2019年1月16日 更新

マイナーチェンジを行い進化したトヨタのプリウス!その詳細を紹介します!

去年の12月にマイナーチェンジを行い、デザインや様々な機能を進化させたトヨタのプリウス。どのような仕様が変更されたのか?詳細を紹介します。

マイナーチェンジを行い進化したトヨタのプリウス!その詳細を紹介します!

プリウスの概要

TOYOTA、プリウスをマイナーチェンジ | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (54015)

プリウスは、トヨタが1997年から製造・販売している世界初の量産ハイブリッド専用車です。現行モデルは4代目のモデルであり、2015年から販売されています。

ハイブリッド車の代表車にふさわしい燃費性能を誇っており、JC08モードで最大39.0km/Lとなっており、トップクラスです。静粛性もハイブリッド車の中では高く、高剛性・高強度ボディを採用しているので、走行時の車内はとても静かです。

去年の12月にマイナーチェンジを行い、内外装の変更と機能の追加でさらにパワーアップしたプリウス。まず内外装から紹介していきます。

プリウスの外観

フロントデザイン

フロントデザイン

2009年モデルが3代目プリウス、2015年モデルが現行モデルであるマイナーチェンジ前の4代目プリウス、そして2018年モデルが現行モデルであるマイナーチェンジ後の4代目プリウスになります。

2009年モデルから2015年モデルへのデザインの変更は、フルモデルチェンジであったため、一目見てもわかるほどの大きな外観の変更をおこなっています。2015年モデルから今回の2018年モデルへのデザインの変更は。マイナーチェンジのため、部分的な変更がメインになります。

まずグリルやバンパー、ランプ類などの意匠を変更し、踏ん張り感のあるシルエットを実現しています。そしてホイールの変更点は、17インチアルミホイールには樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用し、15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用することで、奥行き感のあるスタイリッシュなデザインとしています。
ボディーカラーには鮮やかなブルーメタリックとエモーショナルレッドⅡを新たに加え、全9色からの選択が可能になりました。
リアデザイン

リアデザイン

またルーフ部分には、ツーリングセレクションで外板色とブラックの幾何学調ルーフフィルムをあしらったカラーリングを採用し、スポーティかつプレミアムな印象を高めることで他の車との差別化も図っています。
ルーフデザイン

ルーフデザイン

プリウスの内装

トヨタ プリウス | デザイン・スタイル | トヨタ自動車WEBサイト (54023)

室内は、インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとしました。
またオプションで11.6インチ大型ディスプレイを装着することも可能です。(※Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aにメーカーオプション)ナビやオーディオ、空調などに関するさまざまな情報をディスプレイに集約し、フルHDの高精細な表示によって視認性を追求したほか、タブレット感覚の直感的な操作も実現しています。

プリウスの機能の充実

コネクティッドサービス

コネクティッドサービスは、専任のオペレーターに24時間365日、口頭で目的地設定や情報検索を依頼できるオペレーターサービスや、トヨタスマートセンターで収集するリアルタイムな交通情報や地図データなどをもとに、より最適なルートを探索し、ナビゲーション車載機に配信するハイブリッドナビ機能など、カーライフを快適にするサービスです。このサービスを今回のプリウスでは3年間無料で利用できます。

安全性能の強化

今回の変更で安全性能も大幅に強化されました。
昼間の歩行者も検知対象とするプリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)をはじめ、車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストするレーンディパーチャーアラートや、全車速に応じて追従走行を支援するレーダークルーズコントロール、夜間の見やすさをサポートするオートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しました。
さらに駐車場などから後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起するリヤクロストラフィックアラートをオプションで設定可能です。(※Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aにメーカーオプション)

便利な機能の充実

フロントコンソールトレイ内に設置された「おくだけ充電(ワイヤレス充電)」のスペースを拡大し、大型スマートフォンにも対応しました。
また背もたれ面と座面からシート表皮の熱気や、エアコンの冷風を吸い込むことで冷涼感をもたらす吸い込み方式のシートベンチレーションを前席に採用し、快適性を高めました。

まとめ

今回はマイナーチェンジ後のプリウスの詳細を紹介してきました。
マイナーチェンジといえど内外装や機能の充実と思い切った変更を行ったトヨタですが、どの部分の変更もグレードアップな変更で、プリウスがより魅力的な車に生まれ変わりました。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi