2018年1月25日 更新

アメリカでは、大型ピックアップトラックが続々登場!Chevrolet SilveradoとFord Ranger がデトロイトモーターショーでお披露目!

各国では、電気自動車等エネルギー資源を電気にしたり、ハイブリッドにしたりしている中、アメリカでは大型のピックアップトラックに人気が集中している模様です!デトロイトモーターショーでもアメリカ自動車メーカーは、大型ピックアップを全面に打ち出しています。

アメリカでは、大型ピックアップトラックが続々登場!Chevrolet SilveradoとFord Ranger がデトロイトモーターショーでお披露目!

新型シボレーシルバラードってどんな車?

初めてシボレーが、トラックを販売したのが1918年。それから100年後に、新たなるバラードの発表が行われました。

シボレーでは、新型シルバラードは全てにおいてより良いアップデートが施されていると発表しています。
最大のアップデートは、より多くの乗車・貨物の積載量を搭載できるようになりましたが、現行モデルよりも200㎏ほど乾燥重量が軽くなっている点と語っています。

エクステリアデザイン

https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/ (22213)

via https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/
重厚感のあるデザインであることは、現行型でもニューモデルでも同じことが言えると考えます。今回大きな変更点は、やはりヘッドライト形状であると考えます。

ニューモデルでは、切れ長のLEDヘッドライトを採用しています。
フォグランプもLEDとなっているようです。そしてグリルは、現行型はメッキ装飾が多い仕様でしたが、ニューモデルは、ボディー同色の採用となっているようです。

現行型では、いかにもアメリカンプックアップらしい四角く大きいというイメージでしたが、ニューモデルでは少しだけ柔らかさを持たせたボディーラインになっているのではないでしょうか?

写真上がニューモデル、下が現行モデル。
 (22249)

サイドビューでは、やはり現行型よりも曲線美が浮き出ているデザインと感じます。特にフロント及びリアのオーバーフェンダーの造形が、柔らかいふくらみを演出しているのではないでしょうか?!
https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/ (22214)

via https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/
リアに関しては、やはりシボレーの刻印は外せないでしょう!テールランプの形状が斬新なデザインとなり、こちらもLEDの採用となっているようです。

また、バンパーの形状やマフラーエンドの形状が大きく変更されアップデートされていることが伺えます。
https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/ (22215)

via https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/

インテリアデザインは?

ブラック基調に濃いブラウンのインテリアデザインですね。非常に落ち着く感じのカラー構成になっていると感じます。

トラックというカテゴリーでも、荷物だけではなく心地よく人をも運ぶことをコンセプトにしているシボレーでは、作りこみをしっかりやっていることが伺えますね!
https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/ (22216)

via https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/

パワートレインなど

200㎏の軽量化を可能した新シャーシの開発と採用。これに搭載されるのは、3000㏄ディーゼルエンジン及び6200㏄ガソリンエンジン。ミッションは、10速オートマとなっているようです。
今回、オートストップ/スタート機能の追加により燃費も改善されているとのことです。
https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/ (22217)

via https://www.netcarshow.com/chevrolet/2019-silverado/

Ford Rangerって?

まったく新しいモデルとして、フォードが新開発したピックアップトラックです。
既に予約も北米では可能になるようです。フォード公式ホームページにもこのFord Rangerの掲載が始まりました。

エクステリアデザイン

アメリカメーカーの作るピックアップトラックでは、今までにない感じの柔らかさを表現したエクステリアデザインと感じます。

フロント部分では、丸味を帯びたエクステリアラインにヘッドライトもキリッとしてますが、無骨さでなく柔らかい印象を与えていると考えます。
https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/ (22218)

via https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/
なんとなく日本メーカーのピックアップ(ハイラックス)やプジョーのピックアップ等に近いデザインと筆者は思いました。

https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/ (22219)

via https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/
リアのデザイン形状に関しては、荷物の積み込みやすさを優先しているセパレートリアバンパーが印象的であります。また、FX-4のロゴも非常に目立つ存在であります。
https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/ (22220)

via https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/

インテリアデザイン

https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/ (22221)

via https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/
比較的スッキリとした使いやすさを優先したデザインにしていると筆者は考えます。
フォードでは、今回トラックに対しても安全装備を標準化しています。
①自動緊急ブレーキ
②レーンキープアシスト
③レーンディパーチャー警告
④リバースセンシングシステム
⑤歩行者検知
⑥アダクタブルクルーズコントロール
このように、トラックであっても乗用車同等クラスの装備が付属しています。
https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/ (22222)

via https://www.netcarshow.com/ford/2019-ranger_us-version/

パワートレーンなど

2300㏄ツインスクロールターボエンジンを搭載。競合するV6エンジンにも引けをとらないトルクフルなエンジンに仕上がっているとのことです。

まとめ

世界のメーカーが、電気自動車の開発に力を入れたり、ハイブリッドのシステムを開発していく中で、アメリカのメーカーは大きなピックアップトラックの新開発を行っているようです。デトロイトモーターショーでもこの2台のトラックが2019年バージョンとして発表されています。

これからの自動車の方向性とは少しギャップがあるのかもしれませんが、筆者的には頼もしいと思う部分でもあります。若干アメリカメーカーの電気自動車の開発遅れという不安はありますが、、

このサイズのピックアップトラックは、日本の道路事情では中々難しい部分は有るかもしれません。しかし乗りたい人が意外と多くいることも事実のようです。今後のアメリカ産ピックアップトラックに期待です!
33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me