2017年6月30日 更新

[画像あり]新型アクアが遂にデビュー!気になる情報と新グレード『クロスオーバー』とは?

トヨタの人気コンパクトカー、アクアが6月19日に遂に発表となりました。圧倒的な低燃費で人気を誇っていたアクアですが、新たに進化したその姿とは、、、

[画像あり]新型アクアが遂にデビュー!気になる情報と新グレード『クロスオーバー』とは?

[画像あり]トヨタ自慢のコンパクトカー『アクア』が遂にモデルチェンジ!その気に変更点とは?

トヨタ アクア | トヨタ自動車WEBサイト (10528)

トヨタの人気車種である『アクア』が6月19日に遂にマイナーチェンジとなりました!

アクアといえばリッタ37キロの低燃費と価格の手頃さで長年人気を得てきたトヨタのコンパクトカーですが、最近では日産のe-powerのこともあり若干控えめな印象がありましたが、、、

そんなアクアも遂にマイナーチェンジとなり、さらなる改良点が気になりますね。

圧倒的な燃費もそうですが、今回さらに進化した質感と新グレード『クロスオーバー』の内容とは?

まずは気になる変更点から画像と共に見ていきましょう!

エクステリア

トヨタ アクア | トヨタ自動車WEBサイト (10680)

まずは第一印象を決めるエクステリアからですが、画像でいう手前が通常グレードのアクアとなっています。

こちらはよりスタイリッシュになったフロントバンパーのデザインが印象的ですね。

奥にあるのが今回話題となっている『クロスオーバー』ですね。

こちらについては後ほど詳しくご紹介します!
トヨタ アクア | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (10534)

フロント周りでいえば、ヘッドランプ等の形状変更がありますが、今回は残念ながらLEDの標準装備とは至りませんでした。

しかしメーカーオプションで約10万円ほどとなっているので、低燃費をお求めやすい価格で多くのユーザーに届けたいといった理由からだと思います。

気になるリア周りについては
トヨタ アクア | トヨタ自動車WEBサイト (10681)

フロントから流れるようなデザインで、とてもスタイリッシュな印象ですね。

老若男女、幅広いユーザーから指示を得ているモデルなだけあって無難でそれでいてかっこいいデザインだといえます。

リアのコンピネーションランプに関してもメーカーオプションでリアフォグランプが設定されていますが、価格は約1万円ほどとなっているようです。
トヨタ アクア | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (10540)

ベースは最低限に抑えて、オプションで車両の充実度を追加するような従来どうりのアクアのようですね。

最近では標準装備を充実させて価格に対するコストパフォーマンスで勝負する車両と、ベースを最低限に抑え、ハイブリットなどの付加価値を低コストで提供する車両とで分かれていますが、

これでいえば、アクアは後者に当たるでしょう。

インテリア

トヨタ アクア | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (10543)

室内についてもこれまで以上に質感がアップされ、洗礼されたインテリアはまさにコックピットといったところでしょうか。

特に今回搭載されているマルチインフォメーションディスプレーでは毎日のエコ運転をさらに楽しく視覚化できるものとなっており、機能にも見た目にも優れた装備となっています。
トヨタ アクア | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (10545)

質感アップとインテリアの底上げがなされた新型アクア。

そのため新型アクアのインテリアはこれまでのアクアからさらにアップデートされた内容に期待が持てるでしょう。
トヨタ アクア | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (10547)

走行性能

トヨタ アクア | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (10549)

走行性能に関しては、アクアの最大の魅力である圧倒的な低燃費に注目でしょう。

今回もこれまで通りハイブリットシステム搭載で、ベースは前回までのアクアと同じとなっているのですが、エンジンの電子制御の改良や、エンジン自体の改良により、さらなる低燃費を実現しています。

その燃費はなんとリッター38キロ!
トヨタ アクア | 走行性能 | エンジン・ハイブリッド | トヨタ自動車WEBサイト (10551)

この燃費はグレードによって変化するのですが、どちらもアクアに恥じない驚異的な数値であることに変わりはありません。

またトヨタセーフティーセンスCも上位グレードにおいては標準装備され、経済性と安全性に優れた新型アクアとなっています。

今回追加された『クロスオーバー』とは一体?

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (10554)

今回アクアに追加された『クロスオーバー』について関心が集まっているようですが、これはこれまでのX-URBANをさらにSUVとして煮詰めたモデルがこのクロスオーバーです。

見た目は通常のアクアに対してフロントバンパーのデザインやフェンダーアーチのラインなど目を引く特徴的なエクステリアとなっており、ホイールも16インチと通常より大きくなっているのが特徴です。
トヨタ アクア | トヨタ自動車WEBサイト (10682)

リア周りを見てもその他のグレードとは異なり、よりアクティブな印象となったバンパーなどが目を引くスペシャルなデザインとなっています。

バックフォグなどは先ほどご紹介した通り、全車メーカーオプションとなっているのが残念ですが、他の新型アクアとは異なるモデルに人気が集まることは間違い無いでしょう。

新型アクアの気になる価格とフルモデルチェンジとなる次期モデルとは?

トヨタ アクア | トヨタ自動車WEBサイト (10683)

注目のマイナーチェンジとなった新型アクアについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回のマイナーチェンジでは、日産ノートなどに負けないよう、これまでのアクアの性能をさらに改良しアップデートしてような内容となっていました。

そしてSUVモデルを掛け合わせたクロスオーバーは最近では結構ニーズのあるジャンルであるので、大きな話題となること間違いなしですね。

そんな新型アクアの販売価格は以下のようになっています。

L: 1,785,240円〜
S: 1,886,760円〜
G / クロスオーバー:2,062,800円〜

リッター38キロを誇るLと標準グレードのSは200万円を切る本体価格と、ハイブリットでありながら手の出しやすい価格設定はこれまで通りですね。

アクアに関しては2018年にフルモデルチェンジの噂もあり、目標燃費はリッター45キロ!?なんて話もあるので、さらなる進化に期待せずにはいられません!

店舗発表は24日からとなっているようですので、最新モデルの新型アクアを見たい方はお近くのトヨタディーラーまで足を運んではいかがでしょうか?

2017 Toyota Aqua CM Japan (Toyota Prius C) (トヨタアクア)

【アクア】Drive in Japan篇

33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき