2019年8月12日 更新

アウディ A1 シティカーバーを発表、地上高アップでSUVに!

アウディからコンパクトサイズのA1モデルで、最低地上高を40㎜程アップさせたシティカーバーが発表されました。同モデルは、本国では秋に納車がスタートしそうです。エクステリアや内装等をご紹介します。

アウディ A1 シティカーバーを発表、地上高アップでSUVに!

アウディ A1 シティカーバーのエクステリア等

エクステリアでは、頑丈でオフロードな雰囲気になるように仕上げています。大きい八角形のシングルフレームが、アウディQモデルを彷彿とさせますね。強くディテールされたハニカムインサートは、つや消しブラック塗装です。グリル上部の2つの特徴的なエアスリットは、A1 スポーツバックと違うデザインを採用しています。

同モデルは、オフロード性能をポイントにして、ステンレススチール製のアンダーボディプロテクションが装着されています。ホイールアーチと専用設計されたサイドシルには、対比カラーとなるアドオンパーツを採用しています。新設計されたリアバンパーは、フロントエンドの堅牢な印象とシンクロしていますね。
https://www.netcarshow.com/ (64253)

via https://www.netcarshow.com/
4.040mm(13.3フィート)の全長を持つアウディ A1 シティカーバーは、技術とデザインのベースとして、A1 スポーツバックを採用しています。強力で引き締まったスポーティーなボディラインを特徴としながら、約40㎜(1.5インチ)の地上高アップに仕上げています。

車高アップによって、視界入力が簡単になり、さらに見やすくなります。より高い乗車高を持つ新しいサスペンションは、35ミリメートル全長を長くしています。さらに16インチホイールを装着することで最低地上高を上げています。

アウディ A1 シティーカーバーに採用されたエクステリアカラーは、9カラーとなっています。アウディは、ミトスブラックメタリック、マンハッタングレーメタリックのいずれかで対照的なツートンルーフカラー仕上げにもしています。ブラックスタイリングパッケージでは、ボディ下部のアタッチメントを濃いグレーとステンレススチール塗装仕上げとなっています。
https://www.netcarshow.com/ (64254)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューから見ると、同モデルの車高が、通常のA1スポーツバックよりも地上高が大分上がっている印象ですね。また、SUVの印象を強調していくために、バンパー下部のディフェーザーもステンレスカラーになっています。全体的にSUVらしい押し出し感の強いリアディテールではないでしょうか。
https://www.netcarshow.com/ (64255)

via https://www.netcarshow.com/

アウディ A1シティカーバーの内装等

内装では、デザインとドライブコントロールパネルが、完全な共生関係になるように仕上げられています。デジタルインストルメントクラスターは、エアベントを両サイドに抱えるコンパクトなユニットです。エアベント、センターコンソール、ドアは、ミント、銅、オレンジ、シルバーグレーのアクセントで表現されています。Sラインモデルは、グレーカラーに仕上げています。

ベースモデルのインテリア構成に加えて、3つの内装グレードがあります。アドバンスト、デザインセレクション、そしてSラインです。Sラインでは、布/合成皮革またはAlcantara/合成皮革のシートカバーの選択が可能です。インテリアデザインの選択の中には、アンビエント照明パッケージもチョイスできます。

アウディA1 シティカーバーは、広い内部と335リットル(12.5立方フィート)のラゲッジスペースが有ります。このラゲッジスペースは、A1 スポーツバック譲りでもあります。ダイナミックウインカー付きフルLEDヘッドライトや、標準装備、オプション装備についても、A1 スポーツバックと同様の構成になっています。

A1 シティーカーバーでは、ホイールサイズが16インチから始まって、更に大きいホイールの選択や、Sラインでは、ルーフエッジスポイラーなどもチョイスできます。

アダプティブクルーズコントロールやパークアシストを含むアシストシステムは、一部グレードでオプション搭載が可能です。アウディプリセンスフロント(歩行者検知およびサイクリスト検知)および車線逸脱警報は、全モデル標準装備です。
https://www.netcarshow.com/ (64256)

via https://www.netcarshow.com/
アウディ A1 シティカーバーは、魅力的なインフォテインメントコンポーネントと多様な接続性能で、若いドライバーにとっては楽しい車に仕上がっています。AudiバーチャルコックピットとMMIナビゲーションに加えて、フルデジタルのインストルメントクラスターが標準装備されています。

ドライバーは、10.1インチのタッチディスプレイや、音声制御を介して最先端のインフォテインメントシステムを制御します。ナビゲーションの目的地は、フリーテキスト検索で素早く表示できます。地図やナビゲーションサービスプロバイダは、広域の交通状況を考慮してオンラインで経路を計算してくれるシステムです。

同社は、Google Earthでのナビゲーション、オンラインでの交通情報、駐車情報、ハイブリッドラジオ、MMIナビゲーションプラスに含まれているアウディコネクトナビゲーション&インフォテインメントを備えたモバイルデバイス向けのWi-Fiホットスポットなどの追加機能を提供しています。

アウディ電話ボックスでは、完全に車とスマートフォンを統合します。Bang&Olufsen 3Dプレミアムサウンドシステムは、560ワット仕様です。
https://www.netcarshow.com/ (64260)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

アウディ A1 シティーカーバーは、本国では2019年8月に発注することができて、2019年秋にヨーロッパのディーラーから納車されるとのことです。販売開始時に、アウディでは、18インチホイールが付いて、エクステリアカラーには、アローグレーまたはパルスオレンジが採用されたエディション1も登場させるとのことです。

現時点で、秋に本国での納車がスタートするということですので、日本への導入は、年末以降になって来るのではないでしょうか。ちょっと雰囲気の違うA1モデルの登場が楽しみです。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me