2017年8月11日 更新

お盆休みは車を使って遠出しますか?アンケート集計結果!

chibicaの公式ツイッター上で、「お盆休みには車で出かけますか?」というアンケートを行いました。 その結果は意外にも…

gettyimages (13303)

お盆休みにはそもそもでかけるのか?!

chibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

参加してくれた36名の皆様、ありがとうございました!

1位は「何処へも出かけない…」

総数36票なので母数が少ないですが、なんと1位は何処へも出かけないと言う人が多かったようです。

たしかにお盆には各高速道路も帰省ラッシュなどで大渋滞しますからね。
あえてその時期に出かけて渋滞にハマらなくても…という考えの人が意外と多いのでしょうか。

そもそもお盆関係なくお仕事の方もいらっしゃるでしょうしね。
お盆もお仕事の方は本当にお疲れ様です。

2位は「渋滞覚悟で車で出かける!」

渋滞するとわかっていても、「避けられない戦いがそこにある!」という方もいらっしゃるでしょう^^;

家族を連れての帰省や、家族サービス、まとまった休みが普段取れない方は、愛車を駆ってドライブへも行くかもしれません。
たとえ渋滞するとわかっていても、家族がいる場合は深夜や早朝に出れないご家庭もあるかもしれませんしね。

渋滞中の眠気や尿意に関する記事も、chibicaでは投稿していますので、それも参考になさってくださいね。

3位は、「渋滞を避けて深夜に来るまで遠出する!」

3位は、渋滞を避けて深夜に出発するという人が22%となりました。

私もこのパターンですね。
お盆期間は夜の12時位だとまだ混んでいて、深夜も2時や3時にならないと車の数が減りません。
また、早朝も5時を過ぎると今度は朝の出発組で混み始めてしまうので、2〜4時の間に出発するのがベストかもしれません。

ただ、深夜の出発は眠気も伴いますので眠くなったら早めの休憩で仮眠を取るようにしてくださいね!

どうしても止まれない時には、眠気覚ましアイテムを常備しておくといいかもです!

4位は「電車や飛行機など公共交通機関で移動する」

意外にも最下位となったのは「公共交通機関」。
新幹線なども乗車率100%を超えるシーズンですが、chibicaフォロワーさんは、やっぱり車好きなので車で移動される方が多いということでしょうか^^


アンケート集計結果では、「何処へも出かけない」という人が多かったですが、お盆シーズンにドライブされる方は、普段よりも十分気をつけて運転されてくださいね。

連休期間は、普段車を運転しないサンデードライバーや、免許取りたての学生さんのレンタカーなども増えます。
そうした運転に不慣れなドライバーは、思わぬ挙動をすることもありますので、普段より車間距離を取った運転を心がけましょう。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部