2018年11月12日 更新

トヨタが「ポルテ」と「スペイド」に特別仕様車を設定

トヨタは、ポルテに特別仕様車 F“Raffine”、スペイドに特別仕様車 F“Noblecollection”を設定し、ポルテはトヨタ店とトヨペット店、スペイドはトヨタカローラ店とネッツ店を通じて、11月5日に発売を開始しました。

トヨタが「ポルテ」と「スペイド」に特別仕様車を設定

名称も一新した特別仕様車シリーズ

ポルテ特別仕様車 F“Raffine”

ポルテ特別仕様車 F“Raffine”

スペイド特別仕様車F“Noblecollection

スペイド特別仕様車F“Noblecollection

ポルテとスペイドの特別仕様車は毎年投入されており、2015年7月にはF“a la mode Deux(ア・ラ・モード・ドゥ)”と、F“Queen(クィーン)”、2016年7月はF“a la mode Trois(ア・ラ・モード・トロワ)”とF“Queen (クィーン)Ⅱ”、2017年12月には F“a la mode Brun(ア・ラ・モード・ブラン)”ならびにF“Queen(クィーン)Ⅲ”が設定されています。

毎回同じ名称が使われ、Ⅰ~Ⅲまできましたが、今回は名称も新しくなりポルテが F“Raffine(ラフィネ)”、スペイドは F“Noblecollection(ノーブルコレクション)”となりました。

上質感を高めた内外装

ポルテ特別仕様車 F“Raffine”

ポルテ特別仕様車 F“Raffine”

スペイド特別仕様車F“Noblecollection”

スペイド特別仕様車F“Noblecollection”

今回の特別仕様車は、充実した装備を備えた「F」をベースにさらに、革調シボ付ルーフフィルム、本革巻きのステアリングホイールおよびシフトレバーノブ、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートを採用して高級感を演出。さらに、インストルメントパネルなどの主要な内装パーツ色をブラックに統一するとともに、室内側のドアハンドルなど、内外装の各所にメッキ加飾を施すなど、上質感を高めた仕様となっています。
 (50186)

 (50187)

また、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプとコンライト(ライト自動点灯・消灯システム、ランプオートカットシステム) の「HIDパッケージ」、スーパーUVカット+IRとウインドシールドグリーンガラスなどの「スーパーUVカットパッケージ」を特別装備し、利便性や快適性を向上させています。

ボディカラーは、特別設定色ブロンズマイカメタリックを含む5色をポルテとスペイドそれぞれに設定し、新採用のルーフフィルムとの組み合わせでツートーンのカラーリングを楽しめ、ユーザーにとっての特別な一台をさらに引き立てています。

上級グレード「G」とも比較したい

ポルテ特別仕様車 F“Raffine”

ポルテ特別仕様車 F“Raffine”

スペイド特別仕様車F“Noblecollection”

スペイド特別仕様車F“Noblecollection”

ベースグレードの「F」2WD車の価格が1,879,200円なので、今回の特別仕様車 F“ラフィネ”、F“ノーブルコレクション”の1,979,640円は115,560円アップとなります。これをお得と感じるか、特別仕様車とほぼ同じ価格となる「F」の上位グレード「G」の1,977,480円と比べることが必要となりそうです。ちなみに、「G」には快適温熱シートなど、特別仕様車にはない装備も備わっています。

メーカー希望小売価格

・ポルテ特別仕様車 F“Raffine(ラフィネ)”2WD:1,979,640円
・ポルテ特別仕様車 F“Raffine(ラフィネ)”4WD:2,130,840円
・スペイド特別仕様車F“Noblecollection(ノーブルコレクション)”2WD:1,979,640円
・スペイド特別仕様車F“Noblecollection(ノーブルコレクション)”4WD:2,130,840円

まとめ

ポルテとスペイドは、子育てママも年配の方も、そして小さなお子さんも、乗り降りが楽な大きく開く助手席側電動スライドドアを設定した唯一の乗用車という、個性的な機能を持つユニバーサルデザインの車種ですが、現在トヨタのコンパクトカーラインナップにおいて、販売が非常にきびしい状況に置かれています。10月の販売ランキング50位までにも入っていないので、月販数百台程度とみられます。

それは、軽トールワゴンの台頭に始まり、ルーミー/タンクというモアスペース系のコンパクトカーの登場により決定的なものとなっています。今回のような特別仕様を連発して起死回生を図っているものの、はたしてユーザーの関心を引く決め手になるのでしょうか。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン