2018年3月1日 更新

マツダCX-5の進化が止まらない!マイナーチェンジでさらに魅力が向上!

2月8日、マツダは商品改良を行ったクロスオーバーSUV「CX-5」の予約を開始、3月8日に発売することを発表しました。今回の商品改良ではエンジン、内装、そして安全装備を進化させています。それではどのような進化を遂げたのかを見てみましょう。

マツダCX-5の進化が止まらない!マイナーチェンジでさらに魅力が向上!

CX-5商品改良の概要

【MAZDA】「マツダ CX-5」を商品改良|ニュースリリース (23275)

今回の商品改良では、発売直後の新型「CX-8」にも搭載している進化したクリーンディーゼルエンジンを早くも搭載。加えて、新技術を採用したガソリンエンジンも搭載するなど、進化した最新のSKYACTIVエンジンを全面展開します。

クリーンディーゼルエンジンの改良内容

 (23277)

SKYACTIV-D 2.2の新しい燃焼(急速多段燃焼)
クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」には、「急速多段燃焼」、「段付きエッグシェイプピストン」、「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」、そして「可変ジオメトリーターボチャージャー」などの新技術を採用することで実用燃費や走行性能を向上させ、最高出力を従来の129kWから140kWに、最大トルクを420N・mから450N・mに向上させました。

ガソリンエンジンの改良内容

【MAZDA】理想のエンジンへの飽くなき探求|Be a driver. (23280)

SKYACTIV-G 2.5の気筒休止エンジン

マツダ新技術「気筒休止システム」 -SKYACTIV-Gの進化-

ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」に、「エッジカットピストン」や「低抵抗ピストン」、そして「新ノズル付き拡散インジェクター」などの新技術を採用。

さらに「SKYACTIV-G 2.5」には、一定速度での巡航時などエンジン負荷が低い場合に、4気筒のうち2気筒を休止させ、必要以上の燃焼を抑えて実用燃費の向上に貢献する「気筒休止」技術をマツダとして初めて採用したことが注目されます。

全車種のWLTCモード燃費を提示

そして、3種のエンジンからなる「CX-5」全車種のWLTCモード燃費を公表したことで、複数のエンジンの性格が鮮明になり、車種選択時の重要な目安になるはずです。
 (23297)

WLTCモード燃費の一例

【20S SKYACTIV-G 2.0 2WD】 

JC08モード燃費:16.0㎞/L
WLTCモード燃費:14.6㎞/L
市街地 モード(WLTC-L):11.9㎞/L
郊外 モード(WLTC-M):15.0㎞/L
高速道路 モード(WLTC-H):16.2㎞/L

【25S L Package  SKYACTIV-G 2.5 2WD】

JC08モード燃費:14.8㎞/L
WLTCモード燃費:13.8㎞/L
市街地 モード(WLTC-L):10.8㎞/L
郊外 モード(WLTC-M):14.3㎞/L
高速道路 モード(WLTC-H):15.7㎞/L

【XD SKYACTIV-D 2.2 2WD】

JC08モード燃費:19.0㎞/L
WLTCモード燃費:17.4㎞/L
市街地 モード(WLTC-L):13.9㎞/L
郊外 モード(WLTC-M):17.6㎞/L
高速道路 モード(WLTC-H):19.6㎞/L

その他の改良点

【MAZDA】CX-5 安全性能 - サポカーS・ワイドに該当する先進安全技術を全車標準装備 (23295)

360°ビュー・モニター
【MAZDA】CX-5 機能性 - 実用的なラゲッジルーム、使い勝手のよい多彩なアイテム (23291)

   パワーリフトゲート
4つのカメラ映像を走行状況に応じて切り替えてセンターディスプレイに表示する「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションで設定。また、パワーリフトゲートのメーカーセットオプション設定グレードを拡大。さらに、車速感応式オートドアロックを全グレードに標準装備し、マツダコネクトの機能進化や、「自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付」を採用した、インテリアの機能と質感の向上などを行っています。

まとめ

マイナーチェンジやフルモデルチェンジのタイミングまで待たず、新技術を次々と導入するマツダ。2017年2月2日に発売された「CX-5」においても、発売からわずか半年の8月に、安全装備の「i-ACTIVSENCE」の標準装備化を行っています。

そして、今回へたなマイナーチェンジよりも多くの改良を、「商品改良」という言葉ですませたマツダ。いいものはより早くという、その心意気に感服します。そして、今度はどんな改良を行うのかが注目されますね。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン