2018年2月21日 更新

ダイハツ テリオスが、インドネシアでは販売中。馴染みある日本名テリオスを調査!

日本でかつてダイハツが販売していたテリオス。インドネシアで名前が継承され、形を大きく変えて販売しているようです。そして2017年11月にモデルチェンジもされております。このテリオス(インドネシアバージョン)を考察していきます!

ダイハツ テリオスが、インドネシアでは販売中。馴染みある日本名テリオスを調査!

インドネシアのダイハツ テリオスって?

日本でテリオスといえば、小型の都市型SUVというのがおなじみと感じます。
そしてテリオスキッド(軽自動車)のほうが、知名度があったかもしれません。

ダイハツでは、日本国内でテリオスの販売が終了していましたが、インドネシア(オセアニア方面)を中心に、テリオスという名称を残して販売しております。

日本では、ダイハツビーゴという名称、トヨタでは、ラッシュという名称ですが、インドネシアでは、テリオスという名称で販売されていました。日本国内でもビーゴ・ラッシュの販売はすでに2016年に終了しました。

日本国内では販売終了しても、インドネシアでは販売が継続され、2017年11月にフルモデルチェンジして新型テリオスが登場しました。

このインドネシアで販売されている新型テリオスを分析してみたいと思います!

インドネシアのダイハツ テリオスのエクステリア

インドネシアでは、「もっと乗れて、もっと積める!」というクルマが求められているようです。そしてデザインは、新しく格好良いものが良い!というのが要望であるとダイハツでも発表しています。

今回そんな現地の要望に応えるべく、新型テリオスが誕生したと言えますね!
小型ながら7人乗りのSUVの登場です。

新型テリオスのフロントビューは、キリッと細く切れ長なヘッドライトに大きめなグリルが印象的であります。
今回のコンセプトである「ダイナミック&ハイクオリティ」のダイナミックな部分が、反映されているでしょう。

 (23862)

サイドビューでは、ショートノーズデザインであることがわかります。SUVらしいフォルムが印象的。7人乗りということもあり、ロングホイールベースになっており、ステップ下部のメッキプレートがさらにSUVらしさを強調していますね!
 (23863)

リアでは、まずテールランプがLEDとなっているようです。スッキリした雰囲気のテールランプであると感じます。
http://daihatsu.co.id/ (23864)

via http://daihatsu.co.id/

インドネシアのダイハツ テリオスのインテリア

非常にスッキリとした印象のダイハツ新型テリオスのインテリアデザインです。
オーディオ関連は、2DINのDVD&USB接続になっている模様。

スッキリした中でもシックになるようブラック基調にホワイトのカラーリングとしていますね。
http://daihatsu.co.id/ (23865)

via http://daihatsu.co.id/

インドネシアのダイハツ テリオスのパワートレーン

ダイハツ新型テリオスは、1500㏄2NR-VEエンジンを採用しています。
デュアルVVT-i搭載で、104psの最高出力を発生。これに組み合わされるミッションは、5速マニュアルに4速オートマとなっております。そしてFR駆動!

今回新プラットフォームを採用したことで、全長×全幅×全高(㎜)=4.435×1.695×1.705(㎜)というコンパクトボディながら、1列目と2列目を450㎜延長でき、荷室も150㎜延長することに成功しているようです。現地でニーズの高いガロンボトルを4本収納できる点も魅力!

安全装備としては、デラックスグレードでは車両安定制御(VSC)、ヒルスタートアシストが装備されています。





まとめ

インドネシアでのダイハツテリオス価格は、Rp239,9 - Rp261,3百万円となっています。日本円にすると300万円から335万円くらいとなっているようです。

日本では珍しくなったFRレイアウトのSUVが、インドネシアで走っています。筆者は、サイズ的にも駆動的にも非常に面白そうなSUVであると感じます。今回のテリオスは、トヨタにOEM供給されるとのこと。

日本でも人気の出そうなデザインですし、価格的のもお手ごろになってくるのではと感じます。月間1500台を目標に販売するとのことですが、日本への逆輸入も面白いと思いました!

17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me