2017年7月25日 更新

ホンダ新型アコードハイブリッドが2018年にフルモデルチェンジ!

アコードの販売からアコードハイブリッドになって既に3年が経過しました。来年で4年を迎えます。アコードの経歴を紹介しつつ新型の予想をして参ります!

ホンダ新型アコードハイブリッドが2018年にフルモデルチェンジ!

初代から5代目まで

1976年初代アコードが、登場しました。シビックより一段階上のクラスとして開発されました。
その為、フルオートエアコンの設定も行われました。
このアコードは、全世界に向けて90カ国以上輸出されたモデルでもあります。

1981年2代目のアコードが、販売されました。エンジンは、1600ccと1800ccのラインアップ。
サスペンションは、オプションで2段階に変更できるオートレベリングサスペンションを設定。
クルーズコントロールは、全車に装備。又、姉妹車でビガーの販売も行われました。
このビガーと聞いて私の凄く古い記憶がよみがえりました。
当時の私の父は、ホンダが好きでした。中古車展示場で2台のハッチバックが、展示されていました。
そうです、「アコード」と「ビガー」でした。
父は、迷わず四角4灯ヘッドライトの方が良いと購入を決めたのですが、車が来るまでアコードだと思っていました。
その当時確か私は、小学3・4年生。「これは、ビガーだよ」という私の声は、全く聞こえてないくらい車購入が嬉しかったようです・・・。

リトラクタブルヘッドランプが、印象的な3代目が、1985年に販売開始されました。
1800ccと2000ccのエンジンラインアップ。4輪ダブルウィッシュボーンの豪華サスペンション。
非常に直線的で低フォルムのデザインで1985年に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ハッチバックが廃止されて1989年に登場した4代目。
ハッチバックは、なくなりましたが北米では、クーペとワゴンの設定が新たに行われました。
日本では、セダンがまず販売され、後にクーペ、ワゴンの順で追従販売されたモデルです。

3ナンバーボディとなって1993年に登場した5代目。
3ナンバーになった理由としては、衝突安全基準MVSSの影響と思われます。
1800cc、2000cc、2200ccのエンジンラインアップと成りました。

6代目から8代目

1997年セダンは、5ナンバーサイズに戻して6代目が販売開始されました。
ワゴンは、3ナンバーのままでしたが、セダンは5ナンバーサイズとなりました。
全車VTECエンジンを搭載したモデルです。姉妹車にトルネオの追加もされました。

2002年7代目アコードが、販売開始。
2000ccと2400ccのVTECエンジンをラインアップ。
ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステムが、オプションで装備できるようになったモデルでも有ります。

大幅に全幅が広くなって8代目が、2008年に発売開始
先代までの全幅よりもほぼ100mm前後広くなって登場しました。
この頃に成ると、欧州、欧米、中国からの日本逆輸入という印象が強いモデルです。
ここまでが、アコードとしての販売となります。現行型からは、アコードハイブリッドと成っております。

9代目現行型アコードハイブリッド

2013年からアコードは、アコードハイブリッドとして日本では販売開始されました。9代目のアコードと成ります。
アコードハイブリッドのパワートレーンは、2000cc+モーター。31.6km/Lの燃費性能。

安全装備は、ホンダセンシングを搭載。
参考
http://www.honda.co.jp/ACCORD/webcatalog/performance/active-safety/

今の必要な要素(燃費・走行性・安全)を盛り込まれた形で登場いたしました。
車種ラインアップも解りやすく2グレードのみ、EX410万円とLX385万円。
既に4年が経過しようとしています。
次期アコードハイブリッドの販売が噂されましたので次項で予想を含め記事にしていきます!!!

新型アコードハイブリッドの発売時期、スペックは?

 (12479)

2017年7月14日に北米ホンダで、次期アコード及びハイブリッドの発表が行われました。
参考
http://www.honda.co.jp/news/2017/4170717.html

日本国内で販売されるのは2018年となりそうです。
今回のフルモデルチェンジのポイント。
①デザインの変更(フロントの印象がより強く押し出し感のある感じ、ヘッドライトが今流行の縦仕切り構造LED)
②パワートレーンのダウンサイジング(パワー感は下げずに、燃費向上33km/Lくらいに)
③発売開始からホンダセンシングを標準装備(現行型同様、全グレード標準装備に)

※筆者予想
①日本では、シビックに採用した2000ccターボエンジンを載せたものがアコードとして復活するのでは???
②通常のガソリン車に10速ATを乗せたアコードが販売されるかもしれない???
先代では、ハイブリッドモデルのみを販売しておりましたが、今回の新型ではハイブリッド以外のラインアップもしてくるのではないかと予想します。
まだ、日本向けに開発最中との話も有ります。筆者の予想も含めて記事にしてみました!新しい情報が入手でき次第追って記載して参ります。

16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me