2019年10月21日 更新

ポルシェから10周年記念のパラメーラ特別エディションが登場

ポルシェが、パナメーラ誕生10周年を記念したモデルを販売することを発表しました。特別装備=より快適・安全な装備を標準化という位置づけで、装備内容等がアップデートされていそうです。同モデルの特徴等をご紹介します。

ポルシェから10周年記念のパラメーラ特別エディションが登場

ポルシェ パナメーラ10イヤーエディションの概要等

ポルシェは、パナメーラモデルの10周年スペシャルエディションを発表しました。「パナメーラ10イヤーエディション」は、快適性とシャシーに関する広範な特別装備を施し、デザインも特別なハイライトで強化されています。インテリアでは、ブラックパーシャルレザーのデザインで、ホワイトゴールドのデコレーティブステッチが施されて上質な印象にアップしています。

スポーツカー、ラグジュアリーサルーン、ハイブリッドパイオニアとしてのパナメーラは、ラグジュアリークラスの他モデルとは異なり、2009年以来、スポーツカーに期待される性能と、ツーリングサルーンの贅沢と多用途性を併せ持っています。

パナメーラは、後に他のポルシェモデルに採用されたイノベーションテクノロジープラットフォームとして、過去10年間にわたってポルシェブランド内での確固たるポジションを作り上げています。3種類のボディバリエーションを誇る現行の第2世代目モデルは、ライプツィヒのポルシェ工場で製造されています。パナメーラは、デビュー以来、これまでに250,000台以上が販売されています。

ポルシェは、パナメーラモデルの10周年をスペシャルエディションで祝うために特別仕様が企画されました。たとえば、ホワイトゴールドメタリック(サテングロス)の新しい21インチ パナメーラ スポーツデザイン ホイールと、フロントドアのホワイトゴールドメタリックの“Panamera10”ロゴは、スペシャルエディションモデル専用の装備です。インテリアの助手席側トリムパネルとドアエントリーガードも記念ロゴで装飾されています。

 (67386)

ポルシェ パナメーラ10イヤーエディションの装備内容等

特別装備で最大の特徴は、充実した装備が、ポルシェ パナメーラ10イヤーエディションで標準装備された点です。パナメーラ10イヤーエディション モデルには、以下の多数の快適および安全装備が標準化され、追加装備されています。

①PDLS Plusを含むLEDマトリックスヘッドライト
②レーンチェンジアシスト
③レーンキープアシスト
④サラウンドビュー付きパークアシスト
④パノラミックルーフシステム
⑤プライバシーガラス
⑥14wayコンフォートシート(ヘッドレストのポルシェクレストとヒーター付)
ソフトクローズドア
⑦BOSE®サラウンドサウンドシステム

パワートレインでは、出力243kW(330ps)の2900ccツインターボエンジンを搭載するパナメーラ4 10イヤーエディションは、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を含むアダプティブ3チャンバーエアサスペンションやパワーステアリングプラスが標準装備化され、抜群のドライビングダイナミクスになっています。

ハイブリッドモデルには、標準の3.6kWの代わりに、7.2kWの充電容量を備えたオンボードチャージャーが付属しています。装備品だけでなく、パワートレインでもアップデートが施されていますね。
 (67387)

ポルシェ パナメーラの歴史感等

4人乗りのポルシェは、70年以上の歴史の中で、ポルシェのエンジニアたちは繰り返し考えてきたモデルでもあります。356に基づくタイプ530、928のロングバージョン、4ドアクーペ タイプ989などのプロトタイプは、最終的に市販化されませんでした。

21世紀の初めに4ドアハッチバックサルーンの開発が決定されたことで、仕様には、優れたドライビングダイナミクス、たっぷりのスペース、そしてポルシェ特有のエクステリアが盛り込まれました。

社内名称G1と呼ばれる初代パナメーラが、2009年4月19日にデビューし、スポーツ性と快適性の範囲拡大によってクラスの新たなベースになりました。このスポーツサルーンは、色々なイノベーションを提供し、デュアルクラッチトランスミッションとスタート/ストップ機能をラグジュアリーセグメントで初装備したモデルです。

フラグシップモデルのパナメーラ ターボには、空気量の切り替えが可能なエアサスペンションと、調節可能な多次元展開式リアスポイラーも導入されています。ポルシェのグランツーリスモは、新しいディスプレイと操作コンセプトによって、他の全てのポルシェモデルの道筋にもなっていますね。
 (67388)

パナメーラは、ラグジュアリークラス初のフルハイブリッドシステムを採用したモデルです。同モデルは、2011年に、新時代のE-モビリティのための準備としてラグジュアリークラス初となるパラレル方式のフルハイブリッドシステムをパナメーラSハイブリッドに採用しています。

ポルシェとしては、最高出力は380psだったにもかかわらず、それまでで最も効率的なポルシェに仕上がっていました。2年後にはパナメーラSEハイブリッドがプラグインハイブリッドとしてこのセグメントをリードする形になりました。モデルレンジは拡大し、570psの最高出力を備えたパナメーラターボSでは、ポルシェにとって非常に重要なモデルに成長した、2013年からロングホイールベースバージョンも加わりました。

第2世代パナメーラは、いくつかの経路を辿りながらも、2016年6月28日にベルリンでワールドプレミアしました。サルーン、ロングホイールベースモデル等が共通プラットフォームで開発されました。

 (67389)

まとめ

ポルシェが、パナメーラ10周年を祝う特別モデルを販売することを発表しました。まだ、価格等が未定なのですが、ポルシェホームページでも掲載がスタートしています。販売スタートが楽しみですね。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me