2018年1月8日 更新

【最新情報】新型ロータリースポーツ「RX-9」のスペック情報まとめ!マツダはスカイアクティブだけじゃない!

人気のCX-8や話題の新型エンジン「スカイアクティブX」など話題の絶えないマツダですが、マツダといえばロータリーエンジンだと思います!そこで今回は、マツダの新型ロータリーエンジン搭載車両として期待の「RX-9」などについての情報をまとめていきたいと思います!

【最新情報】新型ロータリースポーツ「RX-9」のスペック情報まとめ!マツダはスカイアクティブだけじゃない!

新型RX-9が登場間近?価格はGT-R並み!?

【MAZDA】ロータリースポーツコンセプト|展示車両・技術|第44回東京モーターショー2015 (21125)

マツダといえば欧州を感じさせる美しいデザインに、スカイアクティブXなど斬新で画期的な技術力が魅力の自動車メーカーですね!

しかし、マツダには最先端の素晴らしい技術力だけでなく、ロードスターレストアサービスのように古い車両を大切にする心やスポーツカーに対する情熱も持ち合わせております。

そして、マツダのスポーツカーといえば今ではロードスターくらいしか思い浮かばないかもしれませんが、モータースポーツ全盛期のロータリーエンジンを積んだRXシリーズが印象的ではないでしょうか?

そこで今回は、そんなマツダのスポーツスピリットとも言えるロータリーエンジンや新型RX-9の話題についてお伝えしたいと思います!

*最後にこの記事の要点をまとめていますので、サクッと知りたい方はそちらをどうぞ!

新型RX-9にも搭載予定のロータリーエンジンとは?

3列シートSUV「CX-8」が好調な兆しを見せ、新時代の内燃機関とも言えるスカイアクティブXが話題のマツダですが、マツダと言えばロータリーだろ!、そう思うロータリーファンも少なくないと思います。

ロータリーエンジンとは、日本でマツダのみが近年まで開発を続けていきた独特のエンジンであり、世界で初めて量産に成功したエンジンでもあります。

通常のブロックやヘッド、ピストンを利用し往復運動によって駆動するレシプロエンジンと異なり、通常のエンジンで言う所のブロックと同じような役割のハウジングとおにぎりにも見えるローターによって駆動するのがロータリーエンジンです!

ロータリーエンジンの魅力は何と言ってもアクセルに追従する加速感やフィーリングの良さで、また音の素晴らしさも忘れられない魅力だと思います。

個人的にもルマンを制した787BのF1のような快音は、今でも定期的に動画で確認するほど耳が恋してやまない魅力を持っています!

マツダ787B あまりの快音に観客から拍手

そんなマツダのロータリーエンジンですが、残念なことに2012年に販売を終了したRX-8からマツダのロータリースポーツは表舞台から姿を消しております・・・

しかし、マツダは現在もロータリースポーツの開発を続けており、2015年の東京モーターショーにおいてはRX-9のベースになるであろうRX-VISIONも公開されております!

新型RX-9の予想スペックとは?

【MAZDA】ロータリースポーツコンセプト|展示車両・技術|第44回東京モーターショー2015 (21137)

現在の自動車市場において燃費は最優先でありながらも最低限にもなりつつある性能の1つです。

つまり平均的な燃費を誇りながらも高い運動性能や利便性など、現在の車にはこのような燃費以外の付加価値を求められているように感じられます。

これは新型RX-9にも同様のことが言え、いくらスポーツカーといえど日常生活に支障のない平均的な燃費の良さが求められるところ。

また、今後車両を新たな環境基準に適合させる必要が出てきた場合に、燃費に不利な一面をもつロータリーエンジンはどうしても消滅対象になりやすい可能性もあります。

そのことから、現段階ではロータリーエンジンを復活させるとなれば日産ノートのようにエンジンをモーターを動かす発電機としてのみ使用する方法でしか復活が難しいのではないかというのが最も現実的な話となっているようです。

しかし、NSXやGT-Rのように年間販売台数が少なく技術の象徴として採算の合わない車両としての復活であれば、多くの人が待望するようなピュアロータリースポーツの復活が見られるかも・・・

ただし、NSXのように技術の象徴として復活するのであれば、ほぼ受注は行われず価格も1,000万円を超えるスーパースポーツとなるでしょう。

新型RX-9(ロータリーエンジン)の開発状況は?

【MAZDA】第Ⅲ章:新たなる時代へ、そして未来へ|ロータリーエンジン開発物語 (21132)

様々な情報の飛び交う新型RX-9ですが、公式にはマツダが新型ロータリーエンジンを開発していることやRX-9を発売することを発表している訳ではないため、今後マツダから新型ロータリースポーツまたはRX-9が確実に発売されるとは言い切れません。

しかし、マツダはロータリーエンジンをマツダの魂とも捉えており、開発担当者の情熱もあって今後何らかの形で新型RX-9または新型ロータリースポーツが登場すると考えられます!

また、既に海外にてRX-8に新型ロータリーエンジンを搭載しているのではと噂されるテスト走行の写真も捉えられており、他にもRX-9と思わしき特許の数々も判明しているとのこと!
All-New 2019 Mazda RX-9 Test Mule Spied For The First Time - YouTube (21134)

公式発表がないためこれらが全て新型RX-9につながるか未知数ですが、様々な特許やRX-VISIONから察するに、新型RX-9の開発は着実に進んでいると考えてもいいかと思います!

新型RX-9の発売時期は?

【MAZDA】ロータリースポーツコンセプト|展示車両・技術|第44回東京モーターショー2015 (21159)

ここまで簡単ながらわかっている情報についてご紹介して参りましたが、では肝心の新型RX-9が登場するのはいつ頃となるのでしょうか?

公式に開発が発表されている訳ではないため、あくまで推測となりますが2019~2020年あたりのお披露目になるのではないかと思われます!

そもそも新型RX-9については、実は2017年の東京モーターショーで公開されるのではと期待されていました・・・

しかし、現実は皆さんもご存知の通り発表されずに終わってしまったこともあり、2018年に登場しその後すぐに発売とは少し考えづらいです。

そのため、最も早いパターンとしても2018年にコンセプトモデルやベースモデル、何らかの関連情報が発表され2019年に発売が最有力ではないでしょうか?

また2020年には東京オリンピックも控えており、世界が日本に注目する時期でもあるため2020年あたりを目処になんて可能性もあるかもしれません。

そう考えると、2019年から日本が最も注目されるであろう2020 年にかけて世界にマツダの技術力をアピールというのが現実的なのではないでしょうか?

復活が待ち遠しいが・・・

【MAZDA】ロータリースポーツコンセプト|展示車両・技術|第44回東京モーターショー2015 (21157)

新型RX-9について現段階でわかっている情報や推測、予想についてご紹介していきました。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・新型RX-9は早くても2019年から発売か!?
・新型RX-9はGT-RやNSXのような1,000万円以上の手の届かない車両になるかも!?
・新型ロータリーエンジンの開発は着実に進んでいる!?
・発電用エンジンとしてロータリーの復帰も!?

他にも、マツダのスカイアクティブXの技術をロータリーに応用なんてことも・・・

そう考えると夢が膨らみますね!

どうしても希少性の高いスポーツカーで、特に燃費的にも厳しくマツダの技術の象徴とも言える一台となりそうですので、価格は仕方がないのかもしれません。

以前のようなRX-7やRX-8みたく、一般的な家庭でも頑張れば購入できる車両ではなくなるかもですが、モータースポーツファンとして復活することを楽しみに待ちたいと思います!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき