2017年10月27日 更新

絶版になったけど一度は乗ってみたい軽自動車!スバルR2

女性に支持されていた印象があり筆者としては中々乗車する機会に恵まれなかったスバルR2です。一度は乗ってみたいなと、また乗ってもらいたいなと思い記事にしてみます!

絶版になったけど一度は乗ってみたい軽自動車!スバルR2

CMからもわかる様に女性を完全にターゲットに!

エクステリアデザインから

 (16378)

平成15年から平成22年まで販売されたR2!実は、筆者は女性にターゲットを充てていたと販売当初から感じていたので非常にこの車両には勉強不足となっておりました。ただ、結構街中では見かけていたと感じます。特にショッピングモール等の駐車場等でも頻繁に見かけていたと感じます。そして比較的ピンク・ライトブルー等の柔らかい印象のカラーリングが多かったと感じます。
エクステリアデザインに関しては、若干尻上りなキュートなデザインであると筆者は単純に思いました。やはりターゲットは女性という感じが伝わってきます。
 (16379)

 (16380)

インテリア関連も非常に優しいデザインが多いのですがグレードの中でもタイプSは、スポーティさを全面に出したモデルとなっております。上下の写真は、どちらもR2のものですが殆どのモデルが下のように優しいデザインなのですが、一部のグレードで上記のようなインテリアデザインが採用されております。実は筆者もこのことを発見して「あっ!乗ってみたいな!!!」と感じました。
 (16381)

 (16403)

シート関連も殆どが下のように全体的に柔らかく優しい感じのものが多いと感じます。その中で赤を基調としたスポーティなモデルも御座います、シート形状も若干では有りますがセミバケットのような形状をしております。
 (16382)

 (16383)

パワートレーン関連は!

 (16405)

EN07というエンジンを採用しています。こちらはNAとスーパーチャージャーの仕様があり、特にスーパーチャージャーは非常に低速からのトルクを発生してくれますので走り出し等キビキビしてくれると筆者は感じます。ミッションは、若干のモデルで5速マニュアルで、殆どがCVTとなっております。
特徴的なのは、やはりスバルの足回りだと筆者は感じます。この時代のスバル独自の生産軽自動車は、サスペンションが4輪独立懸架と成っております。リアがトーションビームでないことが非常に良い走りを見せてくれると思います。最近のスバルの新車は、殆どがOEM供給となっていますのでこの4輪独立懸架でなくなっていますのでこの時代のスバルに乗ってみたいという衝動に筆者もかられました!
 (16406)

スバルR2に乗ってみたい・乗ってもらいたい中古車は?

筆者調べでは中古車市場には700台ほどはあると考えます。NAエンジン・スーパーチャージャーエンジンの搭載等のみでの購入を考えるよりも、より長く乗っていくために状態がよく、高年式(低年式でも状態ベース)、走行距離の少ないものを選んで行きたいと筆者は感じます。特にスバルのCVTは、若干故障の頻度が高いと筆者は感じております(色々な周りの方からの情報を集めた結果)。ですからやはり走行距離等は少ないほうが良いと考えます。そしてあとは価格とのバランスではないかと感じます。
参考URL
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/12/700040008030170525006.html
年式が最終年です。グレードは下位ですが50万円でおつりがきます!

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/700090364530170531001.html
年式は平成16年ですが、装備もグレードもよく走行距離が6000㎞です!本体価格が45.9万円です

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020053830170808003.html
年式は平成18年でスーパーチャージャー、黒色、44.000㎞というのもあります
※上記の参考URLは、筆者が調べた当時のものであるので掲載終了や販売終了で閲覧できなくなっている可能性があることを予めご了承ください。

筆者個人としては、スーパーチャージャーのモデルに乗ってみたいなと思います。ただユーザー様には色々なシチュエーションがあると思いますのでそれに合わせた嗜好でR2は購入していただければと感じます。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me