2019年2月28日 更新

ルノーが発売したカジュアルなSUV!カジャーの魅力を紹介します!

ルノーは日産・三菱とパートナーシップ関係にあるフランスの自動車メーカーであり、ゴーン会長失脚の時には日産・三菱とともに大きな話題になりました。技術については日産同様素晴らしいものを持っており、今回はその中でもSUV車であるカジャーの魅力を紹介します!

ルノーが発売したカジュアルなSUV!カジャーの魅力を紹介します!

カジャーってどんな車?

Renault Japon | 新型 ルノー カジャー (56351)

カジャーは、フランスの自動車メーカーであるルノーが販売している小型クロスオーバーSUVです。ヨーロッパおよび地中海・北アフリカ地域では2015年から販売が開始され、2016年から中国市場にも投入、日本市場には2017年に100台限定で導入されて、2018年には通常販売されるようになりました。なので、比較的新しいクルマになり、現行モデルが初代のモデルになります。
国産車では日産のエクストレイルがこのカジャーと近いモデルになり、エクストレイル同様、SUVとしての悪路走破性や迫力のあるデザインは魅力的ですね。また輸入車としてはそれほど価格が高くないという点も大きな魅力なのです。

カジャーの外観

Renault Japon | 新型 ルノー カジャー (56358)

カジャーの車体寸法は全長4455mm × 全幅1835mm × 全高1610mmであり、日産のエクストレイルの車体寸法は全長4,690mm x 全幅1,820mm x 全高1,730-1,740 mmです。外観はエクストレイルのような迫力のあるボディーですが、全幅を除いてカジャーの方がコンパクトな仕様になっています。エクストレイルはミドルサイズのSUVで、カジャーは小型クロスオーバーSUVなので、この違いが車体寸法に表れていますね。全幅は広いですが、エクストレイルとはわずか15mmの差でわずかなものです。

カジャーの内装

Renault Japon | 新型 ルノー カジャー (56359)

運転席周りは、快適な装備が豊富なのが魅力的です。サイドブレーキには電動パーキングブレーキを採用しており、ハイブリッドカーや電気自動車のような先進性を感じさせてくれます。前席はシートヒーターが標準装備されており、冬のドライブには重宝してくれます。
室内空間は、後席も快適に乗車できるスペースが確保されているので、ロングドライブも快適です。
Renault Japon | 新型 ルノー カジャー (56360)

ラゲッジスペース

Renault Japon | 新型 ルノー カジャー (56363)

ラゲッジスペースも、リアシートを完全に収納してしまうフルフラットモードでは、大きな荷物もたくさん積むことが可能です。6:4分割可倒式リアシートモードでは、少し収納スペースは狭くなりますが、3人は快適に乗車できるようになるので、状況によってアレンジ可能な点も魅力的ですね。

カジャーの走行性能

Renault Japon | 新型 ルノー カジャー (56366)

カジャーは、プレミアムガソリン(ハイオク)モデルであり、1.2Lダウンサイジングターボエンジンを搭載しています。1.2Lの小排気量でありながら2.0Lクラスの加速感が味わうことができ、最高出力は131ps(5,500rpm)、最大トルクは205N・m(2,000rpm)になっています。さらに、オーバーブースト機能により、2速・3速などの低速域でトルクを増大、力強い加速感がもたらされます。

また安全機能では、ルノー運転支援システム<ADAS>が搭載されており、エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報など、国産車ではお馴染みの機能だけでなく、自動でステアリング操作を行い車庫入れをサポートするイージーパーキングアシストや、ブラインドカーブなどでの視認性を高める、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプなどの国産車にはない機能も搭載されているのも魅力的です。

カジャーの価格

カジャーの価格は、3,470,000円(INTENS)になっており、このグレードのみになっています。
SUVで輸入車としては価格は安い方なので、購入時の価格は良心的です。ただ燃料がハイオクなので、後々の維持費は、ガソリンが高値の時などはある程度かかると思っておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

今回はルノーのSUVであるカジャーの魅力を紹介してきました。
1.2Lのエンジンでありながらターボエンジンで2.0Lのエンジン並みの加速性能が得られて、SUVとして悪路もしっかり走行してくれるカジャーは、運転をより楽しいものにしてくれます。
気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi