2018年9月2日 更新

<動画あり>TOYOTA ハイラックスが、ブラジルからモデルチェンジ。フロントフェイスが刷新され、さらにカッコいい!

日本で再投入されたトヨタ ハイラックス。ずっと販売され続けてきたブラジルでは、フロントマスクを刷新した2019ニューバージョンが公開されました。ピックアップらしさをアップしたハイラックスを解剖!!!

<動画あり>TOYOTA ハイラックスが、ブラジルからモデルチェンジ。フロントフェイスが刷新され、さらにカッコいい!

ブラジル発トヨタ NEWハイラックス動画から

元々日本では販売中止になっていた期間でも、世界的に販売されていたトヨタハイラックス。人気も非常に高く、ミドル本格ピックアップとしての地位は高いと言えます。このモデルが、主要販売国からモデルチェンジしていくと言うのは、ある意味普通のことであると言えますね。

ブラジルのトヨタでは、新モデルの公式公開も行われ、動画も配信されております。2017年に日本でも復活したハイラックス。ゆくゆくは日本にもモデルチェンジが行われるであろう、ハイラックスを先取りで検証してみます。

Hilux - Aplique Cromado do Farol

ブラジル発トヨタ NEWハイラックスエクステリア

2019モデルでは、新デザインのフロントマスクを装備。グリルやバンパー、フォグランプ周辺のデザインが新しくなり、表情を一新していることが伺えますね。大型化されたフロントグリルには、さらに力強さを表現しているのではないでしょうか?!
 (40938)

ブラジルフェイス

 (40939)

上が、新モデル画像。下が現在日本で導入されている画像。

現行型では、乗用車の雰囲気を持ったピックアップトラックと言った印象ですが、モデルチェンジ後では、ピックアップ感をスよく打ち出したデザインに刷新されていることがわかりますね。

メッキをふんだんに使用したグリルから、ブラック基調に大きくなったグリル。ヘッドライトもボリュームアップしたデザインへ。フォグランプデザインは、際sんのもジュールを使用しながらも、ワイド感を強調するディテールに。

日本国内フェイス

 (40940)

ブラジル発トヨタ NEWハイラックスのインテリア

インテリアでは、全体的に質感をアップするようにモディファイされ、ピックアップ性能とは裏腹に乗りやすさを追求しているのではないでしょうか?

現在日本で販売されているハイラックスの内装は、海外では上級グレードとなるモデルになっておりますので、この質感の向上は、日本導入の際は、更にグレードアップさせてくるかもしれませんね。
 (40943)

ブラジル発トヨタ NEWハイラックスのパワートレイン

https://www.toyota.com.br/ (40941)

via https://www.toyota.com.br/
現在日本国内ハイラックスでのパワートレインは、直4 2400cc・2GD-FTV(ディーゼルエンジン)を搭載しております(下画像)。可変ノズル式ターボチャージャーや空冷式インタークーラー、コモンレール式燃料噴射システムなどの採用をし、150psの最高出力/40.8kgf・mトルクとなっています。

一方ブラジルでのパワートレインは、直4 2800ccのディーゼルエンジンを採用しております。177psの最高出力に45.9kgf・mトルクとなっており、出力、トルクともに日本より高性能化。

このパワートレインに関しては、日本での走行環境と日本ユーザーの2400ccでの意見が入ってきてから、2800ccの選択肢も可能性が出てくるかもしれませんね。

ブラジルでは、今回のマイナーチェンジで価格的には大幅なアップとなっているのも見逃せない情報ですね。4万円から最大で21万円くらいの価格アップとなっている模様。
 (40942)

安全装備の充実した日本モデル

ハイラックスのZグレードは「セーフティ・サポートカー」。諸外国でも特に新興国モデルから比べて安全装備は、日本モデルのほうが充実していますね。

①歩行者の飛び出しや危険をいち早くお知らせし、ぶつからないようにサポート
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポート。

②シフト操作時の急発進・急加速を抑制し、被害の軽減をサポート
シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減をサポートします。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えるように。

③後席までしっかり守る、7個のエアバッグシステム
SRSエアバッグ+SRSニーエアバッグ+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

この装備に関しては、新モデルになっても変更無く搭載されることでしょうし、現時点でこういった仕様込みでの価格となっておりますので、新モデルへと移行した場合にもエクステリアの変更等で終了する可能性も日本国内の場合は、ありえますね。その場合は、極端な価格アップにはならないことが期待できます!
 (41161)

まとめ

ハイラックスは、一度日本で販売終了となり、2017年から再登場したモデルです。実際には、海外では人気ピックアップとして170カ国で販売の実績を持つモデル。ブラジルからニューフェイスになったハイラックスが先行公開されるのもうなずけるところ!

日本へは何となく2019年はじめごろにマイナーチェンジ情報が入ってきそうな予感がします。このサイズのピックアップは、現在ハイラックスしかない日本市場。待望の再投入だけに今後トヨタもいろいろ企画してくるとyそうします!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me