2018年2月26日 更新

【マツダ】新型アテンザ(Mazda6)ワゴンモデルをジュネーブモーターショーで世界初公開!気になるマイナーチェンジ内容について比較します!

2018年3月に行われるジュネーブモーターショーにて、マツダは海外で販売しているワゴンモデルの車両であるMazda6のマイナーチェンジモデルを世界初公開することを発表しました!今回は、この新型Mazda6(日本車名アテンザ)と現行モデルの比較をおさらいしてみたいと思います!

【マツダ】新型アテンザ(Mazda6)ワゴンモデルをジュネーブモーターショーで世界初公開!気になるマイナーチェンジ内容について比較します!

新型アテンザワゴンがジュネーブモーターショーに登場!

【MAZDA】マツダ、ジュネーブモーターショーで商品改良した「Mazda6」ワゴンを世界初公開|ニュースリリース (23638)

マツダは3月に行われるジュネーブモーターショーにて、日本でアテンザとして発売しているMazda6ワゴンのマイナーチェンジ後の新型モデルを世界初公開することを発表しました!

2017年に行われたロサンゼルスオートショーにて世界初公開されたあのアテンザセダンのワゴンタイプになります。

これまでチビカでも、このアテンザに関して様々な情報をお伝えしてまいりました!
上の記事はマイナーチェンジではなく、2019年頃に行われるのではないかとされるフルモデルチェンジをメインにご紹介しておりますが、フルモデルチェンジ、マイナーチェンジ問わずアテンザの今後について知り得る情報をお伝えしつつも、自身で予想をしておりました。

そんなアテンザのワゴンモデルが世界初登場するとのことですので、日本でマイナーチェンジ後の新型アテンザがお披露目されるまでもう間も無くといった状況ではないでしょうか?

今回は、そんな2018年夏頃にかけて登場が期待されている新型アテンザについて、新型車両と現行車の比較をメインにご紹介していきたいと思います!

新型アテンザのエクステリア

【MAZDA】マツダ、ジュネーブモーターショーで商品改良した「Mazda6」ワゴンを世界初公開|ニュースリリース (23645)

早速新旧比較を行いたいと思いますが、まずは先ほども登場した新型アテンザワゴンのエクステリアからみていきましょう!

マツダが紹介するには、エクステリア・インテリアともにより上質なものへ『深化』されているとのこと。

【MAZDA】アテンザ エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (23647)

こちらが現行モデルのエクステリアですが、分かりやすいところをご紹介すると、フロントグリルの形状変更に解放部が拡大しているようにも感じられます。

また、公開された写真では分かりにくいですが、アルミのデザインも現在の雰囲気が近いものの新たなデザインへ変更されているように感じます。
【MAZDA】アテンザ エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (23650)

残念なことに、リアルックの画像がまだ公開されていないため比較ができませんが、公開され次第またご紹介できればと思っております!

ちなみに、下のセダンは2017年に公開された新型アテンザセダンのフロントビューですので、参考までにご確認ください!
2018 Mazda 6 Turbocharged Sports Sedan – Mid Size Cars | Mazda USA (23644)

新型アテンザのインテリア

 (23652)

続きましてインテリアに関してですが、インテリアに関してはこれまでご紹介した新型アテンザセダンと同様と思って問題ないでしょう。

上記の画像も、新型アテンザセダンのものとなっておりますが、日本の伝統木材「栓木」を用いた上質なインテリアには、和の落ち着きが上品さを高めているように感じさせます。
【MAZDA】アテンザ インテリア - フラッグシップにふさわしい上質な内装空間 (23654)

特に、メーター系統や吹き出し口のデザインなどがよりシンプルにまとめられていることもポイントとなりそうです!

新型アテンザのパワートレーンなどは?

【MAZDA】アテンザ 走行性能 - 意のままの走り、マツダの「人馬一体」 (23658)

新型アテンザで最も注目されているのが、気筒休止を採用した新たなガソリンエンジンではないでしょうか?

このエンジンなどを含めたパワートレーンについては、冒頭にあるリンクにて詳しくご紹介しておりますので、ここでの詳細説明は控えておきますが、2.5L直噴ガソリンターボエンジンの「SKYAVTIV-G2.5T」は、なんと4L自然吸気エンジン並みのトルクを発生することから、力強い走りが期待できそうです。

また、上記でご紹介している気筒休止もありますので、定速走行時などパワーを必要としない状況で燃費を稼げるNAとハイパワーで力強い走りを体感できるターボエンジンで悩むこととなりそうですね!

ちなみに、気筒休止による燃費の変化は微々たるものかもしれませんが、マツダが採用しているWLTC燃費表記においては、一部走行シーンにおいて優秀な燃費を記録することが期待できるかもしれません。

新型アテンザの価格は?

【MAZDA】アテンザ 走行性能 - 意のままの走り、マツダの「人馬一体」 (23680)

今回ご紹介した内容以外にも、安全技術のアップデートなど様々な進化が期待されるアテンザのマイナーチェンジですが、気になる価格はどう変化するのでしょうか?

現在、アテンザセダン・ワゴン共に価格が2,797,200~4,001,400円となっておりますが、この価格は変更内容やここ最近のマツダのマイナーチェンジ車両の価格変化を見る限り据え置き、またはあっても若干程度の値上げとなりそうです。

アテンザワゴンに関しては、マツダの現ラインナップで唯一のステーションワゴンとなっておりますので、ワゴンを愛するマツダファンとしてはできる限り手の届く1台出会って欲しいところだと思います。

アテンザは、マツダのラインナップの中で最上級に位置するセダン、またはワゴンと言った車両となっておりますので、価格を抑えた素晴らしいワゴン車となることを期待して待ちたいところです。

今回は、ジュネーブモーターショーにて公開となるマツダアテンザワゴンを中心にご紹介しましたが、2019年頃にかけてはアテンザのフルモデルチェンジも予想されております。

フルモデルチェンジの際には、マツダファンならず、自動車ファンの多くが期待するスカイアクティブXも登場する可能性が高いですので、マイナーチェンジ後もアテンザには注目が集まりそうです!
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき