2017年9月6日 更新

新型N-BOX試乗インプレッション ノーマルのN-BOXも質感向上してる!

2017年8月31日にフルモデルチェンジを行ったホンダの新型N-BOXに試乗してきました。 新しくなったエクステリアデザインと、質の高い内装をチェック!そして試乗インプレッションもお届けします。

新型N-BOX試乗インプレッション ノーマルのN-BOXも質感向上してる!

新型N-BOXは超キープコンセプトのデザイン

 (14580)

新型N-BOXのノーマルは、カスタムとは違って超キープコンセプト。
先代のN-BOXと、一見どこが変わったのかわからないほどです。
 (14581)

見分けるポイントとしては、グリルのメッキパーツが下にもついているところ。
そしてヘッドライトがLEDになっており、丸型のポジションランプになっています。
ここが大きく違うところでしょう。
 (14582)

今回のフルモデルチェンジで、新型N-BOXにはホンダセンシングが全グレード標準装備(レスオプションもあり)。

新型N-BOXのホンダセンシングからは、オートマチックハイビームが加わったので、最新型のホンダセンシングが装備されていることになります。
ハイビームもLEDになっています。
 (14583)

新型N-BOXのサイドビューはまさに箱。

ただ、リアにかけては角が落とされたようなデザインになっていて、少し優しい印象になっています。
 (14584)

新型N-BOXのリアは、リアコンビネーションランプがスクエアじゃないのが新しいですね。

先代まではデザインの要素がスクエアを基調にしていたのに、新型N-BOXではところどころにあえて四角を外したデザインを入れてきている気がします。

内装はのN-BOXでも十分に質感高い!

 (14585)

続いてノーマルのN-BOXの内装をチェックしてみましょう。

デザインはN-BOXカスタムと同じですが、色合いがベージュ基調なので明るいです。
カスタムは、天井まで黒なのでやや圧迫感があります。

今回の新型N-BOXでは、Aピラーが細くなり、斜め前方の視界が改善したのがポイントです。
 (14586)

新型N-BOXのステアリングホイールは、新意匠となって質感向上しています。
革巻きではないですが、シルバーの塗装であったり、グロス塗装されたパーツであったり、凝ったデザインになっています。
見た目で安っぽくないのが良いですね。
 (14587)

ダッシュボード上部に配されたメーターの下には収納があります。

ここにはティッシュボックスがちょうど収まるサイズになっています。
 (14588)

新型N-BOXのメーターは高い位置にレイアウトされたため、ステアリングホイールの上から見える形になります。
これが意外と視認性がよく、視線移動が少なくて済みそう。

NAのノーマル新型N-BOXでもタコメーターが標準装備!
これは良いですね。

さらに特筆すべきは、カラーマルチインフォメーションディスプレイも標準装備となっています。
ホンダセンシングに標識読み取り機能があるため、カラーで標識が表示されます。

これは軽自動車の枠を超えた高級な装備だと思いました。
45 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス