2017年8月31日 更新

トヨタ新型ハリアーマイナーチェンジの画像流出まとめ!納期は2ヶ月程度かかる見通し

2017年6月8日にマイナーチェンジの発売日を迎えるトヨタの新型ハリアーの画像がネット上に流出しています。 chibicaでは今までハリアーの情報を複数回に渡って掲載してきましたので、そのリンクをまとめました。

トヨタ新型ハリアーマイナーチェンジの画像流出まとめ!納期は2ヶ月程度かかる見通し

エクステリアの画像がついに流出

発売直前となった新型ハリアーですが、各ディーラーなどへの配車が始まっている模様で、そろそろ目にできる機会も増えてきそうです。

某巨大掲示板を始め、いろいろなところで画像が出回り始めています。
 (9410)

流出した画像を見てみると、新しいハリアーのエクステリアのイメージがわかると思います。

大きな変更はありませんが、バンパーサイドに縦に入るスリットはデイタイムランニングライトになっており、それとは別に小型のLEDフォグランプも備わります。
ヘッドライトは、アイライン調にポジションランプが光ります。


フロントグリルはマイナーチェンジ前のイメージを踏襲していますが、ターボモデルだけはメッシュパターンのグリルになります。
 (9411)

新型ハリアーのエクステリアは、リアも大きな変更はありません。

リアコンビネーションランプが左右が繋がったように見える意匠になっています。
ターボモデルには、専用のマフラーが左右に出る形になるので差別化されます。

新型ハリアーの価格は294.9万円から

chibicaでもハリアーの記事は何度も掲載されて人気コンテンツとなっています。

今まで投稿された記事をご紹介します。
新型ハリアーの価格情報や、グレードごとの装備についても、上記記事でまとまっていますので、よかったらご覧になってください。

新型ハリアーの発売日は2017年6月8日

ついに発売間近となったハリアーのマイナーチェンジですが、情報を事前に入手している人はすでに商談と契約を済ませ予約発注をしています。

すでに納期も伸びつつあるようで、2017年6月初旬現在でも7月末以降の納期となっているようで、2ヶ月程度の納車待ちとなりそうですが、正式に発表された後はさらに伸びる可能性もあります。


気になる方は、グレードとパワートレインを決めて、お早めにトヨペット店へどうぞ。

19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部