2019年8月4日 更新

スズキ エスクード・ホンダ ヴェゼル TOURING Honda SENSING 比較試乗記

昨年12月にマイナーチェンジしたスズキ エスクード(2,658,960円/6AT/4WD)と今年1月に追加されたホンダ ヴェゼルのターボエンジン搭載グレード、TOURNG Honda SENSING(2,903,040円/CVT/FF)に試乗しました。エスクードも搭載エンジンは1,400CC直噴ターボエンジンとなるので、今回はダウンサイジングターボエンジン搭載車の比較試乗記としたいと思います。

スズキ エスクード・ホンダ ヴェゼル TOURING Honda SENSING 比較試乗記

エクステリア

 (64309)

エスクード ボディカラーはアイスグレーイッシュブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
 (64311)

ヴェゼル TOURING Honda SENSING ボディカラーはプレミアムクリスタルブルー・メタリック
◎塗装などの外観品質でヴェゼルの勝ち
エスクードは歴代モデルに通じる、ボクシーでクラシカルなクロカン4駆スタイルで、ヴェゼルは流麗なハッチバックのモダンなSUVスタイルといったところでしょうか。
エクステリアデザインは人それぞれ好みがあるので、深くは言及しませんが、塗装の綺麗さや細部の造り込みはヴェゼルのほうがエスクードよりも上回る印象だったので、ここはヴェゼルの勝ちとしたいと思います。

インテリア

 (64315)

エスクードのダッシュボード
 (64317)

ヴェゼル TOURING Honda SENSINGのダッシュボード
◎造り込みの良さはヴェゼルの圧勝
エスクードはオーソドックスな左右対称のT字型ダッシュボードとなります。昨年12月のマイナーチェンジでそのダッシュボード上面がソフトパッド化されクオリティを上げたかに見えましたが、このことによって今度はテカテカのハードボードが使用されているドアトリムが余計に目立つようになってしまいました。これはクルマに乗るたびに目にしてしまうので、気になる人は気になってしまうかもです。
ヴェゼルはダッシュボードの目立つ部分とコンソール側面、そしてドアアームレストがブラウンカラーでコーディネートされていて、上質な雰囲気を醸し出しています。使用している素材はそれほどクオリティの高い素材ではないのですが、見せ方がとても上手いですね。よってインテリアはヴェゼルの圧勝としたいと思います。

シート

 (64321)

エスクードのフロントシート
 (64323)

ヴェゼル TOURING Honda SENSINGのフロントシート
◎座った時に優しく包み込まれるようなフィット感のエスクードのシートの勝ち
両車ともシートヒーターが標準装備されています。
エスクードのシートは本革とスエード調のコンビシートで、この生地の張り具合がちょうど良く、背中から太ももにかけて優しく包み込まれるようなホールド感というか、フィット感で個人的にはかなり掛け心地の良いシートに感じました。
ヴェゼルは本革調の合成皮革とウルトラスエードのコンビシートで、こちらもフィット感はなかなかのものでしたが、エスクードと比較すると生地の張りが強く、包まれ感はエスクードに軍配が上がりました。

エンジン・トランスミッション

 (64327)

エスクードのトランスミッションは6速AT
 (64329)

ヴェゼル TOURING Honda SENSINGのトランスミッションはCVT
◎軽量な車体とエンジンのパワフルさでエスクードの圧勝
エスクードに搭載されるパワートレーンは1,400CC直列4気筒DOHC直噴ターボエンジン(136PS/21.4kgf.m)と6速ATの組み合わせです。車両重量が1,220㎏と軽量なこともあって、数値以上のパワフルさがあります。停止からアクセルを踏み込むと、本当に頭で思い描く通りの加速をしてくれて、加速感は2,500CC超級の加速感です。
ヴェゼル TOURING Honda SENSINGに搭載されるパワートレーンは1,500CC直列4気筒DOHC直噴ターボエンジン(172PS/22.4kgf.m)とCVTの組み合わせです。車両重量は1,360kgとエスクードよりも140kg増加しているものの、+100CCと+36PS/1kgf.mで余裕かなぁと思いきや、エスクードと比べると速さを感じることはなく、こんかいは郊外路の試乗でしたが、「その気になって」踏み込まなければ日常的には1,800CC+α程度の加速感です。
一般的によく言われるのが6速ATとCVTによる加速感の違いですが、同じホンダ N-ONEのターボ車ではCVTでもかなり速かったことを思えばトランスミッションがすべての原因ではなく、ここは車両重量の軽さとエンジンが持つ「力」の差かなと。よってエスクードの「圧勝」としたいと思います。

サスペンション・乗り心地

 (64333)

エスクードに装着されていたタイヤは215/55R17 コンチネンタル コンチエココンタクト
 (64335)

ヴェゼル TOURING Honda SENSINGに装着されていたタイヤは225/55R18 ミシュラン プライマシー3
◎軽快なエスクードと重厚なヴェゼル、甲乙つけ難いが「一体感」でエスクードの勝ち
両車ともサスペンション形式はフロント・ストラット/リヤ・トーションビームとなります。
エスクードはPOLO TSI-R Lineに通じるような軽快なハンドリングで、硬めで少し突き上げを感じる足回りですが、ステアリング操作に対するクルマの反応が早く、クックッと軽快に曲がる印象です。本当、パワフルなエンジンとこの足回りは是非とも山道で走行してみたくなる印象でした。
ヴェゼルも硬めではありますが、エスクードよりも突き上げ感が抑えられている印象で、ステアリングに対する反応もクッというよりはスゥーッと曲がる印象で、軽快感よりも重厚感を感じる足回りです。この走りは内装の雰囲気にマッチしています。
正直言って「走らせ方」が違うので評価は難しいところですが、ここは走っていて気持ちの良いエスクードの勝ちとしたいと思います。

総括

 (64339)

エスクード
 (64341)

ヴェゼル TOURING Honda SENSING
正直言って、エスクードは輸入車であること、ヴェゼルは高価格(290万円‼)ということで販売台数のあまり見込めない両車の比較でしたが、両方とも相当実力の高いクルマなので、今回のこのブログがこの両車を検討する方の一助になりましたでしょうか。
特にエスクードは自動車メディアでは低評価でしたが、全然そんなことはないんですよ。乗ってみるとその速さと軽快さにビックリします。
個人的には…ハッキリ言って悩みますねぇ。インテリアのドアトリムの件が無ければエスクードイチオシでしたが…。長く乗るならやっぱりヴェゼルのクオリティの高さも捨てがたいですし。
「どちらがいい」という結論が出ない比較試乗記でした。スミマセン。
36 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148