2018年4月19日 更新

発表目前、新型インサイトの姿が明らかになった

ニューヨークオートショー2018でワールドプレミアされる、新型「インサイト」市販モデルの公式画像と情報が、米国ホンダから発表されました。シビックセダンとアコードの中間に位置するモデルとなり、北米市場での発売は2018年夏とされています。

発表目前、新型インサイトの姿が明らかになった

インサイト復活!

All-New 2019 Honda Insight – The Refined Hybrid Car | Honda (26675)

「インサイト」復活のニュースです。前モデルのインサイトは、そのデビュー当時、当時破竹の勢いだったトヨタの「プリウス」に唯一対抗できる「プリウスキラー」として登場。一時は「プリウス」を凌ぐ販売台数を記録しましたが、その後ハイブリッドシステムの性能が向上されず、新しくなったプリウスに燃費も商品力でも差をつけられて販売が低迷。

そして、2014年にフルモデルチェンジされることなくついに消滅しています。その「インサイト」が復活するとなれば興味を持たずにはいられませんが、今度の「インサイト」は北米中心のモデルで、車格も大きく立派になったシビックセダン以上とのこと。いったいどんな車になったのでしょう。そして気になる日本市場への導入はあるのでしょうか?

新しいインサイトは6ライトの4ドアクーペ

All-New 2019 Honda Insight – The Refined Hybrid Car | Honda (26677)

新型「インサイト」市販モデルのエクステリアデザインは、すでにデトロイトショー2018で公開されたものとほぼ変わらず、フライングウィンググリルやシャープでダイナミックなキャラクターラインと、4ドアセダンながらもクーペスタイルを採用、後方にいくにしたがって下がるルーフラインと6ライトのウインドウによるシルエットは、アコードや、プラットフォームやサスペンション形式が共通となる新型シビックと同じデザインテイストであり、最新トレンドであるとともに、後席の頭上空間を犠牲にせず、空力特性を向上させるデザインとなっています。

ハイブリッドシステムは2つのモーター+1.5Lエンジン

All-New 2019 Honda Insight – The Refined Hybrid Car | Honda (26680)

そして、ハイブリッドシステムは、リチウムイオンバッテリーを採用したよりコンパクトな1.5Lアトキンソンサイクルエンジンに2個のモーターを組合せたもので、システム合計出力は151hp、トルクは267Nm。軽量化したことでクラストップのパワーウェイトレシオとされてます。また、注目される燃費性能は、米国EPA燃費(日本で採用されるWLTCに近いもの)で、市街地モードで55-MPG(23.4km/L)となり、同じく北米仕様のプリウスを上回るとされています。

さらに安全性能としては、レーンキープアシスト、車線逸脱防止、低速追従機能付ACC、標識認識などの運転者支援システムを標準装備し、上級グレードの「EX」ではさらに、助手席側のドアミラーに設置したカメラにより斜め後方のクルマを表示する「ホンダ・レーンウォッチ」や、マルチアングルカメラ(マルチビューカメラ)を備えています。

アコード、シビックセダン、そしてインサイト・・・

アコード米国仕様

アコード米国仕様

インサイトの車格はシビックセダンとアコードの間とされていますが、プラットフォームはシビックセダンと同じで、パワーユニットは独自の構成ということで、メカニカルな面では3車とも個性ある内容です。
画像を見比べる限りはこの3車、違いがすぐにはわからないくらい、類似したデザインなのがお気づきでしょう。これが現在のベストなセダンのデザインという事なのでしょうが、もう少し個性があってもと思います。
特に「インサイト」は、燃費でプリウスを上回るとされていることからも、低燃費車としての優越感を与えてくれるようなアピールポイントがあっても良かったのではないかとも思います。

まとめ

 (26687)

その名前が復活することは感無量ですが、時代はあの時と大きく変わっており、今回の「インサイト」はシビックの上位クラスのセダンとしてのポジションが与えられ、低燃費性能を武器にプリウス以上の販売台数を売りぬく、という役割は持たされていません。

特に、日本市場への導入を望む声もありますが、シビックセダンでさえ高額なセダンであるのに、さらに上級セダンとなるインサイトは、日本市場に向いているのかというと、シビックセダンとの違いがわかりずらいデザインであることや価格もさらに割高になることも含めて、疑問のほうが大きいのです。

今後のインサイトの成り行きに注目です。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン