2018年9月28日 更新

進化したコンパクトミニバン!ホンダのフリードの魅力を紹介します!

ミニバンは大きいから運転する自信がないという方にはコンパクトミニバンのホンダのフリードがオススメです。今回はフリードの魅力を紹介します。

進化したコンパクトミニバン!ホンダのフリードの魅力を紹介します!

フリードってどんな車?

フリード|Honda (44685)

フリードはホンダが2008年から生産・販売しているミニバン型の小型乗用車です。現行モデルは2代目のモデルであり、2016年から販売されています。ガソリンモデルとハイブリッドモデルが用意されており、ハイブリッドモデルの燃費性能は優れています。

ミニバンだと大きくて運転に自信がないから不安、コンパクトカーは頭上のスペースがあまりなくて後席の余裕もないからちょっと、トールワゴンよりもう少し大きな車が欲しい、という方にはオススメの車です。

ホンダのフリードのキャッチフレーズは「ちょうどいいを、もっと、みんなへ」なので、その言葉通り、コンパクトミニバンとして幅広い層のユーザーに愛されています。

フリードの外観

デザイン・カラー|スタイリング|フリード|Honda (44688)

コンパクトミニバンという言葉がふさわしい外観ですね。大きすぎず、小さすぎずちょうどいい大きさなので運転に自信のない方でも運転しやすいです。

フロントマスクは今日のホンダ車に共通する形状になり、オーソドックスなスタイルです。全体的には先代フリードと比べると、重厚感が増したデザインになっています。

フリードの内装

デザイン・カラー|インテリア|フリード|Honda (44691)

先代のフリードと比べて1列目~3列目のシート間の距離が拡大されているので窮屈な印象はありません。もちろん大型ミニバンに比べると広さは劣りますが、居住性としては申し分のないスペースです。

運転席周りもインパネが木目調のパネルを使用したりと上質な印象を受けます。

運転席と助手席間の隔たりもなく左右の空間を広々と使えます。シフトレバーはインパネ式で、電子シフトレバーを採用しており、先進性を感じます。サイドブレーキは左足で操作する構造を採用しています。
デザイン・カラー|インテリア|フリード|Honda (44693)

速度メーターもデジタルメーターを採用しており、先進性を感じます。実はこのメーターの照明色は6色から選ぶことが可能になっています。常に運転中に目がいく所なので、好きな色を選択できるのは嬉しいですね。
デザイン・カラー|インテリア|フリード|Honda (44694)

フリードの走行性能

走行性能|性能・安全|フリード|Honda (44697)

フリードの燃費性能はガソリンモデルでJC08モード最大19.0km/L、ハイブリッドモデルでJC08モード最大27.2km/Lであり、ハイブリッドモデルではミニバントップレベルの低燃費性能を誇っています。

ガソリンモデルでは1.5L直噴DOHC i-VTECエンジン+CVTを搭載し、力強い走りを演出し、ハイブリッドモデルではSPORT HYBRID i-DCDを搭載し、伸びやかな加速感をミニバンでも実現しています。

最小回転半径は5.2mとなっているので、コンパクトミニバンの利点を生かし、縦列駐車やUターンのしやすさを実感できます。

フリードの価格

フリードの価格はガソリンモデルで1,880,000円(フリード B)~2,852,280円(フリード Modulo X Honda SENSING)、ハイブリッドモデルで2,256,000円(フリード HYBRID B)~3,152,520円(フリード HYBRID Modulo X Honda SENSING)になっています。

ハイブリッドモデルの方が約30~40万円ほど割高になりますが、燃費性能が魅力的なのでハイブリッドモデルの購入の方がお得に感じます。

ガソリンモデルも燃費が悪いわけではないですが、ハイブリッドモデルの方が走行時の車内の静粛性が良いので、そういう点でもハイブリッドモデルの方をオススメします。

まとめ

今回はホンダのコンパクトミニバンであるフリードの魅力を紹介してきました。

ちょうどいいサイズのミニバンなので、運転の苦手な人でも運転しやすい車ですし、燃費性能の良さや室内空間の広さなど、良いとこ取りの魅力的な車であることは確かです。ミニバンに抵抗があった女性ドライバーの方にもオススメの車になります。

気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi