2018年1月8日 更新

ポルシェ911 GT3TouringPackageが2018年に発売開始!予約は既に可能との情報も有ります!

第67回フランクフルト国際モーターショーでポルシェ911GT3の新モデルが追加発表されました。TouringPackageが持つ魅力を追ってみます!

ポルシェ911 GT3TouringPackageが2018年に発売開始!予約は既に可能との情報も有ります!

動画も公開されました!

純粋にスポーツ走行を楽しむ、クラシックな味わいを好むユーザーに適しているとポルシェでは解説しています。このTouringPackageは、1973年には、一度911RSの装備・名称に変更されました。
今回その名称が復活したとも言えるでしょう!

エクステリア

基本的なフロント形状は、ポルシェGT3と共通しているようです。大きく開口したフロントエンドのエア取り入れ口は、ポルシェの特徴でも有ります。

GT3同様に与えられたヘッドライトは、プロジェクター式LEDとのことです。クリアレンズを採用して採光を充分に発揮できるとの事。また今回のGT3TouringPackageは、GT3 のオプションとの併用が可能とのことです。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/ (21088)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/
かなりの低姿勢で、スピードのみを追及しているかのようなフォルムです。空力学的要素をふんだんに盛り込んでいることが伺えます。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/ (21089)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/
フロントが、リアより低姿勢となっていることがわかります。リアエンジンのポルシェに与えられる特権でもあると筆者は考えます。

走行性能は、時に車の基本的な構造によって決まることがあります。ポルシェはRR駆動です。他のFR・FF・MR駆動の車両とは違う重量バランスです。ですからポルシェにはフロントが低姿勢になっていることが重要であるといえます。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/ (21090)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/
通常のポルシェGT3と大きく違う点、それは可変リアウィングを備えているということです。これは、911カレラからのインスパイアとなっているようです。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/ (21091)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/
フロントには245/35 ZR 20タイヤが装着され、後方には305/30 ZR 20タイヤが装着されているとのことです。500psの出力を余すことなく使い切るには、このサイズのタイヤでないとならないということでしょう。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/ (21092)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/

インテリア

GT3TouringPackageの内装は、ほぼ全工程を手作りで作業しているとのことです。
そして最近のGTの特徴として、ポルシェではアルカンターラ素材でなく上質な革が主流になってきている事情を考慮してインテリアを構成しています。

ステアリング、シフトレバー、センターコンソール(開閉フタ含む)は、上質な革で仕上げられているようです。シートは、中央部分には黒布生地、周囲は上質な革となっているとの事。ヘッドレストは、エンボス加工のポルシェ紋章を特徴としています。

GT3TouringPackageでも最新のインフォメーションシステムは装備されています。
リアルタイム交通情報を含むオンラインナビ。またポルシェコミュニケーションマネージメントにコネクトモジュールを使用することで詳細な運転データ等をスマホに表示することも可能としています。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/ (21093)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-911_gt3_touring_package/

パワートレーン

自然吸気の6気筒4000ccフラットエンジンで500psを達成、トルクは460Nmとなっています。3.9秒で316km/hの最高速度に到達するというモンスターエンジンでも有ります。

実に驚異的な技術は、クランクシャフト回転数が、9000回転/分まで可能としている点でしょう。スポーツカーシーンでも中々存在しない数字です。

トランスミッションは、純粋なマニュアル6速のみの設定となっています。このシフトのギア比もパワーに応じて適切に配置されているとのことです。また、スポーツサウンドが楽しめる機能も備わっているとのことです。

まとめ

ポルシェ911 GT3TouringPackageは、152,416ユーロとのことです。現在のレートで計算すると20,627,600円ほどとなっております。日本国内で販売されている911GT3の販売価格は21,150,000円となっています。このことを考慮すると日本での新車価格は、21,500,000円程と予想します。

911GT3のようなレースをモチーフにしたエクステリアデザインを好まない方に最適ですね。純粋にスポーツ走行を楽しみ、そして911本来のクラシカルなデザインを求める方には非常にうれしいのが、ポルシェ911 GT3TouringPackageでしょう!

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me