2018年9月20日 更新

Lamborghini HuracanGT3 EVO Racecar2019バージョンを発表!更に進化したこのモデルを検証!!!

数々のレースでチェッカーフラッグを受けてきたLamborghini HuracanGT3。このモデルで2019年にモデルチェンジすることが発表されました。レース戦線の成績とランボルギーニのDNAを纏ったこのモデルを解剖してみます!!!

Lamborghini HuracanGT3 EVO Racecar2019バージョンを発表!更に進化したこのモデルを検証!!!

Lamborghini HuracanGT3 EVOのエクステリア等

フロントビュー

フロントスプリッタの大幅な変更が与えられているようです。エンジンフードは、FRPに代わるカーボンでアップデートされています。さらにHuracánSuper Trofeo Evoから譲り受けた大きな中央のリブのおかげで、ラジエーターの冷却能力がさらに向上。

バンパーには、新らたにフロントサイドダウンフォースを得るために2つの新しいサイド凹部を装備してしているとのこと。
 (43555)

サイドビュー

鋼製からビレットアルミニウム製のアームによって支持されたフロントサスペンションキネマティックスにまでアップデート。まさにロールフェーズと2つのアクスル間を快適にする仕様に。

リアアクスルでは、重要なアップデートもありました。新しいハブ、ベアリング、アクスルシャフトは、等速ジョイントの代わりにトリポットを使用することで、より高い伝達効率と容易なメンテナンスを可能に。

Öhlinsショックアブソーバも変更され、ロールフェーズ中に最適なコントロールを保持し、高速度でカーブに吸い付く設定になっている模様。
 (43556)

リアビュー

リアでは、大きなカーボンファイバー製ウィングがポイントに。フィンのデザイン変更をして、さらにディフューザーの力を借りて、空気力学的効率を最適化する2つの段階調節が可能となっている様です。
 (43557)

ヘッドライトデザインもW字になっており、軽量でレースに最適な配光、更にはこのモデルがLamborghini HuracanGT3 EVOであると直ぐにわかるデザインとなっていることでしょう!
 (43558)

完全にレースモデルであると言うのがわかるリアデザイン。レースの世界で活躍するために製作されているのが伺えますね。
 (43559)

Lamborghini HuracanGT3 EVOのステアリングスイッチ

1.タイマー:ピットレーン用のラピータを有効または無効にする
2.ドリンク:飲酒システムを活性化する
3 .ALARM:ボードのコンピュータのメッセージをリセットする
4 .ON-OFF:エンジン始動/停止
5.リミッター:ピットリターのピットレーンへの入り口の管理
6.ワイパー:ワイパーを作動させる
7.ラジオ:ドライバーとピットウォールの間の通信
8.ライト:より遅い車を追い越すハイビーム点滅
9.TC:10種類のトラクションコントロールマップを設定するノブ
10 .LEFT:ライトインジケーター
11.ページ:TFTディスプレイ上のボードコンピュータのメニューページをスクロールするノブ
12.右:ライトインジケータ
13.ABS:10種類のABSマップを設定するノブ
https://www.netcarshow.com/ (43052)

via https://www.netcarshow.com/

Lamborghini HuracanGT3 EVOのシャーシやパワートレイン等

・シャーシ→アルミニウムと炭素繊維でできたハイブリッドシャーシ
・ボディ→迅速な固定システム(Dzust)を備えた炭素複合外部パネル
・空気力学→手動で調整可能なリアウィング
・安全装置→FIA仕様ロールケージ、カーボンファイバーレーシングシートFIA 8862仕様、7ポット消火器、ルーフハッチシステムサスペンション
・サスペンション→フロントサスペンションuniball付きダブルウィッシュボーン/リアサスペンションuniball付きダブルウィッシュボーン
・ダンパー→4システム÷hlins TTX 36・スタビライザー前後の3ウェイ・調整可能ホイール
・ホイール→フロント12x18 "ET45.65、リア13x18" ET37.85
・タイヤ→ピレリPZero、フロント325/680-18 DHD、リア325/705-18 DHD
・エンジン→エンジン型式10気筒エンジン(90°V角度)自然吸気、ガソリン直接噴射IDS、ドライサンプ潤滑変位5204cc
・ボアとストローク→84,5x92,9mm
・圧縮比→12,7:1
・Revリミッター→調節可能なECUおよびTCU管理ボッシュモータースポーツMS6.4
・制動システムとステアリング→フロントブレーキスチールBrembo / Tm Racing 380x34 mmディスク、6ピストン、モノブロックキャリパー、ディスクとキャリパー用の補助空冷・リアブレーキスチールBrembo / Tm 355x32 mmディスク、4ピストン一体型キャリパー、ディスクの空冷
・ABS→ボッシュモータースポーツM5ステアリングホイールを介して12ポジションで調整可能
・ステアリング→ZF油圧パワーステアリング、多機能ステアリングホイール、ダッシュボードBosch Motorsport送信
・ドライブタイプ→機械式差動ロック、トラクションコントロール付きの後輪駆動ステアリングホイールを介して10位置で調整可能なBosch Motorsport
・ギアボックス→Hörの6速シーケンシャルギアボックス、空気圧式に制御された3枚のレーシングクラッチ、ステアリングホイールのパドル、軽量フライホイール
・寸法→全長4,551mm×全幅2,221mm×1,700mm
・乾燥重量→1230kg
・燃料タンク→120リットル

まとめ

完全にレースの世界で使用されることを目的として製造されていることより、エクステリアデザインに関しても、内装に関しても完全にレース界そのものになっておりますね。スペック詳細も細かく、ランボルギーニのDNAが惜しみなく投入されているのが伺えますね!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me