2018年4月4日 更新

【最新画像あり】新型デリカD:5(D:6)の全貌が遂に判明!?発売日など最新情報をお伝えします!

三菱のオールラウンダーミニバンとして長年人気を得ているデリカD:5ですが、2007年に現モデルの登場以降、度々マイナーチェンジはあるものの、フルモデルチェンジがされることなく約10年の月日が経とうとしております。そんなデリカD:5ですが、新型モデルと思われるテスト走行の姿が遂にキャッチされ、近年発売が期待できる状況となってきました!そんな新型デリカD:5(D:6)の最新情報をお伝えしたいと思います!

【最新画像あり】新型デリカD:5(D:6)の全貌が遂に判明!?発売日など最新情報をお伝えします!

新型デリカD:5(D:6)のテスト走行車両をキャッチ!

2018 Mitsubishi Delica spy photo photo (23191)

冒頭でもご紹介した通り、長期モデルとなっている三菱のオールラウンダーミニバンであるデリカD:5ですが、その新型モデルと見られる車両がアメリカの自動車情報サイトであるmotor1.comによって公開されました!

上記はその写真の中のフロント部分に当たりますが、後に紹介するダイナミックシールドと呼ばれる三菱最新のデザインコンセプトを表したシャープなヘッドライトが印象的な1台となっていそうです。

わかりにくいですが、ラジエターへの導風口と見えられる隙間がいくつか見えられるのもポイントかもしれません。

また、大きなフォグランプには誰もが注目するアクセントの1つではないでしょうか?
2018 Mitsubishi Delica spy photo photo (23193)

こちらがテール部分です。

テールランプの雰囲気など、現在のデリカD:5の面影を感じさせる部分が多く感じられますね。

ちなみにこの他の写真も以下のサイトにて紹介されておりますので、気になる方はご覧になってみてはいかがでしょうか?(下記サイトは英語のみとなっております。)

新型デリカD:5(D:6)の情報をまとめると!

走行性能 | デリカD:5 | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (23227)

オールラウンダーミニバンとして高い人気を誇り続けているデリカD:5ですが、これまでチビカでもこのデリカに関する新型車情報は様々な記事でお伝えしてまいりました。

今回そんな車両のテスト走行を捉えた画像をご紹介した訳ですが、ここではこれまでご紹介した新型デリカD:5(D:6)に関する情報をまとめてご紹介したいと思います!

新型デリカD:5(D:6)のエクステリア・インテリア

DYNAMIC SHIELDのルーツ | GLOBAL DESIGN | MITSUBISHI MOTORS (23230)

まず新型デリカD:5(D:6)のエクステリアやインテリアに関してですが、テスト車両のフロント部分でもご紹介した三菱の最新デザインコンセプトであるダイナミックシールドが採用されております。

また、新型デリカD:5(D:6)のベースとも言えるMITSUBISHI XM Conceptも触れなくてはならないでしょう。

MITSUBISHI XM Conceptは2016年インドネシア国際オートショー2016で公開された三菱のSUVの走破性とMPVの利便さを兼ね備えた当時の次世代モデルの方向性を表す一台として登場しました!

ちなみに、海外で人気を集める三菱のオールラウンダーミニバンであるエクスパンダーも同様のデザインコンセプトですね。
コンセプトカー | インドネシア国際オートショー 2016 | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (23232)

↑上記がMITSUBISHI XM Conceptで、↓下記はエクスパウンダーです。
ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (23234)

インテリアに関してはまだ詳細情報がありませんが、近い用途であるエクスパウンダーのインテリアは以下のようになっております。

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (23236)

内装に関してこれと近いモチーフになるかはまだ定かでないものの、近年発売された三菱車の傾向として近いものが登場する可能性は少なくないのではないでしょうか?

新型デリカD:5(D:6)のパワートレーン

走行性能 | デリカD:5 | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (23239)

新型新型デリカD:5(D:6)のパワートレーンには、現在搭載されているガソリンエンジンを廃止するかもしれないとの情報が挙がっております。

現在ガソリン、ディーゼルと3つのエンジンラインナップがあるデリカD:5ですが、新型デリカD:5(D:6)にはディーゼルを主体にもしかするとPHVのラインナップが搭載の可能性も。

あくまで可能性ですので、エクスパウンダーやエクリプスクロスといった1.5Lのダウンサイジングターボを採用する可能性も0ではありません。

どれもまだ確定的な情報はありませんので、ディーゼルを主体にPHVやガソリンのラインナップがあるかも?程度で認識しておくのがいいかもしれませんね。

ちなみに、PHVが採用となればアウトランダーからの流用が有力となりそうです。

また、以前プラットフォームなどについてご紹介しておりますが、今回プラットフォームは三菱オリジナルのものになるようです。前回の記事を参考にされた方には、間違った情報で期待させてしまい大変申し訳ございませんでした。

確定的なこと以外はあくまで予想としてご紹介するものの、できる限り私が分かり得る正確な情報をお伝えできるようにこれから心掛けて情報をお伝えできればと思っております。

新型デリカD:5(D:6)の発売時期は?

フォトギャラリー | インドネシア国際オートショー 2016 | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (23243)

今回は、新たにテスト走行の姿が捉えられた新型デリカD:5(D:6)についてご紹介しましたが、気になる発売時期に関してはいつ頃になるのでしょうか?

現在のところまだ明確な発売時期に関する情報が発表されてはいないことから正確な時期を予想することは不可能となっていますが、2018年での登場に期待してもいいかと思います。

日産の不正検査問題などグループの一員として三菱にも少なからず影響を受け、開発に若干の影響を与えたことが考えられますが、そもそも、2017年に開催された東京モーターショーでの公開も期待されていた1台です。

2018年夏頃の登場が期待されている声もありますが、今回キャッチされた車両を見える限りまだまだカモフラージュも多いことから完成度を察知できませんが、夏に登場することに期待したいですね。

しかしながら、長いこと登場を期待されながらようやくテスト車両が目撃ですので、確実に発売が近づいていることには変わりないでしょう!

新型デリカD:5(D:6)について続報があり次第またお伝えできればと思いますので、続報をお待ちください!

*デリカのルーツや予想CGなどの、以下の記事も合わせてお読みいただければ幸いです!
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき