2018年7月9日 更新

廃車買取で「損」をしない!廃車買取業者に高く車を売る攻略法

廃車を買い取って欲しいけれど「損」をしたくない。どうすればいいのだろうと思ったことはありませんか? 今回は、廃車買取であなたが「損」をしない方法を解説しています。無理かなと思っていた事故車や不動車、水没車も場合によっては高価格で買取をしてくれる場合もありますよ!

廃車買取で「損」をしない!廃車買取業者に高く車を売る攻略法

なぜ、高価格で廃車を買取してくれるの?

 (35129)

車を買い替える時にディーラーで廃車にする場合、

・「買取査定は0円だった」
・「廃車にするのに費用がかかります」

と言われた事はありませんか?廃車買取の業者は、ディーラーで費用がかかってしまう、査定0円の車を0円以上で買い取ってくれるんです。

そうなってくるとあなたの頭の中には、なんで廃車買取の業者は0円以上で買い取ってくれるのだろうと疑問に思うと思います。

ここでは、なぜ廃車を高価格で買い取ってくれるのかを解説します!

そもそも、廃車買取業者は、「車の中古部品やパーツを販売」することを目的としています。

ディーラーが中古車としての価値が無く買取に費用がかかってしまう車でも、タイヤやホイール、バンパー、ガラス、バッテリーなど、まだまだ使うことが出来る部品は沢山ありますよね。

これらの中古部品は、綺麗に洗浄して、エンジンなどの機能部分は専用のテスターを使い検査し合格したものが中古商品として買い取られて再利用することができます。

また、ボディなどの金属部分も、鉄やアルミなどに分別してリサイクルすることが可能です。このようにして、車を部品パーツにして再販をするので、「廃車を高価格で買取」してくれます。

廃車を買い取ってもらう時の注意点

 (35128)

高価格で廃車を買い取ってもらうために注意しておきたい点をまとめました。廃車にするときには、この注意点を、もう一度よく読んで損をしないようにしてくださいね。

改造車の買取注意点

市販状態ではなく、個性的な改造をしている車を見かけることがありますよね。好きに飾ったり、手を加えて便利にしたりと改造をする人それぞれの思いがあるはずです。

しかし、国土交通省では「許しません!クルマの不正改造」というホームページを設けたり、不正改造車を排除する運動を行なっています。

派手な飾りをしているというような車ということではなく、ちょっとした改造が法令違反になってしまっている場合もありますので、一度自分の車は大丈夫か確認をしてみてください。

出典先:国土交通省のHP
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/02altered/index.html
改造の種類 違反の内容について
灯火類の灯火の色を変える テールランプや方向指示器など、それぞれ灯火の色は定められています。
テールランプを「赤からクリア」に変えていたり、方向指示器の点滅回数を毎分150回などにしてた場合は違反になります。
運転席・助手席のフィルム もともとガラスに色が付いている車種もありますが、「薄い色のカーフィルム」を運転席や助手席に貼っていると違反になってしまう場合があるので、カーフィルムを貼る際は気をつけてください。
タイヤやホイールのフェンダー外へのはみ出し 車体よりもタイヤやホイールがはみ出してしまうと、歩行者に危害を及ぼす可能性がありあります。
適切なタイヤやホイールを選択しましょう。
マフラーの切断 マフラーとは消音器のことです。
騒音を防ぐためにも「マフラーを切断」したり、不正マフラーを取り付けたりはしないでください。違反になってしまいます。
基準外のウィング 後ろに大きな羽のような大きなリアウイングを取り付けている車もいますが、「鋭い突起」があったり、そのウイングが「最後端」になると違反になってしまいます。
公道を走るときには注意してくださいね。

廃車にできない車

 (35127)

車を廃車にするという機会は、そう何度もあることではありません。一度も廃車にしたことがないという人も多いと思います。

ここでは廃車にすることができない車についてまとめましたので、しっかりと確認してください。

その1.所有者の同意がない車の廃車

車検証には使用者と所有者を記載する欄があります。言葉通り、車を普段使っている人と、車の持ち主のことです。

もちろん、使用者と所有者が同一である場合もありますが、未成年で車を使用する場合、所有者は親の名義という場合があります。

この場合、どんなに子どもが廃車にしたくても、親の同意(実印の押された委任状)がなければ廃車にすることはできません。

使用者と所有者の名義が違う理由で、最も多いのがローンで購入した車です。ローンで車を購入すると、大抵の場合、所有者はクレジット会社や販売店の名義になっています。

これは「所有権留保」といい、ローンの支払いを終えるまでは、所有権を預けている状態です。

ローンが残っているから車を廃車にできない、というのではなく、所有者の同意がないため廃車にできないという状態になっています。

ローンを完済すれば所有権解除となり、購入者が所有者なることができますが、完済できないが所有権を解除したいという場合は、双方の話し合いが必要になります。

しかし、何らかの理由で所有者の印鑑証明が用意できないときには、「覚書」を提出することで廃車にできる場合もあります。

その2.車がない時の廃車

永久抹消登録には車両の解体が必須となりますが、自然災害や盗難などにより、車が手元にない場合があります。

車両を解体したという証明である、解体報告記録日を報告することはできませんが、盗難の場合には盗難届など、自然災害の場合には、罹災証明書を併せて提出することで、廃車にすることができます。

その3.車検切れ・税金滞納の車の廃車

納税や車検の義務を怠っていると、廃車できないのではないかと不安になります。しかし、このような場合でも廃車にすることができます。

車検が切れている車については、公道を走ることができないので、仮ナンバーをつけて解体業者に持ち込む必要がありますが、仮ナンバー取得までの手間を考えると、業者にレッカーで引き取りに来てもらう方が簡単です。

車検が切れていて、仮ナンバーもない状態で公道を走行することなく車両解体ができれば、後の手続きは問題ありません。

また、自動車税を滞納している場合でも廃車手続きに問題はありませんが、未払いのままで済むということではありません。延滞金を加算された、「未払い分の納税通知が届く」ので、忘れずに支払ってくださいね。

自動車税を2年以上滞納してるような場合には、嘱託保存という措置を取られている可能性があります。この場合は、廃車手続きができないことがあるので、忘れずに納税をしてください。

廃車にするのに必要な書類

 (35126)

廃車とは、「車の登録情報を消す」ための手続きです。車の登録情報を消す手続きは2種類あります。
実際に廃車業者に依頼する際に必要な書類をまとめました。廃車業者に廃車を依頼する時は、書類をきちんと揃えてくださいね。

1.永久抹消登録

「今の車にはもう乗らない」「車を買い替える」という場合だと、永久抹消登録が必要になります。
<廃車専門業者に依頼する際に必要な書類(永久抹消登録の場合)>
・所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内)
・所有者の委任状(所有者の実印の押印が必要)
・車検証
・ナンバープレート (前後の2枚)
・「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ

2.一時抹消登録

長時間車を使わない時などにできる手続きだと、一時抹消登録が必要になります。

例えば、以下のようなケースだと、一時抹消登録の手続きをすることができます。

・数ヶ月〜数年単位で海外に住んだり旅行する場合
・長期間入院をする場合
・転勤などで長期的に車を利用しない場合

一時抹消登録をすると、公道を走ることはできなくなります。もちろん、再登録すれば、また普通に公道を走ることができます。

一時抹消登録は、長い間利用しないのに自動車税だけかかってしまうので、損をしてしまうような時にする手続きとなっています。
<廃車専門業者に依頼する際に必要な書類(一時抹消登録の場合)>
・所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内)
・所有者の委任状(所有者の実印の押印が必要)
・車検証
・ナンバープレート (前後の2枚)
以下に当てはまる場合は、さらに書類が必要になります

<1ヶ月以上車検が残っている時>
・所有者のマイナンバー(個人番号)カード(もしくは通知カード、または個人番号が記載されている住民票 )
・重量税還付金を受け取る人の金融機関の情報(口座番号等)
・重量税還付金の受領権限に関する委任状(車の所有者の署名・押印が必要)

<車検証の所有者の氏名・住所が印鑑証明と違う時>
・住所が違う場合:3ヶ月以内に発行した住民票が必要になります。
・氏名が違う場合:3ヶ月以内に発行した戸籍謄本が必要になります。

<車が盗難された時>
・ナンバー(登録番号)のメモ
・車台番号(下7桁)のメモ
・申請者の身分証明書(運転免許証など)
・登録事項等証明書交付請求書

事故車・水没車・不動車でも0円以上で買い取ってくれるのはなぜ?

 (35125)

ディーラーでの下取りは、「車が動くこと」が大前提となっています。修理すれば動く場合、修理費用より販売価格が高いのであれば買い取ってくれることがあります。

しかし、車の主要部分にまで破損があり「修理歴」がある車や、水没により「冠水歴」のある車は、下取り価格がつきにくく「0円」になってしまうことがほとんどです。

「0円」になってしまう理由としては、中古車を買うとしても、修理歴や冠水歴がある車だと、故障するのではないかと心配になりますよね。

このように思ってしまう方が多いので、中古車として「市場に出しても売れない」というということが原因です。

しかし、事故で破損していないパーツ部品や、水没による被害の少ないガラス部分など、リサイクルが出来る部品は存在します。

パーツとして再利用出来ない場合でも、ボディをアルミや鉄に分別してリサイクルをすることが出来るので、廃車買取業者はどんな状態の車でも基本的には、「0円以上」で買い取ってくれます。

廃車専門の業者の「買取査定」とディーラーの「下取り査定」の違いとは?

 (35124)

廃車を処分する方法としては大きく分けて、廃車専門の業者の「買取査定」とディーラーの「下取り査定」の2つに分けることができます。

ここでは、廃車専門業者とディーラーの買取査定の違いに付いて解説していきます。

廃車専門の業者の「買取査定」について

最初に説明をした通り廃車専門業者は、廃車予定の車を中古車として販売するのではなく、車の部品やパーツに価値をつけて車を買取るシステムになっています。

そのため、ディーラー での下取り査定では0円、もしくは処分費用がかかるとと言われてしまった車でも、廃車専門業者で買取査定をしてもらうと10万円以上の値段がつくことがあります。

お金を出して廃車にするのではなく、部品やパーツを再利用してもらうために車を高価格で買い取ってもらった方が損をしなくて良いですよね。

下にオススメの廃車専門の買取業者についてまとめたので、チェックしてみてください。

ディーラーや自動車販売店の「下取り査定」について

ディーラーや自動車販売店に廃車を依頼すると、処分する費用を請求されることがほとんどです。

その理由は、前提としてディーラーは買い取った車を、中古車として再販するのを目的としているので、「中古車として価値がある」ことを最も重視します。

そのため、車種が新しく、走行距離が少ない車であれば高く売れるため下取り価格も高価ですが、10万キロを超えてしまった過走行車や、販売から10年以上が経ってしまった経年車は、中古車としての価値はほとんどなくなってしまうので買い取ってもらえません。

自分で廃車手続をしたりするほどの時間の余裕がない方には、信頼できるディーラーに廃車にしたい車を持ち込んで代わりに手続きをして貰う方が良いかもしれません。

しかし、ディーラー に廃車の手続きをしてもらうとなると、
永久抹消登録:10,000円~80,000円
一時抹消登録:10,350円~50,350円
大体、これくらいの金額がかかってきてしまいます。自分で手続きをしないで、ディーラー にお願いをしてやってもらうので人件費などがかかってしまうので当然ですよね。

車の状態や車種にもよりますが、実は廃車の費用を無料にするどころか、廃車の専門業者に買い取ってもらい買取料金を受け取ることができるサービスが今流行っています。

中古車の買取はありますが、使えなくなった廃車を買い取るサービスはそれほど知られていないので、廃車専門の買取業者に依頼をする方がメリットがあります。

オススメの廃車専門の買取業者!

 (35123)

廃車専門業者に廃車を依頼したいけど、どの業者が良いのかわかりませんよね。今回、オススメの廃車専門の買取業者を紹介します。

廃車を依頼したいけれど、どこの業者が良いのか悩んでいる方は参考にしてみてください!

廃車王!

・「原則一円以上買取」を実践している
・全国に150店舗以上もある
・ネット査定にも対応しているので、どのくらいで買い取ってくれるのか目安をつけやすい

<買取例>
ホンダ フィット
買取価格:128,400円
走行距離:27,644km

https://www.haishaou.com/index.php

カーネクスト

・0円以上の買取保証
・全国でレッカー車での無料引き取りに対応
・商業車やディーゼル車も買取可能
・廃車の面倒な手続きも無料で代行

<買取例>
トヨタ カローラ
買取価格:16,000円
走行距離:83,000km
年式:平成8年

https://cmgroup-ziko.com/af2/?cnstl=770173

みんなの廃車工場

・日本全国各地の42拠点に廃車工場を持っている
・すべて各自治体の正式な認可のある適正な廃車工場
・値段のつかないボロボロに壊れてしまった車や、15万キロ以上を走った車などでも無料で査定をして高価格で買取

<買取例>
三菱 パジェロミニ
買取価格:45,8000円
走行距離:103,395km
年式:平成9年

https://www.haisya-factory.com/#top-form

ビッグエイト

・買い取った廃車を丁寧に解体し、使える部品は東南アジアや中南米でリサイクル
・面倒な手続きは全て代行

<買取例>
アリスト
買取価格:103,770円
走行距離:190,000km
車検17ヶ月あり
持ち込み

https://www.haisha.info

事故車買取のタウ

・事故車、故障車、不動車、過走行車、廃車などどんな事故車でも高価格で買取
・業界最大級の年間5万台以上の事故車買取実績あり

<買取例>
トヨタ アルファード
買取価格:670,000円
年式:平成26年
エンジン無事
エアバッグ故障

https://haisya.in/tau/

ラインナップ

・レッカー代、出張査定、廃車手続きが完全無料
・即日引取、即日お支払いが可能
・廃車、事故車、不動車を高価買取

<買取例>
日産 エルグランド
買取価格:100,000円
走行距離:70,000km
年式:平成12年
車両状態:事故車
全部に凹みあり

https://167001.net

廃車本舗

・引き取り、廃車手続き無料
・レッカー代無料
・過走行車、事故車、車検切れ、トラックなどどんな状態の車でも買取

<買取例>
日産 セレナ
買取価格:66,000円
走行距離:160,000円
年式:平成15年

https://haisya.in/carnext/

日本廃車センター

・廃車や事故車を無料査定し高価買取
・日本全国対応可能
・軽自動車から大型車の廃車まで行なっている

<買取例>
三菱 パジェロ
買取価格:104,300円
走行距離:232,000円

http://www.haisya.co.jp

まとめ

現在でも、ディラーによっては「廃車にするのに費用がかかる」と言われることがあります。仕方がないことかもしれませんが、廃車にするのにお金を払うのは勿体無いですよね。

自分で廃車しようか悩んでいる、どこで廃車にして良いのか悩んでいる場合は今回紹介したオススメの廃車専門の買取業者に相談してみてください。

下取り0円の車や、修復歴があるので下取り価格がつかない車、もう動かすことができない不動車でも廃車専門の買取業者に依頼をすれば高価格で買い取ってくれます。

また、廃車にする際に面倒な手続きがありますが、必要書類さえ用意すれば、廃車買取業者が手続きの代行をしてくれます。

もし、廃車にするのであれば、廃車買取の専門業者に買い取ってもらうことをおすすめします。

62 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部