2017年7月22日 更新

新型グレイスが2017年7月7日にマイナーチェンジ!気になる変更点とアクシオとの比較結果とは?

ホンダのハイブリットセダンである、グレイスが2017年7月にマイナーチェンジとなりました。今回のマイナーチェンジで変更となった点や、競合者であるカローラアクシオとの徹底比較を紹介します!

新型グレイスが2017年7月7日にマイナーチェンジ!気になる変更点とアクシオとの比較結果とは?

新型グレイスが2017年7月にマイナーチェンジ!気になる変更点をポイント毎にご紹介!

デザイン・カラー|スタイリング|グレイス|Honda (12327)

ホンダのハイブリットセダンの印象が強いグレイスですが、ガソリン、ハイブリットともに高い運動性能と燃費で実用性に優れた車両となっています。

実際に使用しているユーザーからもその評価は上々で、唯一の欠点として従来型では安全装置面での充実が求められていました。

そんなグレイスが2017年7月に待望のマイナーチェンジとなり、新たにホンダセンシングを搭載したニューモデルとなって進化しました。

ここでは期待の新型グレイスについてエクステリア、インテリア、走行面といった3つのポイントの注目の変更点をご紹介したいと思います!

エクステリア

デザイン・カラー|スタイリング|グレイス|Honda (12330)

今回のマイナーチェンジによって新型グレイスは以下の点が進化、改良されました。

・フロントグリルやインラインタイプのLEDヘッドライト(一部グレード)の変更や採用
・バンパー形状の改良
・新色のブリリアントスポーティブルー・メタリックとルナシルバーメタリックを追加し、全7色展開へ

以上がエクステリアの主な変更点です。

中でもグレイスのコンセプトである『スポーティーさ』を意識したフロント周りによって、さらにホンダらしくかっこいい、現代に適したスマートな装いに進化しているように感じます。

ボディーカラーについては、上記画像のブリリアントスポーティブルー・メタリックを含む2色が追加され、さらに豊富な選択肢から車両を選択できるようになっています。
デザイン・カラー|スタイリング|グレイス|Honda (12333)

全ボディーカラーについては、以下の全7色展開となっています!

・ホワイトオーキッドパール(オプション)
・ルナシルバーメタリック(新色)
・クリスタルブラックパール
・ルーセブラックメタリック(オプション)
・ミッドナイトブルービームメタリック(オプション)
・ブリリアントスポーティブルーメタリック(新色)
・プレミアムクリスタルレッドメタリック(オプション)

プレミアムクリスタルレッドメタリックのみ54,000円(消費税8%込み)のオプション色となり、その他オプション色は32,400円(消費税8%込み)となっています!

インテリア

デザイン・カラー|インテリア|グレイス|Honda (12335)

今回のマイナーチェンジによって、新型グレイスで変更となったインテリアについては主に以下の2点となります。

・シート表皮の一新
・マップランプやルームランプのLED化

これによってさらに上質で使い勝手の良い室内空間へと進化!

さらに快適装置に関しては、Apple CarPlayに対応しており、さらに使い勝手の良いHonda インターナビなどを設定し、全体的に快適さが向上しています。

スポーツテイストのセダンである新型グレイスですが、セダンに必要な使い勝手にも優れた、上質な車両へと進化しているようです。

走行面

走行性能|性能・安全|グレイス|Honda (12338)

今回の新型グレイスへのマイナーチェンジで最も注目となるのが、この走行面でしょう!

早速注目の変更点ですが、

・SPORT HYBRIDは34.8km/L(JC08モード)へと燃費の向上
・ホンダの先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGの採用
・新搭載となるオートハイビームの採用

以上の3点が注目の変更点です。
燃費・環境性能|性能・安全|グレイス|Honda (12341)

まず燃費に関してですが、エンジン自体の改良やセッティングの最適化、ボディーにおける燃費向上への改良などによって、さらに低燃費へと進化を遂げています。

ハイブリットにおいて、燃費の良さは最大のポイントと言えるので、本来の走行性能にさらにプラスする形で今回燃費もバージョンアップしているようですね。

今回最大と言える、ホンダセンシングの搭載ですが、これによって安全装置に意識の高いユーザーにとっても安心して購入できる車両へと進化しています。
予防安全性能|性能・安全|グレイス|Honda (12342)

ホンダセンシングは有名どころでいえば、スバルのアイサイトと同じように、衝突回避、軽減装置や、高速での自動追従や車線維持といったACC機能を備えた予防安全装置となっています。

最近は安全にプラスして、運転の負担を減らす運転サポートとしても注目度が高いですので、この進化が今後の新型グレイスの人気に一役買うことは間違い無いでしょう!

さらに今回は専用カメラによる、ハイビームの自動切り替えを実現したオートハイビームも採用されているので、自分も相手にも優しい車になっています。

新型グレイスと競合者のカローラーアクシオを徹底比較!

走行性能|性能・安全|グレイス|Honda (12345)

ここまで新型グレイスの気になる変更点についてご紹介しましたが、では競合車となるカローラアクシオとはどんな点に違いがあるのでしょうか?

今回は新型グレイスをベースにカローラアクシオに対してどの点が優れ、デメリットはどこなのかご紹介したいと思います!

メリット

運動性能や見た目の良さなど、世間的にグレイスが優れているように感じられる雰囲気もありますが、このような主観的な部分を除いて新型グレイスが優れている点は以下の2点でしょう。

・燃費の良さ
・予防安全装置の充実度

燃費の良さに関しては、今回のマイナーチェンジによってカタログ値で1キロほどの差がついてしまったアクシオ。

実燃費が重要ではありますが、1つの基準として同じ用途の車両である2車種でしたら燃費の良いグレイスに軍配があがるでしょう。

特に大きな違いとして、ホンダセンシングとトヨタセーフティーセンスCの充実度があります。

どちらも同じ衝突回避をはじめとする予防安全装置なのですが、ホンダが走行サポートとしてACCがあるのに対して、セーフティーセンスCにはこのような高速道路でのオートクルーズ機能がありません。

その点が今回アクシオと新型グレイスに大きな差をつけたと個人的には感じています。

デメリット

Honda | コンパクトセダン「GRACE」の改良モデルを発売 (12351)

新型グレイスのデメリットとしては、価格が若干高いことでしょう。

ガソリンの一番安いモデルでも約180万円からと、アクシオの約150万円に比較して若干割高に感じます。

ハイブリットに関しては、価格差があまり感じられませんが、ハイブリットと言えばパイオニアであるトヨタのイメージが強いと思うので、その点ではホンダの新型グレイスがブランド負けしているかもしれません。

新型グレイス以外にも今後のホンダに目が離せない!

予防安全性能|性能・安全|グレイス|Honda (12353)

今回2017年の7月にマイナーチェンジとなった新型グレイスですが、中身の進化は大きく感じられなかったですが、ホンダセンシングを設定するなど競合車との差は確実に大きくなったと感じます。

ホンダに関しては、この新型グレイス以外にも新型シャトルや新型フィット、新型シビックなど数多くのモデルチェンジが続くので今後のホンダにも目が離せません!
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき