2017年4月10日 更新

スズキ新型ワゴンRスティングレイ試乗インプレ!静か!乗り心地もいい!

2017年2月にフルモデルチェンジを行った、スズキの軽自動車ワゴンRのターボモデル、ワゴンRスティングレイに試乗しました!その模様をレポートします!4回目の今回は試乗ドライブフィールをチェックです。

スズキ新型ワゴンRスティングレイ試乗インプレ!静か!乗り心地もいい!
 (5680)

今回のワゴンRでは、3種類の内外装が用意されていますが、その中で一番価格が高いワゴンRスティングレーに試乗させてもらいました。

前回までの記事はこちら↓
試乗車は、ワゴンRスティングレイの中間グレードに位置するNAのモデル。
ワゴンRスティングレイHYBRID Xというグレードです。
車両本体価格は2WDで148.8万円からとなっています。

ワゴンRスティングレイ、NAながら十分な加速感

ワゴンRスティングレイに乗り込む際にまず感じるのはドアを閉めたときの音が、軽自動車離れした重厚感のある音がすること。
ドアの開閉音一つでも剛性感が高そうな期待が高まります。
 (5671)

エンジンをかけると、660CCのNAエンジンのサウンドが車内に聞こえてきますが、アイドリング中の騒音振動は想像しているよりもだいぶ静か。
静粛性に気を遣ったとのことですが、それを感じることができます。
 (5673)

シフトをDレンジに入れて、足踏み式のパーキングブレーキをリリースして走り出します。

アクセルを開けて幹線道路に合流します。
ザラザラとしたエンジン音が大きくなりますが、アクセルを少し踏んだだけでもポンと前に出るくらいトルクが低回転寄りに設定されていますね。

さらに加速をしようとアクセルを強めに踏むと、エンジン音も大きくなり回転数とともにスピードものってきますが、NAエンジンで52PSというスペック通り、加速感はそれほどではありません。
モアパワーを求める方には、ターボモデルがありますのでそちらを選んでいただければと思いますが、ターボが用意されているのはワゴンRスティングレイのみとなりますのでご注意を。
 (5695)

とは言え、街乗りではNAモデルで十分な加速感です。
今回の新型ワゴンRでは、ハイブリッドを搭載しているモデルでは、モーターでもクリープやトルクアシストが入ります。
ただ、実際の試乗中では、モーター単独で走ることを体験することはできませんでした。
いろいろ条件が整わないと、EV単独走行はできないみたい。
アクセルを少しでも開けると、というかブレーキペダルから足を離したらすぐにエンジンが始動します。

EV走行しないからと言ってダメというわけではなく、出足でぐいっと前に出るのはモーターのアシストがあるからこそかもしれません。
 (5692)

静粛性は高い!アイドリングストップも優秀!

走っていて感じるのは、新型ワゴンRスティングレイの静粛性の高さ。

荒れた路面でロードノイズがうるさい道でも、軽自動車とは思えないほど静かに駆け抜けます。
これは下手な普通車より静粛性は高いかも…

また、アイドリングストップが超優秀です。
というのも、減速しているときはモーターに充電し、時速15kmを下回ったくらいでエンジンが停止します。
そして、そのまま完全停止するとアイドリングストップが維持され、再発進時もセルを回すのではなく、バッテリーからの電力でエンジンを再始動させるので、とても静か。
セルでエンジンを指導させている車は「キャシャ!」という音が必ずしてしまいますが、新型ワゴンRスティングレイはそういった車よりも遥かに静かに再発進できます。
これは大きな魅力でしょう。
マイルドハイブリッドを搭載しているからこそできるワザですね。
 (5697)

ステアフィールは思いのほかガッシリ!

 (5698)

新型ワゴンRスティングレイのステアフィールは、動き始めてすぐに分かるほど、しっかりと重めのステアフィールです。
軽自動車というと、スカスカで軽いステアフィールを連想しますが、新型ワゴンRスティングレイは中立付近の支持が重めになっており、直進安定性が良さそうです。
重めのステアフィールが好きな私としてはとても好印象。
最近の軽自動車は侮れませんね!

新型ワゴンRは燃費も期待できる!

試乗させてもらったワゴンRスティングレイのNAモデルはハイブリッドモデルでした。
カタログ燃費は33.4km/Lと軽自動車ではトップクラスの低燃費となっています。

エネチャージの燃費性能はすごいですよね。
今回の新型ワゴンRから、エネチャージで回生した電力を駆動にも使えるようになったので、従来のマイルドハイブリッドよりもさらに燃費が良くなることが期待できます。
街乗りメインの方なら軽く20km/Lは超えるのではないでしょうか。
 (5707)

まとめ

エクステリアの押し出しが強く、内装の質感も高く、そして走りの実欲も軽自動車の中では現状トップクラスの新型ワゴンRスティングレイ、気になる方はお近くのスズキのお店へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

納期は落ち着いているみたいで、1ヶ月程度で納車できるみたいですよ。

28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部