2018年4月9日 更新

2017ホンダ新型CR-V日本発売はあるのか!?ハイブリッド・3列シートもラインナップか

日本では絶版となってしまったCR-Vですが、海外では未だ大人気のモデルとなっています。 4月19日、上海モーターショーのプレスデーにおいて、新型CR-Vのハイブリッドモデルが世界初披露されました。

2017ホンダ新型CR-V日本発売はあるのか!?ハイブリッド・3列シートもラインナップか
Honda News (6747)

日本でもかつて一世を風靡したCR-V

CR-Vと言えば、「ホンダ買うボーイ」というダジャレ風キャッチコピーを掲げて、1995年に誕生したクロスオーバーSUV。オデッセイから始まった、ホンダの「クリエイティブムーバー(生活創造車)」の第2弾としてデビューしました。
コストパフォーマンスの高さもあって、発売と同時にヒット。先行していたトヨタ・RAV4とともに、いわゆるライトクロカンのブームを盛り上げましたが、昨今のSUVブームの中にあって、CR-Vの存在は希薄になってしまっていました。
そして2016年夏にひっそりと販売中止となりました。

一方海外では、「SUVオブザイヤー2015」を受賞するほど、未だに人気のSUVとなっています。

ハイブリッド専用モデルとして新型CR-Vがデビュー

Honda News (6748)

そんなCR-Vですが、今回の上海モーターショー2017にて、新型SUV「CR-V HYBRID(ハイブリッド)」がワールドプレミアされました。
CR-Vハイブリッドは、アコードやオデッセイに搭載されている2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載します。
さらに、ホンダ独自の先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をはじめ、充実した装備を採用。
最新のSUVとして世界で戦うため惜しげ無い技術をつぎ込まれてデビューします。

中国では2017年7月にデビュー、日本発売は…?

Honda News (6749)

中国本土では2017年の後半のデビューを予定しているそうですが、果たして新型CR-Vの日本発売はあり得るのでしょうか?

現時点ではその可能性は薄いと思われていたのですが、なんと日本国内での販売も急浮上!
2017年10月末からの東京モーターショーで日本国内プレミアになると正式に発表されました。

ホンダの場合、軽自動車やコンパクトカーでは人気が高いものの、一方で高価格帯の車が売れないというジレンマがあります。

ヴェゼルが絶好調なホンダなので、ヴェゼルの上位車種としての見せ方でCR-Vという名前からあえて決別したブランニューのネーミングでデビューさせれば、もしかしたら勝機があるかもしれませんが、CR-Vの名前を継続して発売される模様です。

国内では、ハリアーを筆頭に、CX-5、エクストレイル、フォレスターなどボリュームのあるゾーンなので、狙いに行かないのももったいない気もします。

世界では北米が2016年10月から、タイでも2017年3月から、中国でも2017年7月から販売が開始されているCR-Vですが、日本では2018年初あたりに新型CR-Vが導入されることも有り得そうです。

今回のCR-Vでは3列シート7人乗り仕様をラインナップし、ミドルサイズSUVのなかで個性を発揮していく模様。
また、ステップワゴンハイブリッドで採用された2モーターのハイブリッドも採用されるので、他メーカーにはない個性的なSUVでになるでしょう。

となると気になるのは価格だけですが…

情報が入り次第、chibicaでは記事にしていきますので要チェックですよ!

12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部