2018年8月20日 更新

BRABUSは新型メルセデスGクラスを強化したG500を完成。カスタマイズの詳細を検証!!!

ブラバスから新型メルセデスGクラスを更にカスタマイズしたモデルを開発・販売開始。カスタマイズ内容等も含め検証してみます。ブラバスの重厚感あふれる仕様と元々のGクラスの重厚感がダブルダブルになっているようです!

BRABUSは新型メルセデスGクラスを強化したG500を完成。カスタマイズの詳細を検証!!!

ブラバスG500のエクステリア等

 (39750)

ブラバスのフロントフェイシアアタッチメントは、生産バンパーをより印象的なデザインへアップデート。 さらに左右にLEDマーカを組み込むことで、アクティブな安全性を追加できるとの事。

PURプラスチック製の車体部品もOEM品質を洗練させ、上品勝つ重厚にしたものを装備。 一体型スポイラーは、高速でフロントアクスルリフトを低減し、操縦安定性にプラスの効果をもたららすようにも設計。

印象的なフェイスリフトには、カスタマイズされたラジエターグリルを鎮座。このグリルは、中心にある支配的なBRABUSダブルBに加えて、BRABUSロゴタイプも標準で装備。
 (39751)

ホイールは、直径20〜23インチのさまざまなデザインとサイズから選択できるように設定。ユーザーの好みに多く合わせられるといった印象。

最も独自的なオプションは、サイズ11Jx23のPLATINUMEDITIONÂ鍛造ホイールを採用しているのがポイント。 最先端の鍛造技術を駆使して生産、その恩恵として軽量構造と驚異的な強度を完璧に組み合わせることに成功。305/35R23サイズで高性能仕様なタイヤは、ブラバスのテクノロジーパートナーであるContinental、Pirelli、YOKOHAMAから供給。
 (39752)

新しいGクラスのBRABUSデザインコンセプトには、フロントガラスの上にサポートヘッドランプを搭載されている点。ルーフ上に置かれたネイキッドカーボンモジュールは、この複合材料から作られたすべてのコンポーネントのように、高光沢または艶消し表面仕上げが可能で、2つの強力なライトが装備。

フラッシャーを作動させるとき、またはハイビームを使用するときには、2組の12個の高性能LEDがそれぞれ道路の照明を明るく照らしてくれるでしょう!

同様にカーボンファイバーで作られたフードスクープは、Gクラスをさらに特徴的なデザインにアップデートにするだけでなく、エンジンベイ内の冷たい熱い空気の交換を効率的に行うことを目的と模している模様。
 (39753)

新しいブラバスの後部ルーフエアロは、オフロードカーとして後部をさらに特徴的な印象へアップ。積極的に制御されたフラップと車両サイドに存在する2つのクロムテールパイプを備えたブラバスステンレススポーツマフラーシステムは、新型メルセデスG500用に特別に設計。

音、性能、寿命の最適な組み合わせだけでなく、控えめな ComingHomeAモードと特に強力なV8エンジンサウンドのスポーツモードの両方の選択が可能に。
 (39754)

ドライバーが、車両に近づいたり、誰かがドアハンドルを引くと、フロントフェイシアアタッチメントの両端の丸いBRABUSサインと同様に、青点灯でお知らせ。

新しいGクラスのための幅広く上質なインテリアオプションも提供してくれている模様。 製品ラインアップは、アルミニウム製のペダルや車内用のバックライト付きブラバスロゴ付きのスカッフプレートやトランクなどのアクセサリーから、それ以外にも豊富にチョイス可能。

室内装飾店は、最高のMastikレザーとAlcantaraから独特のブラバスファインレザーインテリアで作りこまれているようです。カラーバリエーションとデザインバリエーションの点で無限の可能性を提案できると言うこと。ユーザーの好みで自由自在のコーディネイトが可能ということでしょう。
 (39755)

G-500の4000cc8気筒ツインターボエンジンの初期性能向上をすでに達成して搭載。422hpの最高出力を発生。精密部品の専門家集団にいるパワープラントエンジニアが、新しいBRABUS B40-500PowerXtraパフォーマンスキットを開発。ベース車両のGクラスに対して、78hp、10.2kgmの強化。

チューニングの中心には、車両の電子エンジン制御ユニットに適合されたプラグアンドプレイ制御モジュールによるものが大きいとされています。 最先端のテストベンチと道路および地形の広範なテストサイクルを行い、電子過給圧制御を再設定し、注入と点火のための最適なされたマッピングをプログラム。

オフロードカーとしては、さらにダイナミックでトルクフルな走行を可能としています。 5,600 rpmでの500hpの新ピーク出力と、2,250〜4,250 rpmの一定のタップでの710nmという高いピークトルクを可能にしました。

9スピードのオートマ機構は、必要に応じてステアリングホイールの人間工学的に整形されたアルミニウム・ブラバスパドルシフターを使用して手動でギアを変更することもできます。

BRABUS B40-500PowerXtraエンジン・チューニングを装備したG500は、0から100km/hまでわずか5.7秒。 最高速度は210km/hにあえて制限されています。
 (39756)

まとめ

新型メルセデスGクラスが発売されてまもなく、ブラバスから強化バージョンのG500が登場しました。ほぼ同時進行的に開発していたと言えるでしょう!

メルセデスベンツのGクラスのガソリンバージョンですので、日本では、AMGタイプからのアップグレードと言うべきかもしれませんね。価格は、まだ未定との事ですので楽しみに待ちたいと思います!!!
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me