2017年11月29日 更新

トヨタ プリウスαが2018年にフルモデルチェンジか?!トヨタTNGAプラットフォーム採用!新デザイン等に迫ります!

プリウスのラゲッジ拡大バージョンであるプリウスα。このαが2018年にフルモデルチェンジしそうです。内外装デザインに予想価格等、まだ推測の部分が多いですが大胆に予測して切り込んでみます!!!

トヨタ プリウスαが2018年にフルモデルチェンジか?!トヨタTNGAプラットフォーム採用!新デザイン等に迫ります!

新型プリウスαはどんな車に仕上がりそうでしょうか???

 (18822)

少しずつスパイショットも報じられ始めました。隠されている部分が多いなりに筆者が想像してみました。特にテールランプ形状は、現行とは違う形状になっているように見えます。

ハッチバック部分も現行型よりルーフが後方で更に空間が広くとられている印象もあります。フロント部分は、筆者は想像がつきませんでした。
 (18823)

リアはレクサスNXのものが偽装として使われているようです。
このスパイショットはプリウスαという噂もありますが、レクサスのコンパクトSUV「UX」であるとの噂もあります。
 http://www.theophiluschin.com/ (18819)

via http://www.theophiluschin.com/
上の新型予想デザインは、新型プリウスのフロントフェイスをそのまま採用しているように思います。現在の新型プリウスのフェイスを利用してくることも非常に有力であると感じます。
トヨタ プリウスα | トヨタ自動車WEBサイト (18824)

エクステリアの予想デザインも海外では出されています。

 http://www.theophiluschin.com/ (18820)

via http://www.theophiluschin.com/
上が新型プリウスαの予想デザイン、下が現行型プリウスαのデザイン。
サイドビューで印象的なのは、前後のドア下部のデザイン形状。このように絞込みやプレスラインでエアロ形状のようになっているのは、筆者的には大好きです(筆者の嗜好です)。あくまで予想デザインなので、この通りになるかは微妙です。

現行型よりも更に最低地上高をさげて空力を活かしている様にも見えます。あとガラス形状が更に一体化されているように見えます。
 (18826)

新型プリウスαの予想デザイン(リア)

 http://www.theophiluschin.com/ (18821)

via http://www.theophiluschin.com/
テール部分は、やはりライト周りは大分変更されていると感じます。そして尻上がりデザインとなっているのでないでしょうか?

下記が現行型プリウスαです↓
 (18827)

新型プリウスαのインテリアは???

2017年11月に発売中のプリウスインテリア(参考)

 (19016)

プリウスαが発売になる際には、基本的にプリウスのインテリアを使用してくると筆者は考えます(あくまで予想ですが)。そもそもプリウスにプリウスαという位置づけに変わりはないからと思うからです。

一方で先代プリウスとプリウスαではインテリアデザインは共通でなかったので、今回もまた別のデザインになる可能性もあります。
34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me