2019年8月29日 更新

7月度新車販売台数ランキングN-BOX が23か月連続首位、あのクルマは?

自販連と軽自協が発表した7月の車名別新車販売台数確報によると、ホンダ「N-BOX」が話題の新型日産「デイズ」に9000台以上の差をつけて、2万4049台で23か月連続トップとなっ他、トップ3を軽自動車が11か月連続で独占しました。

7月度新車販売台数ランキングN-BOX が23か月連続首位、あのクルマは?

N-BOXついに 23か月連続トップ!

Honda Media Website | 4輪製品リリース画像 -   『「N-BOX」に特別仕様車「COPPER BROWN STYLE」を設定し発売』 (65417)

23か月連続トップとなった「N-BOX」は前年同月比22.3%増の2万4049台で、2位は初のフルモデルチェンジを受けた日産「デイズ」で26.5%増の1万4801台と好調なセールスを記録するも「N-BOX」には及ばず、また、打倒「N-BOX」の最右翼として、7月9日にフルモデルチェンジしたダイハツ「タント」は35.6%増の1万2807台で3位に浮上しています。また、登録車トップはトヨタ「プリウス」で、34.1%増の1万3137台と好調で、1万1044台の日産「ノート」を約2千台引き離しましたが、総合では軽3車に及ばず4位どまりでした。

7月車名別新車販売台数ランキング(%)内は前年同月比

日産 デイズ

日産 デイズ

1位:ホンダN-BOX 24,049台(122.3)
2位:日産デイズ 14,801台(126.5)
3位:ダイハツ・タント 14,520台(135.6)
4位:トヨタ・プリウス 13,137台(134.1)
5位:スズキ・スペーシア 12,688(99.1)
6位:日産ノート 11,044台(98.1)
7位:トヨタ・シエンタ 10,739台(156.5)
8位:ダイハツ・ムーヴ 10,346台(96.3)
9位:トヨタ・ヴィッツ 9,625台(82.1)
10位:トヨタ・アクア 9,622台(82.3)

軽自動車 N-WGNがN-BOXを食うか?

ホンダN-WGN

ホンダN-WGN

新型タントは、月販目標台数の約3倍となる約37,000台を発売後約1ヶ月時点で受注しており、採算や納車が順調に進めば、一気に「N-BOX」に肉薄する可能性があります。

また、8月9日に発売されたホンダの新型「N-WGN」の評価が非常に高く、「N-BOX」に負けない使いがってと「N-BOX」以上の安全性能を装備したことで、身内の「N-BOX」を食う可能性があり、「タント」にとって思わぬ援軍になるかもしれません。

また好調なスタートを切った日産「デイズ」にとってはガチンコの同クラスである新型「N-WGN」は、強敵であり、熾烈な販売合戦が予想されます。「デイズ」にとって有利なのは、日産の売れ筋軽モデルはこの「デイズ」だけであり、ホンダが「N-WGN」と「N-BOX」に分断されるのと異なり、「デイズ」一押しで売りこむことが出来ることです。また、これら新型車に推されてスズキの「スペーシア」が順位を落としています。

7月車名別軽乗用車販売台数ランキング(%)内は前年同月比

ダイハツ タント

ダイハツ タント

1位:ホンダ N-BOX 24,049台(122.3)
2位:日産 デイズ 14,801台(126.5)
3位:ダイハツ  タント 14,520台(135.6)
4位:スズキ スペーシア 12,688台(107.1)
5位:ダイハツ ムーヴ 10,346台(101.5)
6位:ダイハツ  ミラ 7,654台(68.3)
7位:スズキ ワゴンR 6,672台(79.0)
8位:スズキ アルト 5,444台(92.6)
9位:スズキ ハスラー 4,065台(73.2)
10位:ダイハツ キャスト 3,308台(116.0)

登録乗用車 RAV4がSUVナンバー1の地位を固める

トヨタ	RAV4

トヨタ RAV4

プリウスが13,137台 を売り上げ、日産のノートを押さえて首位をキープした他、前年比を下回るトップ10内の車種の中では、トヨタのコンパクトミニバン、シエンタが大幅に上昇しています。また、 トヨタRAV4も10位に入り、15位のホンダヴェゼル、19位のトヨタC-HRを押さえてSUVナンバー1の地位を固めつつあります。気になるところでは、絶好調だったトヨタのクラウンが6月から急激に販売台数がダウンし、前年比でみると6月は65%、そして7月にはなんと34.5%にまで下がっています。昨年が売れすぎていたということもありますが、落ち方が大きすぎるのが気になります。

7月車名別登録乗用車販売台数ランキング(%)内は前年同月比

トヨタ プリウスPHV

トヨタ プリウスPHV

1位 トヨタ プリウス 13,137台(134.1)
2位 日産 ノート 11,044台(98.1)
3位 トヨタ シエンタ 10,739台(156.5)
4位 トヨタ ヴィッツ 9,625台(86.1)
5位 トヨタ アクア 9,622台(82.3)
6位 トヨタ ルーミー 9,477台(118.0)
7位 トヨタ カローラ 8,849台(88.6)
8位 日産 セレナ 8,791台(98.5)
9位 ホンダ フィット  8,663 台(94.7)
10位 トヨタ RAV4 8,646台

まとめ

8月以降しばらくは新型車の発表など目立った動きのない登録乗用車は、新型車が目白押しで、活発な動きの軽自動車勢に押され気味の状況が続きそうです。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン