2017年12月15日 更新

試乗インプレ!かっこいいじゃん!ホンダステップワゴンハイブリッドの価格は313万円から!燃費は25km/L!

ステップワゴンが2017年9月にマイナーチェンジし、スパーダにハイブリッドが追加されました。 試乗してきました! 今回はそんなステップワゴンのマイナーチェンジについてレポートしてみたいと思います!

試乗インプレ!かっこいいじゃん!ホンダステップワゴンハイブリッドの価格は313万円から!燃費は25km/L!

新型ステップワゴンのエクステリア(外装)

2017年9月29日にマイナーチェンジとして発売された新型ステップワゴンの写真を撮ってきました!

撮ってきたのは新型ステップワゴンスパーダハイブリッド。
スパーダのみ、大幅なフェイスリフトとなりました。
 (15581)

マイナーチェンジを機に、スポーティな外装が与えられている「ステップワゴンスパーダ」ですが大幅フェイスリフトしてかっこよくなりましたね。
 (15582)

直線水平基調のシャープなエクステリアはマイナーチェンジ前より確実にカッコイイ!
と私は思います。
 (19198)

リア周りも若干の変更があり、テールゲートスポイラーがストレートタイプになり、全体的にスッキリしたデザインになりました。
 (17202)

デビュー当時の顔つきが不評だったのか、フルモデルチェンジと見まごうほどのフェイスリフトです。

私の個人ブログでは見積もりインプレッションも書いていますので、そちらも良かったらどうぞ↓

5代目ステップワゴンが一人負け状態

ホンダのステップワゴンと言えば、5ナンバーサイズ3列シートミニバンの先駆け。
このジャンルを開拓した車でもあります。
そんなステップワゴンが、2015年にデビューした5代目から販売が芳しくありません。

昨年デビューした新型セレナはプロパイロットという半自動運転が話題となり、質の高い内外装とマイルドハイブリッド搭載で一躍人気モデルとなりました。

さらに、トヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟も、2014年のデビューから3年が経過したにも関わらず昨年対比超えの順調なセールスを記録しています。

そんな中、一人負けとなってしまっているのが、ホンダのステップワゴンです。
1.5Lターボで、燃費と走りを両立させた意欲作としてデビューしたものの、「ターボ=燃費悪い」というイメージからか、世の奥様方から不評の様子。
また個性的過ぎるエクステリアもバランスが悪いと、先代までのオーナーさんからもあまり評判は良くない様子です。
ホンダステップワゴンに待望のハイブリッド!発売日は2017年10月燃費は28km/Lを目指す! | ワンダー速報 (6454)

縦長にアンバランスに見えてしまうフロントマスクや、ワクワクゲートが付いた左右非対称なテールゲートは賛否両論…
ホンダステップワゴンに待望のハイブリッド!発売日は2017年10月燃費は28km/Lを目指す! | ワンダー速報 (6467)

ステップワゴンに悲願のハイブリッド登場

 (15588)

そんなステップワゴンに、悲願のハイブリッドモデルの追加となりました。
ステップワゴンハイブリッドには、一説にはフリードハイブリッドやヴェゼルハイブリッドに搭載されている1.5L ハイブリッドシステムとの噂がありましたが、さすがに8人乗車するステップワゴンには、オデッセイにも搭載されている2モーター方式のi-MMDのハイブリッドシステムが採用されました。

車重の重いオデッセイハイブリッドでも26.0km/Lを達成しているので、それよりは軽いであろうステップワゴンハイブリッドでは28.0km/Lくらいを超えてくるかと思われていましたが、最終的に25.0km/Lに落ち着いたみたいです。
実用燃費を考慮したんですかね。

最大のライバルである日産セレナのマイルドハイブリッドは、最高でも17.2km/Lに留まっており、トヨタのハイブリッド勢ノア・ヴォクシー・エスクァイアのハイブリッドモデルの燃費も23.8km/Lとなっているので、ステップワゴンハイブリッドの25.0km/Lの燃費は、5ナンバーサイズミニバンとしてはまさにクラストップの燃費となります。

しかし、安心できないのは、セレナもe-powerのデビューが予定されているので、そうなるとステップワゴンハイブリッドの燃費を超えてくる可能性もあります。

51 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス