2018年12月12日 更新

車中泊にオススメのグッズとは!?あったら便利な物、お教えします!

みなさんは、車中泊をしたことがありますか? 車の中で寝泊まりをすることです。 ちょっとしたアウトドアを楽しむことができるのも車中泊の魅力ですが、実際に必要な物が無ければ楽しいアウトドアが苦しいアウトドアは変わってしまう可能性があるのです。 そこで今回は、車中泊をするにあたってやるべきことや、これはあったら便利と思うグッズを紹介していきたいと思います。

車中泊にオススメのグッズとは!?あったら便利な物、お教えします!

車中泊にオススメのグッズとは!?

 (52073)

みなさんは車で1日を過ごしたことはありますか?または寝泊まりを頻繁にしたりしていますか?車で車中泊をする方は意外と少ないのではないかと思います。
しかし、遠出をした時に車中泊のできる車で出かけるととても便利なのです。
「車で家のように寝ることはあまり考えられない」と考えている方は沢山いるのではないでしょうか?実はそのイメージを覆すような車中泊のできる車が増えてきているのが事実です。
車が家の代わりになるということは素敵な夢でもあると思います。あのキャンピングカーのようにトイレやキッチンまではついていませんがそれに近いことができる車があったら一度は乗ってみたいと思うはずです。

車中泊オススメグッズ その1 「寝具」

Sleeping Bag Sleep Rest · Free photo on Pixabay (52074)

この寝床作りはとても大切で、シートを倒してリクライニングにするよりも、フラットな状態を作りその上で過ごす方が快適でオススメです。
スリーピングマットは車内の凸凹を吸収して快適な睡眠をサポートします。折りたたんで枕としても使用することができます。
また、折りたたみ傘くらいの大きさにまとめて持ち運ぶことができる高密度エアマットなども存在するので、軽量な荷物で快適に過ごす必需アイテムとしてオススメです。
また、少し大胆に車中泊をすることもできます。それは「エアーベッド」です。
アウトドアベッド North Eagle イーグルエアベッド S :675210:ナチュラム Yahoo!支店 - 通販 - Yahoo!ショッピング (52075)

軽量でパンクに強いエアーベッドは、本格的に寝ることができる安心感を与えてくれる存在とも言えます。
しかし、エアーベッド用の電動ポンプが必要になってきます。ソケットがあればすぐにエアーベッドを作ることができます。
購入する時にはセットで購入し、ベッドに関しましては折りたたみ式の商品の購入をオススメします。

車中泊オススメグッズ その2 「ライト」

Light Bulb Idea Self Employed · Free photo on Pixabay (52076)

そして、寝具以外のもう一つの必需品が「ライト」です。
なぜなら車中泊をする際はエンジンを切って行うことをオススメするからです。
冬には暖房入れながら、夏にはエアコンを入れながら過ごしたい気持ちはとても分かりますが、エンジンをつけたまま車中泊をすると危険が伴うからです。

車中泊オススメグッズ その3 「インバータ」

【楽天市場】【高評価レビュー4.6!】ランキング1位 インバーター 12V 100V シガーソケット コンセント 変換 DC AC カーインバーター 150W 車中泊 グッズ 車載用品 車載充電器 USB 2ポート 急速 カーチャージャー 車載コンセント バッテリー アダプタ インバータ 静音 カー用品 ArjanDio:Arjan楽天市場店 (52077)

車載の12Vソケットにプラグを差して、USBや100Vコンセントとしてあらゆる用途で使用できるのがインバータです。
iPhoneや携帯機器を充電したり、コンセントを使う電子機器を使用する際に役立ちます。

車中泊には危険が付きもの。しっかり対策をしましょう!

Hacker Hacking Cyber Security · Free image on Pixabay (52079)

エンジンをかけたまま車中泊をし、排気ガスを沢山吸い込んでしまい一酸化炭素中毒で死亡するケースが毎年みられているようです。
また、雪がマフラーに詰まって排気ガスが車内に入り込んでしまい、それを吸い込んでしまう危険性もあります。

また、運転席で仮眠をしながらアクセルを踏み込んでいることに気がつかずに高回転を維持したまま出火するケースもあるようです。
なので、車中泊をする際にはエンジンを切ることは必須と言えます。

また、エコノミークラス症候群という狭い空間に同じ姿勢でいると脚の血流が悪くなるような事態も起きてしまいます。
そうならないためには横になってできるだけ足を伸ばせる空間を作ることが大切です。

夏の車中泊の暑さ対策としては、身体に塗るヒンヤリする商品や小型扇風機を持つことです。また、電子機器を使用する際には「インバータ」が必要になります。
プラグに差してケータイも充電できるのでオススメです。
更に、BONFORMの専用のカーテンを使うことで暑さ対策が十分にできるようです。

まとめ

車中泊をする際には、危険性が無いかをしっかり確認し、必要なものを揃えることが大切です。そうすることで車中泊というものをとても楽しい時間に変えることができるからです。
車中泊において、寝具と電子機器が最も必要な物と言える存在です。
エアーベッドが無くても、フルフラットにできる車であれば寝袋があるだけでも快適に過ごすことができると思います。
また、日差し避けや防犯効果をもたらす「サンシェード」も車中泊にはオススメです。
価格も安く、周りを気にせず安心して車内でくつろぐことができます。

必要なグッズを揃えて、たまには車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか?
普通の旅行では得られない楽しさがあるかもしれません。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan