2018年2月7日 更新

Mini CooperSの2019バージョンが発表されました。伝統のデザインとアップデート内容を検証

歴史的に見てもミニは、伝統的なフォルムを守り続けているモデルでないでしょうか?このMini CooperSが、2019バージョンを発表しました。伝統と新しいアップデート内容を考察してみます!

Mini CooperSの2019バージョンが発表されました。伝統のデザインとアップデート内容を検証

2019年バージョンのミニクーパーSって?

ミニといえば、普遍的なデザインを継続して販売している、これが一番のポイントであると筆者は考えます。
初代のミニも1978年から2000年という期間多くのモデルは販売されましたが、基本的なコンセプトは変わらず製作・販売されていました。

2000年以降BMWの傘下となって18年が経過してモデルチェンジはされています。メカニカル的な変更は大きく変わって来ましたが、エクステリア上の変更は大きく変更されていません。

今回のマイナーチェンジでは、どのような変更が行われているのでしょうか?
分析して行きたいと思います。

ミニクーパーSのエクステリアデザイン

フロントビューで特徴的な変更は、ヘッドライト。ハロゲンビーム仕(標準)では、ブラックパネルを使用して、より印象的なデザインとしているようです。LEDのオプションヘッドライトでは、ハイビーム用マトリックス機能付き(眩惑のない)LEDを採用しているとのことです。

そしてLEDヘッドライトは、路面状況にあわせて明るさを自動調整してくれるとのことです。さらに路面環境や周囲環境によって明るく照らし出す部分を調整してもくれるとのことです。
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22380)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/
サイドビューでは、大きく変更されている点が余りないと感じます。
MINIファミリーもクロスオーバーやクラブマンなど様々なボディの展開がありますが、一番オーソドックスなMINIもやはりバランスが良いですね。
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22381)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/
リアビューで特徴的なのは、やはりテールライトでしょう!英国ユニオンジャックをモチーフにしたテールライトが非常に印象的で、かつ英国車であるという主張をも感じますね。
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22382)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/
ヘッドライトパーツにもMINIのロゴがあしらわれています。今回こだわったヘッドライトの仕様変更が、ユーザーの心にどのくらい響くのかが楽しみでもありますね!
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22383)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/
ユニオンジャックテールランプは、非常に目立つ存在。クロームメッキで囲われている点は、高級感をプラスしている部分でも有りますね!

またクーパーSのロゴが、テールゲートに配置されている点は従来どおりであると筆者は感じます。
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22384)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/
新たに追加された17インチ軽合金ホイール。これに組み合わさるタイヤサイズは、205/45R17となっているようです。コンパクトサイズのモデルでもこのサイズのタイヤを装着してくる点が、最近の流行を取り入れているからと感じます。
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22385)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/

ミニクーパーSのインテリアに関して!

インテリアに関しては、ピアノブラックを随所にあしらうことで高級感をよりアップさせていると考えます。これに助手席フロントパネルには、ユニオンジャックカラーリングが施されており、インテリアでもイギリスということを主張していると感じますね!

センターコンソールでもミニの特徴が、更新されています。大きく丸いセンターコンソールには、ナビモニターがインストールされています。
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22386)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/
メーターパネルは、ミニの特徴でも有ります。速度計が大きくセンターに鎮座しております。260㎞/hまで表示されている点が、ヨーロッパを感じさせてくれますね!
https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/ (22387)

via https://www.netcarshow.com/mini/2019-cooper_s/
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me