2017年7月2日 更新

2017年1月モデルチェンジしたスイフト、近々スイフトスポーツがフルモデルチェンジ

小型スポーツカー部門で躍進しているスイフトスポーツが、2017年近々フルモデルチェンジして登場することが濃厚です。スイフトスポーツの歴史も踏まえて、新型スイフトスポーツを分解していきます。どうやらAWDの販売も有りそうですよ!!!

スイフトスポーツは、歴史ある小型スポーツカー!

スイフトスポーツの歴史は、前身であるカルタスGTiにまでさかのぼります。その当時は、1600CCクラスのスポーツカーが、豊富に各社ラインナップされておりました。トヨタ、レビン/トレノ。ホンダ、シビック/CR‐Xなどなど。
その中で、更に小型サイズ、小型エンジンでスポーツする車としてカルタスGTiは、販売されておりました。1300CC/115PS。
実にカルタスは、1983年からスイフトに移行するまでの2002年まで約20年近く販売された車です。
 (11077)

舘ひろしさんが、若い!!!

スズキ カルタス GT i

スイフトの歴史。初代!、そして躍進した2代目!!、2代目を受け継いだ3代目!!!

初代スイフトスポーツは、2003年から2005年、HT81Sとして販売されました。
まだ20代だった私も良く見ました。黄色が似合う車だったと記憶しております。各レースシーンでやダートでの評価は、高かったと思います。しかしブランド力等の差で販売数量は、大きくなかった初代スイフトというイメージが大きいです。

躍進を果たした2代目スイフトスポーツZC31S。
2005年から2010年までの販売。スズキは、スイフトを世界戦略車として新開発いたしました。このスイフトが、国内のみならず海外にも受け入れられ、躍進したモデルでもありました。余りスズキの車を知らない人は、このスイフト(スポーツ)が初代と勘違いされている方も多いくらいスズキスイフトを知らしめた2代目でした。

2代目を踏襲してアップグレードした3代目
2011年から販売開始されている現行車です。2代目から採用されている特長的なヘッドライトとテールライト等は、踏襲され、ボディラインは、よりレーシーに洗練されました。エンジン等各部をアップグレード改良した車種です。
今回約6年の歳月を終え、新しいスイフトスポーツが開発・販売されることになりそうです。
次項では、新型スイフトスポーツを解明していきます!

初代スイフトスポーツ

 (11082)

2代目、スイフトは黄色というイメージなのかもしれません!

 (11084)

3代目は、2代目を更にアップグレードした内容に

 (11086)

約6年の歳月を迎えて、待望の新型の登場の予定!

新型スイフトスポーツのエクステリア予想

現在、新型のスイフトの発売は、始まっております。このことからエクステリアの部分は、非常に想像しやすくなりました。ただ、通常のスイフトと違い、スイフトスポーツですので、あらゆる箇所にスポーツ感が出るようなエクステリアになっていることは間違いないと感じます。私は、スイフトのアクセサリーパーツの中で、1番しっくり来るエアロを纏った感じが、スイフトスポーツの外観に近いと考えております。

新型スイフトのアクセサリーカタログから①

 (11143)

28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me