2017年2月20日 更新

コネクティビティへの理解促進と搭載車種の認知向上を強化する活動を開始

フォルクスワーゲングループジャパン公式サイトで2/7にリリースされているニュースをまとめます

コネクティビティへの理解促進と搭載車種の認知向上を強化する活動を開始

コネクティビティへの理解促進と搭載車種の認知向上を強化する活動を開始

カーライフをより便利に豊かにするモバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県 豊橋市
略称:VGJ)は、フォルクスワーゲン(以下:VW)の最新デジタル通信技術によるモバイルオンライン
サービス“Volkswagen Car-Net*1(フォルクスワーゲン カーネット)”の理解促進と同機能を採用した
モデルの認知向上を図るために、現在販売中の人気コンパクトカー「Golf Connect:ゴルフ コネクト」
シリーズを前面に打ち出した告知及び認知向上活動を、今後、全国の新聞やインターネットなどを通じて
行ってまいります。
最新のVW車は、純正ラジオ”Composition Media(コンポジション メディア)“や純正ナビゲーション付
インフォテイメントシステム”Discover Pro(ディスカバープロ)“にスマートフォンを接続したり、インター
ネット経由で簡単に“Volkswagen Car-Net“が提供する3つの機能を利用いただけます*1。“App-Connect
(アップコネクト)”は、Apple CarPlay™、Google AndroidAuto™、MirrorLink™という3つの異なる通信
プロトコルに対応することで、スマートフォンとの連携が容易になりました。“e-Remote(イーリモート)は、
PHEV専用の予約充電等の各種サービスをご利用いただけます。最新の“Guide&Inform(ガイド&イン
フォーム)”機能では、12項目の各種オンライン情報(GoogleTM Street Viewなど)が得られます。こうした
車載デジタル通信技術は、今後の電気自動車や自動運転の実現に、とても重要な役割を担う技術の
ひとつとして注目を集めています。
VGJ は現在、VW グループの「TOGETHER STRATEGY 2025」と VW 乗用車部門が掲げる「TRANSFORM
2025+」という中長期戦略に則った活動を行う中で、これからの時代のクルマに求められる「インター
ネットとの連携」を強化したモデルの導入を積極的に行っています。現在では国内販売モデルの約 9 割
が“App-Connect“機能を搭載しており、5 割以上のモデルに“App-Connect”と“Guide&Inform”の双方
が利用可能な“Discover Pro(ディスカバープロ)“を設定しています。VGJ では、今後も“Volkswagen
Car-Net“を利用できるモデルを順次、導入する予定で、2017 年の中盤には、ほぼ 100%が「つながる
クルマ=コネクテッドカ―」として、日本のお客様に、これまでにない快適なデジタルカーライフを提供
できるようになります。このように VW は、ダウンサイジングエンジンの普及に続き、クルマのデジタル化
でも「技術の民主化」をリードしてまいります。
*1 モデル、年式によって利用できるサービスが異なります。“Volkswagen Car-Net”の概要、利用可能サービス、適用車種
などの詳細については、VW ホームページ http://car-net.volkswagen.co.jp/ をご覧ください。
【“Volkswagen Car-Net”対応モデル一覧:車形別】
 ハッチバック Polo、Golf
 ステーションワゴン Golf Variant、Passat Variant
 セダン Passat
 ミニバン Golf Touran、Sharan
 SUV Tiguan
 クーペ The Beetle
 PHEV(プラグインハイブリッド) Golf GTE、Passat GTE
【告知方法】
新聞(ブロック、全国紙)、Web および YouTube、店頭での DVD による機能紹介
A vintage Volkswagen Bus si...

A vintage Volkswagen Bus sits in a parking lot in Seattle, Washington.

5 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya