2018年8月11日 更新

世界が注目するコンパクトSUV、「レクサス UX」をもう一度おさらいしよう!

レクサスは、インドネシア国際モーターショー2018において、新たなSUVとして誕生した「UX」をアジアプレミアしました。日本国内では今冬のデリバリーを予定しているこのコンパクトSUVはどんなクルマなのか?もう一度おさらいしておきましょう。

世界が注目するコンパクトSUV、「レクサス UX」をもう一度おさらいしよう!

レクサス NXと UXの違い

UX250h

UX250h

UX250h

UX250h

レクサス UX 主要諸元(欧州仕様)

パワーユニット:
直列4気筒2.0Lエンジン+ハイブリッド
直列4気筒2.0L直噴エンジン
全長/全幅/全高:4,495/1,840/1,520mm
ホイールベース:2,640mm
タイヤ&ホイール:17または18インチ

レクサス NX 主要諸元

パワーユニット:
直列4気筒2.5L直噴エンジン+ハイブリッド
直列4気筒2.0L直噴ターボエンジン
全長/全幅/全高:4,640/1,845/1,645mm
ホイールベース:2,660mm
タイヤ&ホイール:17または18インチ
この表で分かる通り、「UX」は「NX」より一回り小さいボディとパワーユニットが採用されています。「NX」がトヨタ車では「ハリアー」と同クラスとすれば、「UX」はそれ以下。旧「RAV4」クラスと言えるでしょう。ちなみに、北米で2018年末発売予定で、日本には2019年春頃に復活予定の新型「RAV4」は、北米仕様でサイズは 全長4,595mm、全幅1,855mm、全高1,700mmとなりほぼ同じサイズ感です。

「UX」のスタイリング

UX250h

UX250h

UX200

UX200

タフな力強さを強調する厚みのあるボディと俊敏な走りを想起させる張り出したフェンダーにより、大胆かつ洗練されたエクステリアとなっています。また、これまでのレクサス製SUVの大きく安定感はあるけれど、機敏なイメージが薄かったモデルと異なり、動的な魅力あふれるいかにも走りだしそうなデザインは、都会派コンパクトクロスオーバーらしい個性的なデザインとなっています。

「UX」のインテリア

UX250h

UX250h

UX250h/UX200

UX250h/UX200

インテリアにはクロスオーバーでありながら、低いドライビングポジションとステアリングを中心に配置した操作系により、ドライビングの高揚感を演出するコクピットを実現。さらに、内と外の境界を曖昧にする日本の建築思想に着想を得た、「刺し子」をモチーフとしたキルティングや、和紙のような質感を表現したインストルメントパネル上部のオーナメントなど、細部までこだわった室内となっています。

「UX」の走行性能

LEXUS、ジュネーブモーターショーで新型クロスオーバー「UX」をワールドプレミア | LEXUS | トヨタグローバルニュースルーム (39215)

UXは、ボディの高剛性化と、軽量化による低重心化、そして新開発の直列4気筒2.0L直噴エンジンや2.0Lハイブリッドシステムをはじめとする最新のパワートレーンを搭載。運転操作がつながりよくリズミカルに行え、ライントレース性の高い俊敏な走りを追求しています。さらに、ダイレクトシフト-CVTは発進用のギヤを追加し、ダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。CVT本来のスムーズな走りはそのままに、燃費性能を向上し、気持ちの良い走りを提供してます。

進化した第2世代の「レクサス・セーフティシステム+」

LEXUS ‐ UX (39214)

また安全装備では、第2世代の「レクサス・セーフティシステム+」を搭載。第1世代の「レクサス・セーフティシステム+」の各機能を進化させています。

単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」に加え、自動車専用道路等においてレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、操舵を支援する「レーントレーシングアシスト」、「アダプティブハイビームシステム」、「ロードサインアシスト」、そして、「パーキングサポートブレーキ」、「パノラミックビューモニター」など、先進安全装備を導入しています。

まとめ

新型「RAV4」は、初のTNGA プラットフォームの採用で、新開発A25Aダイナミックフォース直噴エンジンを採用するとされており、レクサス「UX」とはややおもむきが異なりますが、同クラスで「UX」とは異なるエンジンを搭載することからも、気になるレクサスファンも多いでしょう。「UX」発売の冬から数か月待てばその全貌がわかるはずですから。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン