2017年3月31日 更新

ドライブで寄りたいデカ盛りグルメの店 埼玉県東松山市 ニュー北味

ドライブのついでに立ち寄りたい、デカ盛りグルメをご紹介します! 今回は埼玉県東松山市にあるニュー北味さん!

ドライブで寄りたいデカ盛りグルメの店 埼玉県東松山市 ニュー北味

埼玉県東松山市にある中華レストラン ニュー北味

関越道東松山インターからもほど近いところにある中華レストランです。
一時期は休業していたみたいですが復活したみたいで良かった。

ランチタイムには地元のお客さんで賑わう人気店。
メニューは中華料理を中心としたリーズナブルな定食が並びます。
D級グルメ通信22 中華レストラン ニュー北味 | ワンダー速報 (5057)

定食はすべて1000円以下という超良心価格。

この時私は唐揚げ定食をオーダーしましたが、おかず大盛り150円というリーズナブルな価格設定につられて安易な気持ちで「おかず大盛り」を発注すると後悔することになるかも…
D級グルメ通信22 中華レストラン ニュー北味 | ワンダー速報 (5059)

こちらが唐揚げ定食おかず大盛り!
なんという唐揚げの量!!!

鳥の胸肉だと思いますが、鶏天のようなさっぱりした唐揚げがなんと15枚も乗っています。
冷奴と味噌汁とお新香つきで1,000円とは本当にリーズナブルな価格設定。

とは言え、問題はこれが食べきれるかということ…
D級グルメ通信22 中華レストラン ニュー北味 | ワンダー速報 (5063)

唐揚げ1枚がアイフォンくらいの大きさがあります(笑)

ご飯は大盛りにしてないはずですが、最初からかなりのボリュームです。
D級グルメ通信22 中華レストラン ニュー北味 | ワンダー速報 (5061)

15枚もの唐揚げが乗っているので、食べても食べても減った感じがしません。
安易な気持ちでの大盛りは危険です。
D級グルメ通信22 中華レストラン ニュー北味 | ワンダー速報 (5065)

お味のほうは、あっさり塩味。
パサパサとまではいきませんが、もも肉のようなジューシーさは無く、それでいて柔らかいので食べやすいです。
まさに鶏天感覚。
15個のボリュームを考えると、こういった脂控えめのほうがありがたいです。

ただ、薄味を15枚食べると後半味に飽きてきてしまうので、テーブルにある塩やらソースやら醤油やらをかけて味変しながら食べ進むとよいでしょう(笑)
D級グルメ通信22 中華レストラン ニュー北味 | ワンダー速報 (5067)

お腹がいっぱいになっても、少しずつでも口を動かしていればなんとか食べ切れるものです(笑)
「食いしん坊」って漫画に書いてありました(笑)

安易な気持ちでの大盛りは危険ですが、埼玉に寄られたときにはこちらのキッチンニュー北味に立ち寄られてみてはいかがでしょうか?
秩父や長瀞の帰りに東松山インターで途中下車するのも良いですね。
駐車場も数台完備してありますのでオススメです!
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部