2019年8月21日 更新

内燃機関(エンジン)にこだわるマツダが生み出した「SKYACTIV-X」の実力とは!?

ハイブリッド車や電気自動車が増えてきた昨今ですが、マツダが力を入れているのは内燃機関(エンジン)です。そんなマツダが生み出した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の実力はどのようなものか紹介していきます。

内燃機関(エンジン)にこだわるマツダが生み出した「SKYACTIV-X」の実力とは!?

既存のマツダの内燃機関(エンジン)

「SKYACTIV-G」

【MAZDA】SKYACTIV-G|SKYACTIV TECHNOLOGY (64999)

「SKYACTIV-G」は、マツダが開発、および製造する直列4気筒ガソリン直噴エンジンの名称であり、「SKYACTIV TECHNOLOGY」のひとつです。世界一の高圧縮比(14.0)を達成し、燃費と低中速トルクを従来比で15%改善した新世代高効率直噴ガソリンエンジンであり、低回転域での扱いやすさと高回転域の伸びやかさが「SKYACTIV-G」の魅力です。その特性から、スポーティなフィールを重視する人、それほど走行距離が多くないユーザーにはガソリンエンジンを選ぶ方がメリットは大きく、市街地での走行ではコントロールがしやすいのが特徴です。

「SKYACTIV-D」

【MAZDA】SKYACTIV-D|SKYACTIV TECHNOLOGY (65003)

「SKYACTIV-D」は、マツダが開発、および製造するディーゼルエンジンの名称であり、「SKYACTIV TECHNOLOGY」のひとつです。世界一の低圧縮比(14.0)を実現した新世代高効率クリーンディーゼルエンジンであり、2ステージターボチャージャーの採用により、低速から高速までスムーズでリニアなレスポンスと低速域の大幅なトルク向上を実現しています。ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」と比べても高いトルクでパワーもあるので、ガソリン車よりクリーンディーゼル車の方が加速性能を存分に楽しめます。
またディーゼルエンジン特有のNOx(窒素酸化物)やススの発生要因を低圧縮比化による燃焼タイミングの最適化により、高価なNOx(窒素酸化物)後処理なしで日欧の排出ガス規制をクリアしているため、環境に優しいというメリットもあります。

「SKYACTIV-X」の実力

【MAZDA】次世代技術 (65006)

「SKYACTIV-X」は、マツダが開発、および製造するガソリンエンジンの名称であり、「SKYACTIV TECHNOLOGY」のひとつです。ガソリンエンジンならではの伸びのよさに、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・レスポンスといった特長を融合し、誰も成し得なかった、革新の内燃機関になっています。環境性能では燃費が現行ガソリンエンジンに比べて最大20〜30%程度向上し、トルクを全域10%以上最大30%向上します。簡単に言うと、2.0Lガソリンエンジンのスポーツカー「ロードスター」並の走行性能を、1.5Lディーゼルエンジンのコンパクトカー「デミオ」と同等のCO2排出量で実現できるということです。
マツダ独自の燃焼方式「SPCCI( Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」によって、ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めてめどを付けました。かつてないほどシャープなレスポンスやトルクフルで爽快な加速感を、これまで以上の低燃費・環境性能とともに楽しめるエンジンを実現します。

「SKYACTIV-X」搭載車

「MAZDA3」

「MAZDA3」(ファストバック)

「MAZDA3」(ファストバック)

「SKYACTIV-X」が搭載されているモデルは、「アクセラ」から改名した「MAZDA3」になります。またこの「SKYACTIV-X」搭載グレードは、今年の12月中旬に発売予定のため、予約は出来ますが、まだ発売はされていません。
価格は、ファストバックタイプで、3,140,000円(X PROACTIVE)~3,621,400円(X Burgundy Selection)、セダンタイプで、3,140,000円(X PROACTIVE)~3,551,200円(X L Package)になっています。
「MAZDA3」(セダン)

「MAZDA3」(セダン)

まとめ

今回はマツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の実力を紹介してきました。
まだ搭載モデルは発売予定で予約しか出来ませんが、ディーラーで試乗してみてこの「SKYACTIV-X」の実力を体感してみるのも良いかもしれません。興味がある方は是非ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi