2017年6月23日 更新

日産エクストレイルが、ビッグマイナーチェンジ! その全貌に追ってみた

4年の歳月を経て、エクストレイルがマイナーチェンジしました。マイナーチェンジでどのようにエクストレイルが進化したのかを追ってみました。

日産エクストレイルが、ビッグマイナーチェンジ! その全貌に追ってみた

4年の歳月を経て日産エクストレイルがマイナーチェンジ!

 2013年から発売開始された現行のエクストレイルは、スタイリッシュなSUVフォルムに走行性能と環境対策を兼ね備えた自動車として販売実績を延ばしてきました。そのエクストレイルも現行型の販売から4年の歳月が経ち、この度、ビッグマイナーチェンジを行い、2017年6月8日に販売開始されました。
日産:エクストレイル [ X-TRAIL ] スポーツ&スペシャリティ/SUV | グレード別 主な装備・価格 (10031)

では、一体どこが大きく変わったのでしょうか?

まずは、外装デザイン。こちらは、フロントグリルが日産最大の特徴であるVモーションのラインがよりワイドに強調されました。
しかもフロント・リアバンパーともに意匠変更されボリューム感が増した形状になりました。
Vモーションラインとは、日産と一目でわかるように各車種統一デザインとしてグリルに使用されているVデザインのことを言います。
そして、ヘッドランプが、ハイロー・プロジェクター式LED(グレード別)に変更され、テールランプもLEDコンビランプに意匠変更しております。また、サイドミラーもデザインが変更されております。

ボディーカラーも追加され全12色となっております。
日産:エクストレイル [ X-TRAIL ] スポーツ&スペシャリティ/SUV | エクステリア | ボディカラー (10056)

今回は、マイナーチェンジですのでエクストレイルの骨格・エンジン・ミッションは、そのままと成っております。
ですから、ルノーと共同開発されたCMFプラットフォームも継続使用されております。車の土台となるプラットフォーム部分は、4年間の長期販売という結果にて、沢山のユーザーから高評価を得られたものと考えます。
高い走破性を保ちながら、安全性を確保することは、エクストレイルの必要不可欠な要素となっているのでないでしょうか。
内装関係は大きな変更はなく、デザインの小規模な変更、使い勝手を重視したスイッチ類等の配置の変更で、マイナーチェンジ前から継承されています。
 

X-TRAIL vs OKAMOCHI MOTORCYCLE

安全装備は、大きな追加が!

新型セレナに初めて搭載されたプロパイロット1.0が、エクストレイルにも搭載されました(メーカーオプション)。
これは、高速道路において、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライブをサポートする高速道路同一車線自動運転技術です。

このほかに後退時車両検知警報やハイビームアシスト(ハイ/ロービーム自動切換え)もメーカーオプションで選べるようになりました。
日産:エクストレイル [ X-TRAIL ] スポーツ&スペシャリティ/SUV | 先進安全装備 |先進安全装備 (10038)

エクストレイルのグレード・価格表

2WD
20S 5名 燃費16.4km/l 2,197,800円
20X 5名 燃費16.4km/l 2,548,800円
20S ハイブリッド 5名 燃費20.8km/l 2,589,940円
20X 7名 燃費16.4km/l 2,621,160円
20X ハイブリッド 5名 燃費20.8km/l 2,892,240円
モード・プレミア 5名 燃費16.4km/l 3,071,520円
モード・プレミア 7名 燃費16.4km/l 3,165,480円
モード・プレミア ハイコントラストインテリア 5名 燃費16.4km/l 3,179,520円
モード・プレミア ハイコントラストインテリア 7名 燃費16.4km/l 3,273,480円
モード・プレミア ハイブリッド 5名 燃費20.8km/l 3,437,640円
モード・プレミア ハイブリッド  5名 燃費20.8km/l 3,459,240円
(ハイコントラストインテリア)

4WD
20S 5名 燃費16.0km/l 2,404,080円
20X 5名 燃費15.6km/l 2,755,080円
20S ハイブリッド 5名 燃費20.0km/l 2,796,120円
20X 7名 燃費15.6km/l 2,827,440円
20X エクストリーマーX 5名 燃費15.6km/l 2,982,960円
20X エクストリーマーX 7名 燃費15.6km/l 3,055,320円
20X ハイブリッド  5名  燃費20.0km/l 3,098,520円
モード・プレミア 5名  燃費15.6km/l 3,277,800円
20X ハイブリッド エクストリーマーX  5名 燃費20.0km/l 3,283,200円
モード・プレミア 7名 燃費15.6km/l 3,371,760円
モード・プレミア ハイコントラストインテリア 5名 燃費15.6km/l 3,385,800円
モード・プレミア ハイコントラストインテリア 7名 燃費15.6km/l 3,479,760円
モード・プレミア ハイブリッド 5名 燃費20.0km/l 3,643,920円
モード・プレミア ハイブリッド 5名 燃費20.0km/l 3,665,520円
(ハイコントラストインテリア)

今後のエクストレイルはに期待したいところは?

エクストレイルの今後にとって一番気になるのは、今回は行われなかったディーゼルエンジン搭載のラインナップではないでしょうか?
マツダのCX‐5ディーゼルに対抗していくには、ディーゼルのラインナップが必要不可欠と成ると考えます。
初代、二代目にあったディーゼルエンジン搭載復活に今後期待したいと思います。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me