelogic。
このトランスミッションは、シフト・チェンジによるショックが極めて少なく、スムーズにトラクションをかけ続けることができ、快適にドライブができます。
 (26655)

M3の中でもCompetitionは、エンジンの最高出力を331Kw(450PS)まで高められた特別なグレード。

専用にセッティングされたアダプティブ M サスペンションやDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)に加え、アクティブ Mディファレンシャルによって、ハイレベルなパフォーマンスが体感できます。
アクセルを踏むと、M スポーツ・エキゾースト・システムによって強力かつ刺激的なサウンドが鳴り響きます。

身体をしっかり包み込む軽量Mスポーツ・シートには、サイド・サポートやバックレスト幅の調節機能が装備されM ストライプが施されたフロント・シートベルトが組み合わされます。

アダプティブ Mサスペンションは専用セッティングされ、運転手を次のステージへ導きます。

更に、20インチ M ライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング 666M(鍛造)をはじめ、ハイグロス・ブラックのキドニー・グリル、BMW Individual ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア、モデル名を冠したサイド・ギル、ブラック・クローム仕上げのデュアル・エキゾースト・テールパイプが採用されています。

新型BMW M3のプラットフォームどうなる?エンジンや駆動方式は?

All-New 2019 BMW M3 G80 Prototype

新型BMW M3のプラットフォームはCLARになり、サイズアップされることが濃厚。
このプラットフォームは軽量化がコンセプトとなっています。

エンジンは、直6ツインターボは踏襲されますが、ダウンサイジングされ、ハイブリッド化されるらしいです。

更に、注目なのが、これまでM3といえば、FRが当たり前でしたが、xDriveが搭載され、FFとAWDがセレクトできるように進化するようです。

新型BMW M3はいつ販売される?

 (26982)

新型BMW M3の発売時期は、早ければ2018年の冬、遅くても2019年の早い時期とされています。

発売が待ち遠しいですね。

まとめ

これまで、新型BMW M3について分析してきましたが、フルモデルチェンジによって、新しいプラットになり、エンジンがダウンサイジングされたり、ハイブリッド化されたりすることが濃厚かもしれません。

更に、もしxDriveが搭載され、FFとAWDが選べるようになるのは素晴らしいことですね。

これから、新型BMW M3の購入を検討している人の参考になれば幸いです。

14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123