2018年4月16日 更新

【新型オーリス】ジュネーブモーターショーで遂にお披露目!魅力は新開発TNGAハイブリット?気になる日本発売時期は?

トヨタの2006年よりトヨタで発売されているオーリスですが、ジュネーブモーターショーで遂に3代目となる新型オーリスがお披露目となりました。今回は、そんな新型オーリスの全貌と、魅力のパワートレーンなどについてご紹介したいと思います。

【新型オーリス】ジュネーブモーターショーで遂にお披露目!魅力は新開発TNGAハイブリット?気になる日本発売時期は?

新型オーリスが遂にお披露目!

New Auris (25385)

トヨタのハッチバックであり、初代の登場から10年以上の歴史あるオーリスですが、遂にフルモデルの兆しがみえてきました!

ジュネーブモーターショーにて公開された3代目オーリスですが、私は以前チビカにて以下のような記事でこのオーリスのモデルチェンジをお伝えしておりました・・・
この時、名称がカローラハッチバックへ変更になることやパワートレーンの予想などをご紹介しておりましたが、残念ながら予想とは異なり名称はオーリスのままとなりそうです・・・(ただし日本国内での販売ではカローラハッチバックになる可能性も)

期待させた方などに、大変申し訳なく思います。

今回、エクステリアはもちろんのこと、パワートレーンなど魅力が満載のフルモデルチェンジとなりそうです!

特に、最近公開されたTNGA最新パワートレーンの搭載が大きな違いと言えるでしょう。

今回は、そんな新型オーリスの新たにわかった情報と新型オーリスの魅力についてご紹介していきたいと思います!

新型オーリスのエクステリア・インテリア

New Auris (25390)

早速ですが、新型オーリスのエクステリアについて見ていきましょう!

車体の長さを40mm延長した新型オーリスは、伸ばした長さをホイールベース、つまり室内空間に当てられており、さらなる快適空間を演出するとともに、全高を25mmほど低くしてシャープな印象を持たせております。

低くなったのは全高だけでなく、フードの高さなども低くさらに視界性の良いコックピットへと進化しているようです!
New Auris (25392)

フロント部分がこちら!

さらに大きくなったグリル部分の存在感とシャープなヘッドライトのバランスがgoodです!

2トーンになったルーフとの色合いも車体の低さを演出しており、個人的に全体を通してまとまって感じらます。
New Auris (25394)

リアがこちら!

特徴としてテールランプやリフレクターの形状が大きく変化しておりますが、リアバンパーのナンバープレート周りの色使いもスポーティーでクールに感じます。

新型オーリスのエクステリアを一周している動画もありますので、細部が気になる方はこちらもどうぞ!

2018 Toyota Auris new generation walkaround at Geneva Motor Show 2018

新型オーリスのパワートレーン

2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

今回新型オーリスに搭載されるエンジンラインナップは3種類となっており、1.2Lのガソリンターボエンジンが1つと1.8Lと2.0Lのハイブリットエンジンが2つの合計3種類を用意しているようです。

現行型の1.2Lよりもアップデートされた新型エンジンは、最大出力を6PSほど上昇させた122PSを誇っており、購入価格の経済性と現行モデル以上の走破性を発揮してくれることでしょう!

ハイブリットモデルとなる1.8Lエンジンに関しても、最大出力180PSを誇る力強い走りと燃費などの環境性能を兼ね備え、様々なニーズに答える1台となりそうですね!

そんな新たなエンジンラインナップの中でも特に注目なのが、新たに追加される新開発の2.0Lハイブリットエンジンではないでしょうか?

このエンジンについては、以前TNGAの新開発パワートレーンとして以下のような記事で詳しくご紹介しておりましたが、早速新型オーリスに搭載されるようですね!
ちなみに、新型オーリスのプラットフォームはTNGAのものへと変わるようですので、軽量化やコストの削減による恩恵がどの程度受けられるのか注目したい所です・・・

新型オーリスは安全性能も・・・

トヨタ オーリス | 安全装備 | Toyota Safety Sense C | トヨタ自動車WEBサイト (25403)

27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき