2018年10月30日 更新

ジープ コンパス リミテッドから特別限定モデルとなるブラックルーフエディションが発売開始に!!!

ジープコンパスの上級グレードとなるリミテッドにて、特別装備で限定数量のブラックルーフエディションが発売開始になったようです。どうやらベースモデルよりもお安い設定価格にもなっているとの事です。このモデルを検証してみます!!!

ジープ コンパス リミテッドから特別限定モデルとなるブラックルーフエディションが発売開始に!!!

ジープ コンパスってどんなクルマ???

ジープコンパスのコンセプトは、グランドチェロキーの小型版の継承モデル。フラッグシップモデルのDNAを受け継いでいること、それもフラッグシップモデルのDNAを。フラッグシップモデルGrand Cherokeeからインスピレーションを受けついで、 パワフルデザインの中にルーフラインをアグレッシブに、そして全体をシャープにアレンジしたのがジープコンパス。

第一に7スロットルグリルの継承!これは、ジープの75年の歴史を受け継いでいますね。これをさらにモダンにアレンジして装備していますね。

台形ホイールアーチは、1941年の誕生以来、すべてのジープモデルにデザインされた台形ホイールアーチのことです。勿論コンパスにも装備。

バイキセノンヘッドライト を装備し、エクステリアに華を添える存在のLEDシグニチャーランプ、夜間など視界の悪いシーンでも十分な視認性も確保

いろいろなものをジープから継承し、さらにグランドチェロキーをモチーフにしていますが、コンパスと言うモデルは、さらに新たな個性をまとってデザインされている点は、インテリアでも同様のようですね。

ピアノブラックにクロームの輝きをアクセントにしたエレガントで上品なインストルメントパネルがポイント。 中心には、車両やエンターテイメント情報を操作するボタン類を直感的に使えるよう配置(リミテッドに標準装備)されていますね。

大きな眺望で開放感にあふれた旅行が楽しめるパワーサンシェード付コマンドビュー® デュアルペインパノラミックサンルーフはオプション選択可能に。

このコンパスの最上位モデルとなるリミテッドで設定の無かった装備となるブラックルーフエディションが、特別仕様車として登場しました。このモデルを調査してみます!
 (48571)

ジープ コンパス ブラックルーフエディションの特別装備等

上位クラスの快適性を誇る4×4グレードに、エレガントな印象を強調するブラックルーフを初採用したのが最大のポイントとなる今回の特別仕様車。

比較的日本人の好みのエクステリアカラーに合わせてのブラックルーフとなっていることが伺えますね。ガンメタカラーに近いグレーマグナシオメタリックが、どの位街の中を走っているのか楽しみでもあります。

2カラー各95台の限定数量との事。
 (48572)

特別装備部分
①ブラックペイントルーフは、LONGITUDEグレードで採用されている仕様。この仕様をリミテッドに特別装備していると言うことでしょう!
②メッシュクロス/レザーシートを特別装備することで高級感を更にアップし、モダンな性質もプラスされているのではないでしょうか?

主要装備に関して
バイキセノンヘッドライト
運転席6ウェイ / 助手席6ウェイマニュアル調整機構
アダプティブ クルーズ コントロール<STOP&GO機能付>
ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
ParkSense®フロント/リアパークアシスト
ParkSense®縦列/並列パークアシスト
ParkviewTMリアバックアップカメラ
セレクテレインTMシステム
18インチアルミホイール
225/55R18 3シーズンタイヤ

主要装備内容で注目なのは、安全装備関連とオーディオ関連のスマホとの連携が簡単になる装備を中心に紹介されている点!ユーザーの欲しかったなと言う装備を中心に標準化しているのでしょう!
 (48573)

ジープ コンパス ブラックルーフエディションの諸元等

右ハンドル仕様車
全長×全幅×全高mm=4,400mm×1,810mm×1,640mm
乗車定員は5名
直列4気筒 マルチエア 16バルブエンジン
総排気量は、2,359cc
4輪駆動(オンデマンド方式)
電子制御式9速AT
無鉛レギュラーガソリン

諸元をみていると日本の公道に良く合うモデルであるなと筆者は素直に思います。非常に取り回しのしやすいボディサイズに、そして外国車には有難いレギュラーガソリン仕様であるということ。9速ATも燃費を良くする要因になっていることでしょう!
 (48574)

まとめ

ベースモデルのコンパスリミテッド2400cc4×4の販売価格は、4,190,000円税込みとなっております。今回の特別仕様車の価格は、4,130,000円税込みとなっています。ベースモデルよりも6万円安くなっている中で、標準装備になっていなかったブラックルーフと特別シートが手に入ると言うことですね。

と言うことは、2カラーの中でお好みがチョイスできるとしたならばこの特別仕様車はお買い得と言えるのではないでしょうか???全国限定190台(各カラー95台)となっております。このモデルを店頭に見に行ってみては如何でしょうか!!!
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me