2017年10月2日 更新

ハスラーワイド→XBEE(クロスビー)スズキが正式発表!!! 詳細情報に追ってみます!!!

筆者はうれしい意味で裏切られたと感じてます。スズキの軽自動車の派生といえば、ワゴンR→ワゴンRワイド、エブリー→エブリー+、なぜか軽の名前プラスアルファみたいでしたが、今回はあくまで普通乗用としてのネーミングとなりました。今回は、このXBEEを再調査して追っていきます。

ハスラーワイド→XBEE(クロスビー)スズキが正式発表!!! 詳細情報に追ってみます!!!

恥ずかしながら筆者が書いたハスラーワイドの前記事

ハスラーワイドでなくXBEE(クロスビー)!!!

どこからどうみてもハスラーな外観です!!!

詳細は後からにして、このXBEEを見た筆者の個人的な感想は「ハスラーにそっくりでないですか」という印象です。
単純にハスラーを大きくした外観???と思うほどです。
ワゴンRからの派生でワゴンRワイドやシボレーMWを出した時もワゴンRを大きくしただけ???という印象がありましたが、筆者的にはそれでこそスズキ自動車と感じます。何故なら良いデザインでユーザーに受け入れられたデザインは、あまり替えないほうがより一層売れるということです。
そして住み分けもされるということです。
但しネーミングは別です。ワゴンRに付随した名前の車種よりもシボレーMWのほうが売れましたし、実際に新車価格も高いです。しかも中古車市場では、MWはハイカラ、ワゴンRワイドは、高年齢層という感じで印象が大分違います。
 (15423)

https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters (15435)

via https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters
筆者の勝手な感想はおいておきまして、XBEEの全体的なお話をしたいと思います。
まずは、外装デザインを追ってみます。今回XBEEでは、少し大人になった感じのデザインを目的としているようです。ハスラーのファニーな感じからシック&アグレッシブな感じに仕上がっていると感じます。
今回の東京モーターショーでも出品が決まり正式な発表では、XBEE、X-BEE アウトドア アドベンチャー、XBEE ストリート アドベンチャーを出品する模様です。
XBEEコンセプトモデルの基本は、ワゴンとSUVの融合をし車内容積を最大限確保し快適に5人が乗れて、そして楽しい!というようなコンセプトとなっています。
その基本デザインと目的の中に内外装を若干変更し2種類の仕様が更にラインアップされていると思います。

XBEEアウトドアアドベンチャーは、ベージュやブラウンを使用して大人な感じに仕上げて購買年齢層が上になっている気がします。
これに対してXBEEストリートアドベンチャーは、イエローや黒を配色し若者向けの仕様に仕上がっていると感じます。

筆者個人の感想では、MINIのクロスオーバーのデザインを超えて日本人でも買いやすくしたという印象があります!!!(言い過ぎていたらお許しください)
 (15424)

XBEEの内装デザインはどうでしょうか???

https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters (15432)

via https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters
XBEEアウトドアアドベンチャーは、木目調を基調とした落ち着いたデザインとなっていると感じます。

XBEEストリートアドベンチャーは、やはりアグレッシブさを打ち出したデザインとなっていると感じます。

既に市販の状態に近いと筆者は感じます。この仕様で市販されたら非常にスズキの中では良いデザインではないかと感じます。
ただ、1つの予想として、XBEEは基本デザインはもう少しノーマルなデザインで、オプションアクセサリーとしてこのアウトドアアドベンチャーとストリートアドベンチャーの2つが用意されているではないかとも思います。
https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters (15433)

via https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters
広い空間を作り出すためにシートやその他を乗り心地や安全を損なうことのなく最大限薄くしたと筆者は感じます。1つだけ気になるのはフロントシートが分割になっているのですが、広さを求めたならばベンチシートででも良かったのではないかと感じます。もしくは、選択シートというジャンルを作っても良いのではないかと感じます(2種類の外装デザインの方向性から判断して)。
https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters (15434)

via https://indianautosblog.com/2017/09/suzuki-xbee-concepts-284563/suzuki-xbee-concept-front-three-quarters

XBEE(クロスビー)のサイズ、パワートレーン、価格は???

 (15440)

①サイズ
XBEE全長3,760㎜全幅1,670㎜全高1,705㎜ホイールベース2,435㎜車両重量800~870㎏ 定員5人
ハスラーより一回り大きくなっていることがわかります。
②パワートレーン
スズキバレーノに搭載されているエンジン。1.0Lながら直噴化とターボ化により、1.6L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現。さらに低燃費・低排出ガスも両立した新開発のブースタージェット エンジンとなるのは確実なようです。これにマイルドハイブリッドの組み合わせがグレードによって行われると感じます(スズキエンジン説明一部抜粋)。
③価格は、まだ正式発表等が出ていないので筆者の希望と予想価格をお知らせします。筆者の希望価格は150万円からのラインアップ。実際の価格は、170万円くらいからのラインアップになってくるのではないかと想像します。

XBEE(クロスビー)の発売時期は???

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me